支配してくれる男性に身を寄せたいなら、希望に合う相手の探し方を

marionette

 

「男性に任せたい」「身も心も委ねたい」と、思ったことありますよね?

であれば、「私を支配してほしい」といった密かな願望があるんじゃないかと。

 

支配されたい願望を満たしてくれる男性がいない…

そんなふうに、不完全燃焼を感じているのでは?

やはり、支配してくれる男性がいなければ被支配欲が満たされず、乾いた日常が流れてくだけ。

 

そんなアナタには、ここで願望が叶う道しるべを教えてあげたいと思います。

 

「支配されたいと欲求が芽生える理由は?」

「支配したいと思う男性の特徴とは?」

そんな疑問に焦点を当てて説明していこうかと。

 

ついでに「支配されてはいけない男性」の特徴も書いときます。

 

支配されたいと感じるのはなぜか?

ちょっと強引な男の子に、ドキドキ… ワクワク…

見た目の好みは人によりけりですが、妄想でときめいたことありますよね?

紛れもなく、支配されたいという気持ちが関係してます。

 

確かに、支配されたいのは「本能的に強いものに従いたい」なのかもしれない。

または、「自分を必要としてほしい」という感情が隠されているのかもしれない。

1つ言えるのは、支配され尽くすことも愛情表現の1つだと、私はそう思ってます。

 

ではなぜ、相手に支配されたいと感じるのか?、、、

理由の1つに、ホルモンのバランスが大きく関係しているという話。

 

極端に言ってしまえば、

・男性ホルモンが多い人は男性らしい性格
・女性ホルモンが多い人は女性らしい性格

名前の通り、ホルモンは性格を形成するのに、重要な働きを持っていると聞きます。

なので女性ホルモンが強い人ほど、「守られていたい」「支配されたい」という感情が生まれるのだと。

 

人間の進化論でいえば、力による制圧ができる男や、頼りがいのある男に魅力を感じます。

本能的に「この人なら身を委ねても良い」と思える強い男性を求めたくなると。

 

「強い子孫を残したい…」というのは、人類古来から引き継がれる遺伝。

それこそ真理で、「男性に支配されたい」という欲求に繋がってるんじゃないかと。

マゾヒズムという性癖というよりも、遺伝で培ってきた本能ですね。

 

また、「支配されたい」を心理的に解いてみると。

好きな男性にコントロールされることで、

「私は彼のモノとして必要とされている。」
「私は愛情を与えられているんだ。」

と実感することで、心地よく感じるんですね。

 

誰かに自分を必要とされたい…
求められていると実感したい…
尽くして喜んでる姿を見たい…

そう思ったことはありませんか?

 

そして、支配のされ方にも、言葉にならない願望が隠れているはずです。

アナタに従うけど、私がアナタのやり方に好きになるようにさせてね

という感じでしょうか。

 

どのように調教するか… どのように男性色に染めるのか…

それは男性自身の実力にも関わってきますが。

 

女性を支配してくれる男性はどんな特徴がある?

手首を抑えつけられてる女

 

早い話、submissive(服従嗜好)なアナタは、dominant(支配嗜好)な男性を見つければいいだけ

女性読者が多いマンガにもあるように、束縛が激しい男性やSっ気の強い男性を。

いわゆる「ザ・俺様系」のような男性は、まだ現実にもよくいます。

それで、支配されたい欲求を満たされるのですが。

 

色んな男性と交流しているうちに、無意識でも支配的だなと、直感でわかる人が出てくるはず。

しかし、事前に特徴だけでも知り、自分がどんな対応してあげるか考えておくといいでしょう。

 

では、支配的な男性とはいったいどんな特徴があるのか?

今後のアナタの出会い探しに役立つ、豆知識を教えときますよ。

 

他人の粗探し好きな男

★特徴のあるフレーズの例

「俺の言ってる意味、理解できるかな?」
「君のそうゆうところが、同じこと繰り返してるんだよ?」
「職場で誰もこの仕事やらないのを俺がやってやってる。」

 

他人の欠点には鋭くても、褒めることは滅多に言いません。

自分の忠告を言い聞かせて、言う通りにさせたい心理も含まれますが。

 

亭主関白な男はとくにわかりやすい。

そんな男性でも支配されたいか、考えてみてください。

罵られるのが好きなら、マッチするかもしれませんが。

 

自己主張も激しく、とにもかくも指摘がうるさい

自分の思い通りに、物事が進まないと気が済まない。

機嫌が悪いと、ブツブツと誰かの批評を口に出すことも多々。

 

反抗的な態度を取られれば、ムキになって、まくし立てるように論破。

相手を打ち負かして、自分のほうが正しいと思わせ、従ってくれる人に快感を覚えます。

 

自分が自信がなくて、捨てられたくないと思う女性なら注意

しがみついているうちに、DVから抜け出せなくなるパターンになりますから。

 

