あの日本最大級アダルトマッチングサイトでフェチ仲間探し

 

あの日本最大級のアダルトマッチングサイトといえば…

日本国民の2500万人以上が登録している、あの大手…

 

東京の街中に住んでる方なら、見かけたことがあるはず。

「名前だけは知ってる」の方々も含めればかなりですね。

それはどこのサイトかというと…

 

そう、ハッピーメールです。

略して「ハピメ」と言われてます。

ピュアな出会いをイメージされてますが、正直、刺激的な出会いを求める人達もたくさんいます。

 

とはいえ、ハピメには業者がいくぶん潜んでいるのも確かで。

それなのになぜ、フェチ仲間やSMパートナーを求める人にハピメが使えるのか?

私の経験も兼ねて、その根拠について語っていきます。

 

ハピメがアブノーマルな出会いに使える理由

アブノーマルな出会いにはなぜハピメか?

私が感じた理由として、3つほどあります。

 

1. ハピメは会員数が日本一のマッチングサイト

>> ハッピーメール公式サイト

 

恋活アプリ「ペアーズ」が1,000万人以上に対して、ハピメは2,500万人以上の登録者数

「ハッピーメール」という映画が公開されてから、会員数が爆増しましたと。

毎日入ってくる新人も多いので、観察も飽きません。

 

ハピメは年齢層も幅広く、20代から40代の多くが利用しているのがわかります。

真面目な出会いからアダルトな出会いまで、利用目的は人により様々。

まぁ、ヤリモクや援モクも潜んでるのは否めませんが。

 

それでも、多種多様な属性が集まるハピメだからこそ、フェチ仲間探しには得策だとわかりました。

会員数がそれだけ多ければ、必ずマッチする相手がいてもおかしくないのだと。

 

2. アブノーマルな人達も多い

ハピメはピュアなイメージとは裏腹に、変態な方やSMに興味ある方も中々いるようで。

ペアーズなどの真面目なマッチングアプリと違って、出会う前からお互いの性癖を晒し合えます

あとから「性癖が合えばなぁ…」という不満を抱えてしまうことがなくてよかったです。

 

私はこのような文言の女性と、やり取りを交わしたことがあります。

「好奇心旺盛なので、刺激的なことを教えてほしいです」
「筋肉ムキムキで、汗も臭そうな男に惹かれます」
「年上で、知的でSな男性に忠誠を尽くしたいです」

 

このように、ネット上だからこそ、日常生活では言えない事をここで書いているのだなと。

「それとなく」どのようなプレーを求めているかも、それなりに判断しやすいです。

 

もちろん、業者と援交目的の女性にもエロスな文言が多いので見極めが必要ですよ。

見極め方については、後半で説明します。

 

3. 相手のプロフを無料で見れる

これは些細なことと思えますが、「プロフ無料で見れる」のは、かなり大きいメリットです。

アダルト系マッチングサイトでは、プロフ閲覧に1Pかかるところも珍しくないので。

プロフ検索でたくさんの女性を探そうとすればするほど、ポイントがいくぶん削られます。

 

しかしプロフ閲覧が無料ということは、「これでもか!」というほど、たくさんの女性を見て回れる

PCMAXとは違い、気兼ねなく精査できるだけでなく、気になる女性に遭遇しやすいです。

 

あと他に使うかもしれないポイントは、「掲示板閲覧1P」「フォトアルバム閲覧1P」「メール画像添付3P」などがあります。

ですが「プロフ閲覧」と「メール送信5ポイント」だけでも、出会える可能性は十分だとわかりました。

 

ハピメでフェチなSMパートナーを探すコツ

 

ハッピーメールの使い方はいたってシンプル。

  1. メニューにある「プロフ一覧検索」をタップ
  2. 「検索条件を設定する」をタップ
  3. 「興味をあること」にある「指定しない」をタップ
  4. ポップアップ表示が出たらずっと下までスクロール
  5. 「その他の目的」で好きな項目を設定する

