鼻フックでSMをするなら、調教効果のある鼻責めを知ろう

Jの文字

 

Mな彼女とのソフトSMに慣れ始めてくると…

今度は、SM器具の1つ、「鼻フック」をSMをしてみたいと思うはずです。

惨めな顔に堕とし、従順なメス豚であると調教したくなるのがサディストです。

 

一応ハードSMなのですが、サディストでなくとも、取り付ける度胸があればOK。

生粋のドM女であるほど、鼻フックを取り付けるだけでも被虐心を煽れます。

調教が上手くいけば、主従関係がハッキリさせられますし。

SMカップルがありがちなマンネリも、鼻フックは刺激剤として役立つことでしょう。

 

ここでは主に、鼻責めによる調教効果、鼻フックと組み合わせられる他の道具について、解説していきましょう。

 

Ⅿ女への鼻フック取り付けは簡単

 

首輪から取り付けるタイプや、横方向に引っ張れる鼻フックもあります。

金属製もよくありますが、フックの先端は丸みを帯びているものがほとんど

ブタ鼻のイメージ以上に、締め具合しだいでは女性の負担も少なくプレイに集中できます。

 

もし、このようなSMグッズを店舗で直接買うのは… とためらう場合は、通販ショップNLSを利用するといいでしょう。

NLSの詳細についてはこちらのページ ↓

大人の玩具
アダルトグッズショップNLSについての特徴を簡潔に説明

続きを見る

 

次に鼻フックの付け方ですが、意外と簡単です。

・首の後ろに首輪を被せる
・フックを後ろから鼻にかける
・長さと締め具合を調節する

どうですか? 簡単ですね。

一応、自分に装着を試してみるのもいいですよ、きっと。

 

初めて鼻フックを装着させられる過程であれば、おぞましさが脳裏に焼き付けられることです。

「抵抗できない…」という感覚を、体にも教えていくことで意味が成します。

そうすれば、他のSMプレイをやるときにも、スムーズにできるようになるはず。

 

どの程度力を加えていいかは、M女の反応を見ながら調整するといいです。

しかしここで、M女に鼻フックを付けた時、Sであるアナタがアタフタしてしまわないように

Sとしての威厳性を感じられなかったら、女性は興ざめてしまいます。

 

とは言いましたが、二人だけのSMを構築するためには、試行錯誤はあってもいいでしょう。

SMに「これが正解だ!」という答えが1つだけではないので。

 

鼻フックによる調教効果について

男に忠誠を誓う女

 

「鼻フックによる調教はどんなものか」についても説明しておきましょう。

肉体的な苦痛よりも精神的な苦痛が強いので、M女を屈服させる力があります。

 

かなりの被虐心を与えられる

まず、呼吸器官である鼻を他人に自由にさせるという行為というのは…

人間ならば、誰しもが無意識の恐怖を感じます

だからこそ、M側としては、鼻フックを取り付けさせるのは信頼できる相手だけにしたい。

 

また、調教が進んでいない気の強いM女性にも、鼻フックで打ち負かすのに効果的。

痛みでの刺激よりも、精神的に被虐心を与える意味で

もし、プライドが高そうなM女性がいましたら、心を打ち砕いて無防備な姿にしてあげみてはと。

 

かなりの屈辱感を感じさせられる

鼻の穴を広げられさせられている姿というのは…

M女でさえも、自分の惨めな姿を想像してしまうので、さすがに女としての屈辱感を味わいます

 

なにより、異性に自分の顔を変えられたという屈辱感。

まだ慣れていない好きな人に、ブタ顔を見られているという惨めな思い

鼻フックを装着されている顔というのは… 好き好んで見せたいと思いません。

 

「無様な姿を見られている…」と認識させることは、主従関係を強めることに繋がります

惨めな姿を受け入れてやるからこそ、M女の心はアナタをご主人様だと認めてしまうのだから。

 

半ば強制的に涙を出させられる

鼻フックで涙を流すのは、涙腺まわりの神経まで刺激されるから。

調教プレイとして、涙を流させ「絶対的なご主人様」であると教え込むことは重要です。

「涙を出させられた」という事実を残すだけでも、意味があります…

 

また、鼻フックを取り付けている最中は、「身動きを取ると傷付くかも…」というスリルもあります。

加えて、「酷いことされている…」という自分に、惨めさに堕ちていってしまうわけで。

精神的な追い込みで、心をボロボロにしてやることも、SM調教と言えます。

 

鼻フックと組み合わせられるSMプレイ

 

一応、醜くなった顔を眺めている側としては、それだけでも愉しめますが。

鼻フックでできるSMプレイは、他の玩具との組み合わせることでもより愉しめます。

 

首輪リード

首輪に装着するタイプの鼻フックが多いです。

そのため、首輪リード&鼻フックは相性がいい

鼻と首という呼吸器官を拘束されているというのは、生命まで握られてると錯覚してしまうぐらいです。

 

鼻フックさせた状態で、M女を四つん這いにさせて散歩という状況だと…

想像するだけでも、かなり滑稽なペットプレイとも言えるかなと。

 