他人より優位に立っていたい男

★特徴のあるフレーズの例

「アイツと俺なら、どっちのほうが上だと思う?」
「○○なら俺のほうが上なんだけどな。」
「チクショウ… 次は負けないからな。」

 

競争心の強い男と言ってもいいでしょう。

生まれながらの負けず嫌い、俺は他人より優れていたい、1番でありたい、という男性は多いですね。

「俺のほうが偉い」と思えば、自然に命令口調になりやすい。

 

そして雑談となれば、よく自分語りや自慢をウンチク語り出すことも。

ノーマルな女性ほど、自慢話ばかりしてくる男はウザいと言いますよね。

 

負けず嫌いなので、良い意味でも悪い意味でも、なかなか素直に認めない

口論になると、滅多に謝らないことも多々。

 

しかし、能力で認められ頼りにされることが、負けず嫌い男の生きる意義。

これはあなたにしか頼めないの」と言えば、男心をくすぐってやれます。

男を建ててくれる女と思われれば、気前よく可愛がってくれますよ。

 

逆に、競争心のなさそうな男といえば。

「みんなで仲良く穏やかに」と言う柔和な男は、他人を支配をしたいと思わないでしょう。

 

嫉妬深く詮索してくる男

★特徴のあるフレーズの例

「元彼とはどういう関係だったんだ?」
「職場で知り合ったその男はどんな奴だ?」
「ちょっとお前SNSで他の男と絡みすぎじゃない?」

 

プライドが満ち溢れ、指揮っていそうな男ほど、典型的な支配者に見えますよね。

しかし、その逆もあります。

普段は命令口調でも、自分に自信にない男ほど「彼女が浮気するのではないか」、そんな思いで詮索してくることも。

 

自分の彼女が他の男性に、寝取られてしまうのではないかと不安になる。

それが、束縛という形で現れます

自分の元から離れていかないように…

女性を自分の管理下に置いておきたいという心理が働くと。

 

女性でもよくいますが、嫉妬深い男性は相手に依存もしやすいです。

一人の女性に固執してしまう傾向があって。

自分よりダメな人を面倒を見て、「ああだこうだ」と支配してることで心地良さを感じます。

 

こんな男性だけには支配されないよう気をつけよう

 

上で紹介した支配的男性よりも、もっと酷い男も世の中に一定数いるので注意。

いわゆる、利己的な「マニピュレーター男」のことです。

アナタが望む支配のされ方とは違う、心が虫食まれる支配関係に堕とされます。

 

まぁわかりやすいのが、ホストに異常に貢いでしまう女性、ヒモ男にハマって別れられなくなる女性。

しかし、そんな彼女たちは支配されてると思ってはいなくて、自分の意思決定の上で尽くしていると思っている

これこそ、腹黒な男たちが巧妙に支配する手口です。

 

「すごく好感を持てるなぁ」と感じてしまう男性には気をつけたい。

アナタの職場にもいるかもしれませんよ。

特別に優しくしてくる男性などはとくに。

 

たとえば、職場で「手が空いたから手伝うよ」と、良い人のフリをして近いづいてくるパターン

最初は、好感を持てるやり取りをしつつ、心の距離を縮めていきます。

そこから、弱みを握れるポイントを探り、利用(支配)できるか見定めてくるわけです。

 

仲が深まってきた頃には、自分から情けない部分をさらけ出す、Mな男になったり。

この人になら言ってもいいかな」と、心の内側を引き出させようとしてきます。

 

ダメ出しポイントを見つけたら、みんなの前で恥をかくような失敗をさせるなど、サイコパス的に思考を巡らせます。

マニピュレーターほど、チャンスを見過ごさない。

いざ救世主を装い、恩を作らせるわけです。

 

俺がキミ一人じゃできないことやってあげたしさ、今度は俺のことも助けてくれていいよね?

と、気づかないうちにジワジワと支配されていくわけです。

罪悪感を煽って「借りは返さないと…」と思わせることを意図的にやったりも。

意見を強く言い返せない女性なら、教訓として知っておくといいです。

 

職場で都合の良いように使われては、プライベートでも自分の思い通りに支配。

ダメ出しばっかりで心を追い詰めてきたと思えば、急に豪華な誕生日プレゼントで優しさをくれたり。

罵倒したりして酷い彼氏だけど、本当は悪い人じゃないんだ

と思わせられてたり… 心を巧妙に操る策士ですね。

 

その注意点を踏まえた上で、、、

主従関係を望む男性が集まりやすいサイトで、出会い探しをしてみるといいでしょう。

 

性的だけでなく、日常生活にもSM的な主従を求めるのであれば、「PCMAX」なら見つかりやすいですよ。

 

以上で終わります。

威厳のある男性探しのヒントを掴んでいただけたならいいなと。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.