雰囲気が倍増し?初心者にもオススメなSMコスチューム一覧

SM用の衣装

 

SMプレイとは、日常とは違う淫靡な空間で行われます。

「非日常」であるからこそプレイに没頭できますし、普段ひた隠しにしている欲求をさらけ出せます。

 

日常にまでSMを持ち込んでしまっては、本当のSMだと言えないですね。

大切なのは、日常と非日常の切り替え。

 

「俺、ドSだから」なんて言いながらマナーを守らない男性は、気持ちが萎えますし、なんちゃってドSなんですよ。

非日常への切り替えも技術が必要ですし。

 

しかし、行為や言葉で、雰囲気を一変させる技術がない人でも役立つのが、「SMコスチューム」。

コスチュームを身につけたSMプレイによって、いつも以上に燃え上がるでしょう。

 

2人の間でSMプレイの時に、身につけるコスチュームを決めておけば、一目でプレイ開始が分かります。

淫靡な雰囲気をコスチュームで作り出せて、2人で気持ちを共有できるはず。

 

それでは早速、SMコスチューム一覧をここで紹介していくと同時に、心理的効果についても説明していきます。

 

女王様におすすめなSMコスチューム一覧

何度もプレイを重ねるうちに、

「パブロフの犬」のようにコスチュームを身につけるだけで、気持ちが昂ぶってくるとよく聞きます。

 

また、女性がコスチュームを身につけることは、非日常の気分を味わえます。

日常とは違う、「女王様」になるためのスイッチの切り替えもできるはずです。

 

ドMな男性も視覚的により興奮させるし、萎えさせることもなし。

肉体的に責める前に、視覚からSMプレイは始まります。

 

アイマスク

アイマスクをしてる女

 

装着するだけという手軽さですが、雰囲気作りとしての効果は劇的。

日常では絶対につけない派手なアイマスクは、非日常を演出するのにはもってこいですね。

 

装着する一瞬で雰囲気がガラッと変わり、アイマスクを装着した姿で見下ろされたらドMの男性にはたまりません。

目元が隠れるおかげで、表情が読み取りにくくなることも利点です。

 

ドM男性が相手の感情を読み取れてしまうと、精神的に余裕が生まれてしまうので、

目元を隠してプレイを始めれば、簡単には心の内を見透かされなくなります。

 

女王様用コルセット

レザードレスを着てる女

 

胸からお腹まで覆うものをオーバーコルセットと言い、

ウェストだけ覆う物をアンダーバストコルセットと言います。

 

女王様のコスチュームとして定番ではありますが、 実際に着てプレイするとなれば、多少の気恥ずかしさがあるかもしれない。

女王様が羞恥心を抱いてしまっては興ざめですから、SMに使う際には慣れが必要かと。

 

しかし、SMプレイが様になってくれば、女王様コスチュームの相乗効果でドM男性の興奮させます。

しっかり着こなすことができたら、心構えも整ったということですからね。

 

威圧感があるコスチュームというだけではなく、着こなすことによって「女王様」としての凄みが生まれます。

その状態責められたドM男性は、女王様の虜になることは間違いありません。

 

コスプレ衣装

下着姿のバニーガール

 

非日常の空間なのがSMプレイですが、

わざと日常的なコスチュームを着ることによって、非日常感を際立たせることができます。

例えば、ナース服、バニーガール、OLスーツ、スチュワーデス。定番のコスプレ衣装でも構いません。

 

とくに、セクシーさや年上を連想させるジャンルの「教師」「ナース」などのコスチューム。

そこに、鞭などのアイテムを組み合わせられたら、M男性からしたらもう、たまったもんじゃないですね。

 

逆に、SMプレイとは結びつかない衣装で、特別な空間であることも意識させるのもいいでしょうし。

女王様の衣装とは不釣り合いな激し責めに、ドM男性は興奮を掻き立てられるだろう。

 

網タイツ

網タイツの足

 

ご紹介する女王様におすすめなコスチュームの中で、唯一日常でも使うことができるコスチューム。

当然、網タイツフェチにはたまりませんし、SMプレイとしての効果もかなり期待できます。

 

外出中も網タイツを履いている場合、一見すると日常と非日常の切り替えが曖昧なように思えます。

しかし、その状態からプレイが始まっていると思えばどうでしょう?

