鼻フックを使いたいS男性に、実際の使い方や効果を説明

Jの文字

 

M女とのプレイに慣れ始め、今まで以上に過激なプレイをしたいからか、

「鼻フック」を使いたいけど、使い方に関して疑問に思ってますよね?

 

ムチやロウソクなどを使うプレイに知識が必要ですが、鼻フックは取り付けるだけのお手軽なSM器具なので。

強いて言えば、取り付ける度胸があれば大丈夫。

 

生粋のドM女であるほど、鼻フックなら調教にも効果があり、被虐と痛みを快楽に変えさせることが可能です。

 

先端が金属のものも多いですが、丸みを帯びているものがほとんど。

ブタのような見た目のイメージ以上に、意外と、女性の負担も少なくプレイに集中できます。

SM初心者のサディストにこそ、ぜひ調教用にオススメしたいのが鼻フック。

 

主従関係をハッキリさせるために、結構な効果をもたらしてくれます。

SMプレイのためだけではなく、S男とM女のカップルのマンネリ解消としても活躍しますよ。

 

M女への鼻フックの取り付けは簡単

鼻フックの取り付け方は、首輪から取り付けるタイプのものが多いです。

首輪の後ろから、フック付きのベルトを持ってきて、長さを調節してM女の鼻に引っかけるだけ。

どうですか? 簡単ですね。

 

半ば強制的に、鼻フックを装着させられるという行為を体に覚えこませることにより、

抵抗できないと心と体に教えることができ、今後の調教がスムーズに行えます。

 

でもここで、いきなりM女に取り付けて、Sである貴方がアタフタしてしまってはいけない。

S男性が調教プレイの仮面を外してしまったら、女性も興ざめてしまいますので。

 

自分で試してみて、どの程度力を加えていいのか、M女の反応見ながら調整するのが一番。

試行錯誤による努力にも、貴方と彼女の信頼関係が生まれます!

 

鼻フックによる調教効果について

実際の鼻フックの調教効果としては、

肉体的な苦痛よりも精神的な苦痛が強いので、M女を屈服させる力があります。

 

かなりの被虐心を与えられる

呼吸器官である鼻を他人に自由にさせるという行為というのは…

人間ならば、誰しもが無意識の恐怖を感じます。

信頼できる相手にしか、鼻フックを取り付けさせたくないはず!

 

だからこそ、鼻フックなら調教が進んでいない気の強い女にこそ有効になる。

痛みで刺激するのではなく、精神的に被虐心を与えるえれるので。

プライドが高そうな女性がいましたら、心を打ち砕いて無防備な姿を晒してあげましょう。

 

かなりの屈辱感を感じさせられる

鼻の穴を広げられさせられている姿…

M女にとっては、自分の惨めな姿を想像してしまうので、非常に屈辱的。

 

他人に自分の顔を変えられたという屈辱感。そんな姿を見られているという羞恥心。

鼻フックを装着されている姿なんて、不特定多数の人に、好き好んで見せたいと思わないのではないかと。

 

「屈辱的な恥ずかしい姿を唯一見せてしまった…」

と、認識させることによって、自然と心が貴方をご主人様だと認めてしまう!

 

強制的に涙を出させることができる

鼻を刺激されて涙を流すのは、体の反応として普通のこと。

調教プレイとして、涙を流させ「絶対的なご主人様」であると教え込むことは重要です。

いくら強制的なものであっても「涙を出させられた」という事実は残ります…!

 

鼻フックを取り付けている作業中は、「身動きを取ると傷付くかも…」というスリルも感じさせられる…

精神的に追い込み、肉体的に苦痛を与え、涙を流すほどボロボロになった状態のM女を調教することが、SMプレイとしての極意。

 

鼻フックと組み合わせでできるプレイ

一応、醜くなった顔を見るだけでも、S男性は愉しめますが、

鼻フックでの調教プレイに他に組み合わせができるかものがあるか見てみましょう。

 

首輪リード&鼻フック

首輪に装着するタイプの鼻フックが多いため、首輪リード&鼻フックが基本的なスタイルになります。

鼻フックをかけさせながら、M女を四つん這いにさせて散歩させられてる姿というのも、より滑稽です。

 

首輪を引っ張り上げることで首を絞めつけられるので、より精神的な苦痛がさらに増幅されます。

鼻と首という呼吸器官を拘束されているということは、生命まで拘束されていると錯覚してしまうから。

多少の息苦しさを感じさせることにより、主従関係は明確。

 

拘束具&鼻フック

手足を拘束して鼻フックをかけるものなら、意味合いも変わってきます!