このように、自分の性癖にマッチする相手を探すのであれば…

「SMパートナー」や「変態プレー」を選んで設定すると、好みの相手が見つかりやすくなります。

 

たださすがに、自己紹介文にアブノーマルな書き込みしてる人を直接見つけるのは難しいかなと。

たとえば「スカ系や針刺しプレイやりたい」というような。

キーワード検索があればいいのですが、地域を広げて根気強く探すしかありません。

 

ただしSMに興味がある人であれば、未知の世界に引き込むこともできなくもない。

「私のご主人様になれる方を探しています」
「紳士的なS男性に開発調教されたいです」
「話し合いをしながらプレイ内容を決めたいです」

 

というような女性達だったら、自分好みに仕立て上げてあげることもいけます。

どのようにしてハマらせてあげるか… その人の腕にもよりますが。

 

逆に、責っ気のある女性もいるようなので、M男も使わない手はありません。

たとえ相手がM女でも、「教育」によって自分好みにSなプレイをさせられますし。

SかMかわからない女性だとしても… SMに興味あれば、可能性はあります。

 

よくいる業者のパターンを知ろう

 

ハピメは、サクラ(運営側内部の雇われ)は皆無と言われてます。

ですが正直、業者たち(外部からの援デリや個人情報収集者など)がいるはいるで。

私も身をもって知ったので、純白卑猥な出会いを求める男性こそ気をつけてもらいたいなと。

 

即アポを醸し出したメールが突然来る場合

1通目から、即アポできそうなメールが来たらどう思うでしょうか?

「明らかにこれ怪しいだろ…」と感じるものの、つい返信したくなる男性も意外と多いもので。

 

女性から来るメールは、レアなものに感じるのか、ドキっ!としてしまうのが男性。

それで不思議なことに、怪しいと思いつつも、どこか淡い期待感を抱いて返信してしまいがち。

 

まず美味しい話には、ほぼ援デリや援交目的の女性と考えて間違いありません。

たとえばこのようなメールは↓

 

第一、女性から来るメールは8割以上が黒

ちなみにYahoo知恵袋で、「ハピメやってるのですが、これはサクラですか?」と質問している男性達もよくいるぐらいです。

 

たまに1通目だけは、「はじめまして、よかったらメールしましょ」だけの短文も来ますが。

しかしやり取りしてみると、だいたい2~3通目から化けの皮が剥がれます

すぐに返信しようとせずに、一度スマホから離れてみましょうよと。

「女性にだって、ヤリたい相手を選びたいだろう」
「詳しいプロフ書いてないのに、俺の何がいいんだろう」
「手当たり次第メールは、危ない男に当たる可能性もあるだろう」

と冷静に考えて、しばらく時間を置いてみると。

 

質問してるのに話が噛み合わない場合

女性から来たメールに返信すると、やや長文で返ってくることが多いです。

「尽くすのが好き」「欲求不満です」などと、聞いてもない内容を付け加えてきたりと。

男性を呼ぶ名前だけは正確でも、とにかく会話が成り立たない。

 

たとえば、こちらから「○○が趣味なら○○は好きですか?」のような質問を、返信に入れてみたとします。

なのに返ってくるメールが、「返信ありがとうございます」からの常套文句からの、最後は誘導…

「ポイント消費させて申し訳ないので、メルアド教えてくれませんか?」
「メール通知オフにしてて気付かないので、ラインのID教えてくれますか?」
「ここだと規制のせいで私の言えない秘密がお伝えできないので、よかったらこのサイトに…」

と、ありがちな理由を付けて、2通目~3通目くらいから誘導してきます。

 

ちなみに援交目的の女性でも、早い段階でわかります。

じっくりと世間話に付き合ってくれないことも多々。

プロフに「ダラメ禁止(ダラダラはダメ)」と書いてることがあります。

 

あちらから速攻でアポ希望を促してきては、隠語で金銭の提示をしてくるのがわかりますよ。

たとえば、ホテルとは別に2万円を「ホ別2」や1万5千を「苺」と略したりと。

ただ最近は、運営側に気付かれないようにと、意図的に「別煮マン」と誤字らせてくることも主流になってきました。

 