少しだけ、リードで首輪を強く引っ張ってもいいでしょう。

首を絞めつけることで、より「酷い扱いをされてる」という気持ちを増幅させてやれます。

多少の息苦しさを感じさせることは、被虐性を優先的に求めるM女にとって大事なことです。

 

拘束具

手足を拘束して鼻フックをかけるものなら、意味合いも変わってきます。

手足を拘束されている状態では、不意に鼻フックを乱暴に扱われても、自分で取り去ることも抵抗することもできない

 

また、鼻フックや拘束具で荒々しい取り付けると、どうなるでしょう。

「もっと痛いことされるのでは?」と想像してしまうこともあるようです。

 

拘束された状態では、M女はS男の機嫌を損ねないようにと…

気をつけながらも、ただ耐えることしかできなくなる

やがて抵抗感は失われていき、心も体も隷属になってしまう。

 

言葉責め

ブタ顔がどれだけ恥ずかしいか… 装着させられてる本人がよく分かっています。

そこで、罵り系の言葉責めで煽ってやると、さらに被虐心を揺り動かしてやれますよ。

 

「ほら見てごらん、鼻毛が見えているよ?」
「こんなブタみたいな顔、友達に見せてやろうか?」
「こんなことされて嬉しいとか、お前はメスブタだな!」

 

…もしかすると、怒り出す女性もいるかもしれない…

しかし、その感情が爆発したタイミングこそ、逆手に取れるチャンスです。

 

体を拘束された状態で、恥ずかしい姿を晒すM女の心を言葉で蔑み、プライドをへし折る

どちらがご主人様なのか… いかに立場を理解させるか… 腕の見せ所です。

 

ブタ顔を鏡に映す

M女に自分が今どんな顔なのか、見せつけてやると、羞恥心どころではなくなります。

自分の顔が頭の中に強く刻まれるので、もう女性としてのプライドがズタボロに。

 

普通の女性ならもう、「女性として扱われていない」ということで、即破局です。

しかし、M女性ならこんな晒し上げでも、酷い扱いを性的な快感に変換できてしまう。

 

M女の感情を逆撫でした上で「調教されている」と自覚させることができれば…

心も体も、アナタに捧げる性奴隷に成り果てていくでしょう。

 

また、動画に撮ってその様子を見せてあげることでも、屈辱感を味わせることもできます。

ただM女とはいえ、撮影や保存してネット上に晒し上げは、それはさすがに…

 

鼻の穴のお手入れ

穴の中の鼻毛が見やすいならば、お手入れしやすくなります。

そこで、ハサミ、鼻毛カッター、ピンセットなどを使ったプレイをするわけです…

ただ、鼻の穴の中はデリケートですので、鼻毛カッターで強く剃ろうとしないように…ですね。

 

自分でお手入れするならまだしも、他人に鼻毛を見られながらお手入れされるのは、屈辱感が半端ないです。

それにプラスして、鼻毛のほうに意識がいき過ぎるからか、余計くすぐったい。

 

ピンセットで鼻毛を抜かれるものなら、いつ抜かれるのか怖くてドキドキしてしまうことです。

自分で抜くより、他人から抜かれるほうが敏感にならざるを得ない。

抜かれた瞬間、キーン!と稲妻が脳天まで駆け抜けるでしょう。

 

鼻フックを使う上での注意点

 

鼻フックの使い方次第では、傷つけてしまう可能性もありますのでご注意ください。

念のためだと、覚えていただければと。

 

無理に力強く引っ張らない

鼻フックを扱う上で最も重要なのは、「精神的な苦痛を与える」という目的を意識すること。

少々の恐怖を与えるための脅し、または屈辱を与えるための道具として。

肉体的な苦痛を与えてすぎてしまうと、プレイ後にも痛みが長く残る可能性があります。

 

鼻の内部は皮膚が薄く、傷が残りやすいです。

鼻血ダラダラ出しながらの鼻責めプレイを、両者ともに求めるなら別ですが。

 

確かに、傷が残るということは、目に見える調教の証にもなるでしょう。

ですが、鼻の内部の傷は自身では見えないので、鏡なしでは視認できません…

 

単純に、肉体的な証を作りたいのであれば、鼻フック以外に鞭叩きプレイなどがいいでしょう。

あくまで、「肉体的な苦痛も与えられる」というおまけで考えるといいです。

 

トラウマにさせないように

鼻を上に強く引っ張り上げすぎると…

痛みが走るのは、想像してもわかる通りです。

 

プールで鼻に水が入った時の痛みの経験があれば、思い出してみてください。

鼻フックを無理に引っ張りすぎた痛みは、水が入った時の痛みの倍以上

虐待気味にやり過ぎると、トラウマになってしまうといっても、過言ではありません。

 

やり過ぎを求めるⅯ女も稀にいますが、基本的には追い込み過ぎないように。

鼻フックによる痛みを適度に利用して、調教することに意味があります。

鼻フックに限らず、調教プレイは「決してトラウマを植え付けるものではない」ということを忘れずに。

 

それでは以上です。

M女の心を隷属させたくなったならば、ぜひ鼻フックを使用してみてください。

あくまで、プレイを楽しむ気持ちで。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.