 

ドM男性にとっては、網タイツを見るだけでそんな気持ちにさせてしまう。

焦らしプレイをしているような状態ですので、実際にプレイが始まる時には、ドM男性の興奮は最高潮に達しているでしょう。

 

性奴隷になる女性側のSMコスチューム一覧

四つん這い

 

女性が興奮するのは、精神的部分の比重が大きいです。

恥ずかしい姿にさせられて興奮するのは、視覚的な興奮ではなく、精神的な羞恥心からくる興奮。

肉体を責め立てるプレイであっても、重要なのは心への責めなんですね。

 

また、男性側が手間取っていては、急速に冷めてしまうこともあります。

女性は、強い男性に責められたいと思っていますからね。

性奴隷になる女性のコスチュームとして求められるのは、手軽さと精神的な苦痛です。

 

口枷

猿轡を付けさせようとする女

 

呼吸器官である口を、コスチュームによって拘束されると、性奴隷は感情を大きく揺さぶられます。

声を出せないように拘束されれば、肉体的な拘束という以上に精神的な拘束が可能。

感情を表現するための「声」が奪われるのですから、性奴隷にとってはたまりません。

 

口枷を装着されては、自分で唾液をコントロールすることができません。

自覚できるほどにはしたない姿を晒してしまい、言葉でなじられるだけでも、羞恥心が刺激されますし、

支配する側は、より支配欲が掻き立てられます。

 

全身枷(ハーネス)

ボンデージベルトのマネキン

 

レザーベルトで体を締め付けることができます。

身動きが取れない状況で責め立てられるということは、自分では体をコントロールできないということ。

 

ご主人様に体を差し出している状態でもあり、性奴隷としての自分を嫌でも自覚させられます。

性奴隷として未熟な女性であっても、拘束された状態で身分を教え込まれては、心と体が変化すること間違いなし。

 

逆に、縄で縛るプレイというのは、知識が必要です。

恥ずかしい見た目と体に痣が残るほど苦痛なので、ソフトMを求める女性にはちょっと重荷かな。

 

でも全身枷なら、誰でも手軽に気分を味わうことができるから人気なんですね。

実際に縛るよりも拘束力はありませんが、精神的な拘束力は負けていませんので、心に深く刻み込まれます。

 

ちなみに全身枷は、縄で縛る拘束の下位互換というわけではありません。

むしろ、あまり苦痛を伴わないコスチュームだからこそ、

強制力が薄れて「性奴隷として辱められている」という感情が生まれます。

 

貞操帯

金属の貞操帯

 

他人に触れさせる機会があまりない性器をコントロールされるということは、

所有物にされているといっても過言ではありません。

 

プレイ中だけに限らず、日常でも性奴隷としての自覚を持たせることができるでしょうね。

バイブを挿入し貞操帯で固定、バイブデートなんていうのもできます。

 

ご主人様にご奉仕するための穴であることを覚えこませるなら、貞操帯や非常に有効。

いきなり着けてあげることは難しいかもしれません。

でも、貞操帯を装着させることができれば、性奴隷として完成されている証拠になります。

 

男性側におすすめのコスチュームはある?

拘束されてお尻打たれてる女

 

女性は、男性よりも視覚で興奮することがないという話も聞きます。

私服で着るファッションに限り、女性は魅力を感じないでしょう。

 

それに、SMコスチュームを男性が着ても楽しめないことが多いかなと。

まぁバットマンのマスクなら、ノリで被ってる人がいるかもしれませんね。

 

とはいえ、前述したコスチュームの中で、男性側が流用させることもできます。

M男性なら性奴隷として、「口枷」「亀甲ボンデージ」「首輪」など着用させれますし。

女性よりも力が強い男性が拘束されている姿は、女王様のSの本能が刺激されます。

 

S男性だとそうですね、王子様コスチュームなどというのは聞いたことありません。

ただ、S男性でもブラックパンツ一丁になって、アイマスクをつける姿は見たことがあります。

とくに、M女性に鞭を打っているSMプレイなどで。

 

 

以上、初心者でも着用しやすいオススメのSMコスチュームを紹介しました。

他の拘束具についても興味があれば、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください↓↓

【定番な拘束用玩具について。初心者でも使える種類を含めて紹介】

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.