手足を拘束されている状態では、不意に鼻フックを乱暴に扱われても抵抗ができない。

 

もし、鼻フックを乱暴に扱われてしまったらと思うと、激痛が走ることを想像させられます。

そう。拘束された状態では、M女はS男性の機嫌を損ねないように、気をつけながらただ耐えることしかできなくなる。

そして、抵抗感は失われていき、心も体も隷属に。

 

言葉責め&鼻フック

ブタみたいな顔がどれだけ恥ずかしいかは、装着させられてる本人がよく分かっています。

そこで、罵倒系の言葉責めで羞恥心を煽ってやると、M女の心は揺り動かされます。

 

「ほら見てごらん、鼻毛が見えているよ?」
「こんなブタみたいな顔、友達に見せてやろうか?」
「こんなことされて嬉しいとか、お前はメスブタだな!」

 

…もしかすると、本気で怒り出すかもしれない…

しかし、その感情が爆発したタイミングこそ、逆手に取ることがチャンス!

 

体を拘束させられてる状態で、恥ずかしい姿を晒すM女の心を言葉で蔑み、プライドをへし折る。

どちらがご主人様なのか、いかに立場を理解させるか腕の見せ所。

 

ブタ顔を鏡で晒す

もう女性としてのプライドがズタボロに。

M女に自分が今どんな顔なのか見せつけてやると、羞恥心が刺激されるだけでなく、脳裏に焼き付きます。

 

普通の女性ならもう、「女性として扱われていない」ということで、即破局するでしょう。

しかし、こんな晒しプレイでも、マゾ女性ならば、肉体的・精神的なダメージすら気持ちよさにも感じてしまう。

 

また、写真に撮ってその姿を見せてあげることでも、屈辱感を味わせることもできます。

※いくらM女でも、撮影したり保存するのは、許可を取ってからするように。

 

M女の感情を逆撫でした上で「調教されている」と自覚させることができれば、心も体も捧げる性奴隷になってくれるでしょう。

 

鼻フックを使う上での注意点

鼻フックの使い方次第では、

女性を傷つけてしまう可能性もありますので、ご注意ください。

 

鼻フックで無理に力強く引っ張らない

鼻フックを扱う上で最も重要なのは、

「精神的な苦痛を与える」という目的をしっかりと意識しておくこと。

肉体的な苦痛を与えてすぎてしまうと、プレイ後にも痛みが残ってしまいます。

 

鼻の内部は皮膚が薄く、とても傷が残りやすいです。

鼻血ダラダラ出しながらでも、調教プレイしたいですか?

 

確かに、傷が残るということは、目に見える調教の証にもなります。

ですが、鼻の内部の傷は見えませんから意味がありません…。

単純に、肉体的な苦痛を与えるのならば、鼻フック以外に鞭叩きプレイにした方が無難です。

 

あくまで、肉体的な苦痛も与えられるという、

ある程度の恐怖を覚えさせるためだけの、脅しのようなものとして鼻フックを使うように。

 

痛みでトラウマを植え付けてはいけない

鼻を上に引っ張り上げるの基本ですが、横方向に引っ張れます。

ただし、肉体的な苦痛としてだけは使うことがオススメできません。

その最大の理由が、「激しい痛みが走る」から。

 

プールなんかで鼻に水が入った時の痛みの経験があれば、思い出してみてください。

鼻フックを無理に引っ張りすぎた痛みは、水が入った時の痛みの倍以上。

そんな痛みを経験してしまうと、「痛みによる恐怖」のトラウマを植え付けてしまいます。

 

鼻フックの痛みを上手く使って、調教することは有効ですが、あまりにも怖がらせてしまうと意味がなくなります。

鼻フックに限らず、調教プレイとは、決してトラウマを植え付けるものではない、ということ。

 

 

それでは以上です。

M女の心を隷属させたい貴方には、ぜひ鼻フックのご使用を。

下手に弄らず、あくまでプレイを楽しむ気持ちで行ってください。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.