ハードルが低く感じられる自己紹介文の場合

フェチなSMパートナーを探す方ほど、確かに注意が必要です。

ハピメには審査があるので、過激な自己紹介文は淘汰されますが。

しかし注意しておきたいのは、愛嬌がよく感じられ、かつエロを示唆する自己紹介文はグレーです。

 

女性のプロフを観察し回ってると、いかにも都合がよすぎる文章を見かけます。

「えちえちな出会いを求めて、ここに登録しました☆」
「男性からはよく、Sっ気があってエロ過ぎー!と言われます(照)」
「秘密の関係が欲しいので、理解ある方からのメッセ待ってます♪」

というような、キュンキュンさせるような文。

 

他にも見るべき注意点がわかります。

  • やたら絵文字や顔文字を多用している
  • かわいさやセクシー度などの自己評価がMAX
  • 相手に求める条件の身長や年齢の範囲が広い

男性に対しての許容範囲が広いのは、業者によくあるパターンです。

ポイント消費させないためにも、送信せずが吉。

 

探すべきは相手は、取り繕いのない人

 

取り繕いのない人とは、キレイな加工写真を掲載してないだけでなく、相手に求める範囲が狭く感じられるプロフなどですね。

ただし、「すぐ会える人」「条件付きで会える人」といったものではなくて。

そういった書き込みは、大多数が援交目的の女性に多かったです。

 

たとえば、自己紹介文にこのような記述があれば。

「メッセージは気になった人にしか返しません」
「すぐにライン交換を聞いてくる人は無視します」
「ハゲてる人や太ってる人は苦手なのでごめんなさい」

という、実はちょっと「キツそうかな」と思われる文にこそ、やり取りに引き込みやすいと実感しました。

 

男性からすれば「厚かましい」と感じるでしょう。

しかし裏を返せば、求めている人物象がわかりやすいことでもあると。

なのでそのプロフ文から見て、送信するかしないか、男性側で判断基準ができやすい。

 

実際、業者かどうか判断力を身につけるには、自分で実践してみたほうが早いかと。

ハピメに初回で使える無料ポイントがあるので、試しに何人かにメール送ってみるといいです。

この女性は黒だな、白だな、というように感覚的をつかめてくるようになるはず。

 

ちなみに、メールのやり取りする場合は。

登録時に、電話番号と年齢確認を済ませないとメール送信ができません

男性は年齢確認を済ませることで、100ポイント無料でつきます。

 

年齢確認の方法は、運転免許証や保険証などの身分証明書を写メ送信。

私の場合は、10分で確認が終わりました。

以下が、免許証の場合の例。

 

証明書のサンプル

 

自分の名前や顔写真は、スタンプ加工か紙などで隠してもOK。

①「生年月日(年齢)」②「書面の名称」③「発行者名」だけは、見えるように撮ると。

ちなみにクレカを持ってる方は、ポイント購入することで楽に年齢確認が終わります。

 

さらに、ハピメにメルアド登録をすると20ポイント追加されます。

さらにさらに、プロフ充実度100%にすることで、20ポイント追加。

合計すると無料で140ポイント

これだけあれば、1人の女性くらいならライン交換ゲットも十分いけます。

 

とはいえ、1ヶ月にたくさんの女性とライン交換して出会いたいのであれば…

最低でも3000円~5000円ほど課金したほうが確実です。

「出会いは人生が大きく変える」と心得ているなら、この少しの投資は安いと感じられるはずです。

 

また、登録でもらえる無料ポイントキャンペーンがいつまで続くかわかりません。

実際、ハピメでは毎月1枚もらえる無料チケット(メール送信1通)が、今年から停止されましたので。

なので無料ポイントで試しにフェチな人探しをしてみたいのであれば、今のうちにご利用してみてください。

>> ハッピーメール公式サイト

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.