言葉責めされたいドM男には、簡単に欲求解消できる方法を紹介

口から弾を吐き出してる女

 

男性の性癖は女性と違って、変態的で煙たがれるものが多く、

色々とマニアックなものも存在しています。

 

体罰以外に、よくあるM男子の性癖としては、言葉責めというものがありますが、

この欲求もまだまだ解消方法は少なくて悩ましいですね。

 

草食系が増えてきたいえど、主導権を握って欲しいという女性は、残念ながらまだまだ多い傾向にありますね。

 

M男のプレイにも色々なものがありますが、

今回は言葉責めされたいドM男の欲求解消方法について、じっくりと説明していきましょう。

 

彼女がいる人は軽い言葉責めから頼んでみよう

M男に限った話ではないのですが、

やはりリアルの彼女に自分の性癖を伝えて、言葉責めをしてもらうのが1番いい方法。

 

しかし、通常の男性優位のプレイならばまだしも、

まだまだマイナーなM男プレイを頼むと、ドン引きされてしまうという不安はあると思います。

 

「○○と言ってみて」と軽く頼むことから始める

「○○」という部分は、自分の言われたい言葉です。

「変態とか終わってるね」「どこを攻めてほしいの?」
「キモいよ!」「みっともないねぇ」「このブタ!」

とかいうセリフは、M男的にはご褒美ですよね?

 

それらを「冗談でもいいから」と頼んでみる。

心理的に、「言わせる」という行為だけでも、

今後、彼女と口喧嘩になった時に、彼女から過激な言葉を言いやすくさせます。

 

最初は遊び心で、笑いながらでもプレイの一環として楽しんでくれるはずです。

それ以降、彼女が「言葉責め好き」に目覚めるかどうかは、生まれ持った性質によりますが。

まずは試しにやってみることから。

 

あくまで軽く頼むことを忘れずに

真面目な顔して、「俺を侮辱してくれ!」と頼まれても、

S女以外は、困ったなぁと思われるだけです。

今まで頼りがいがあった彼氏だけに、あまりのギャップから幻滅だけでなく、百年の恋も冷めるかもしれないですから。

 

とはいえ、M男に向ける言葉責めは、一見難しそうな反面、

他の過激なプレイと比べると女性の負担が少ないので、実は受け入れてくれることも多い。

 

体罰系の場合、「蹴ってくれ!」「叩いてくれ!」みたいなことを毎日頼むほうが、

「面倒な性癖だな」と飽きられる可能性がありますからね。

 

M男に向ける言葉責めには、複数の種類がある

言葉責めといっても種類があり、

罵倒系、罵り系に、母性的に甘やかされる系のものがあります。

 

罵倒系は言葉が荒くなるので個人差が出ますが、

M男の変態性を責めたり、あるいは甘やかすような言葉責めならば、

かなり気軽なので、彼女も受けてくれる可能性は高いです。

 

昔のテンプレートな女王様の言葉責めよりも、

まずは、プレイの延長線上での言葉責めから、彼女に頼むと良いでしょう。

 

「変態さんなんだ……」や「女の子みたいで可愛いよ……」など、

最初はライトな言葉責めならば、彼女にとっても負担は少ないはずです。

 

まずは、恋人関係の延長線上にあるプレイとして、

羞耻心をくすぐるライトな言葉責めから頼むと、気軽に受けてくれます。

 

「意外と言葉責めをしてみたら楽しかった!」と彼女が言ってきたら、

将来的には、罵倒じゃなくて、「ディープにチクチクさせる言葉責め」もしてみようと思ってくれる可能性があります。

最初は気軽な言葉責めから頼んでみてください。

 

次に、どうしても彼女に頼んでも言葉責めしてくれないという男性のために、

いくらか一人で解消できる方法を教えます。

 

言葉責めで性欲を刺激してくれるAV作品を探す

 

上述の話は彼女がいる前提での解消方法ですが、

「じゃあ彼女がいない自分はどうすればいいんだ!…」

という意見が出てくるのは仕方ないですね。

 

もちろんそういった独り身のドM男性の方でも、

AVがある以上は、ある程度は性癖解消されます。

言葉責めされたいドM男向けのオカズコンテンツも、

最近ではどんどん充実してきているので。

 

例えば、『FANZA(DMM)』という動画サービスには、

ジャンル別に細かい条件を絞って検索があって便利です。

有名女優から様々なジャンルを取り揃えていますし。

 

例えば「言葉責め」や「M男」で調べてると、

1000件近い作品が見つかります。

サンプル動画も付いてるので、自分好みの動画も見つかるはずです。

 

様々なシチュエーションに対応していますし、

中にはファンタジー的な設定の二次作品もあるので、

非日常的な言葉責めを楽しむことが可能です。

 

また、音声特化という作品はあまりないのですが、

痴女系やS女系の作品では、質の高い言葉責めがほぼ必ず付いてきます。

 

音声コンテンツの録音環境も良くなってきてた今、

臨場感のある囁きボイスや言葉責めを堪能できるのも特徴。

 

彼女に頼む言葉責めだと、どうしても2人きりのプレイとなってしまいますが、

音声コンテンツだと複数人に言葉責めされ、刺激的な快楽を得ることができます。

 

例えば2人の女の子に両耳から、

「イッても良いよ」と「イッちゃ駄目」

という正反対の言葉責めをされるプレイなどは、

普段ではできないシチュエーションなのでおすすめです。

 

イヤホンを付けて、

両方の耳から言葉責めされるとリアリティがあり、

また非日常的なシチュエーションも多く、

刺激的なので自分もお世話になっています。

 

なにより動画で女性のセクシーな身体を見ながら、

幅広く、言葉責めを楽しめるというのがAVの特徴です。

 

2019年時点でメジャーな女優だと、

蓮実クレア、上原花恋、北川エリカ、波多野結衣、浜崎真緒

などが綺麗でセクシーなので、大変にオカズとして優秀です。

やはり「憧れの美人に言葉責めをされたい!」という時には、

彼女達は強い味方となってくれます。

 

ほんと、言葉責めメインでもムラムラしてくる作品が多いです。

一本のAV動画作品として、

他にも痴女プレイやS女プレイも入っており、

様々なオカズとして使用できるので、

こちらも個人的にお世話になっています。

 

出会い系アプリで言葉責めが好きな女を探すのが得策

彼氏を責めてる女性

 

彼女がいなくても現代では様々な言葉責め作品が増えており、

セルフでドM男の欲求を解消しようと思えば、

それなりに楽しめるのは嬉しいことです。

 

しかしそれでも、

「リアルの女の子の温かさに触れ合いたい、あわよくばそれでリアルな言葉責めをしてもらいたい!」

と思っている方は多いと思います。

 

そんなM男性には出会いアプリがおすすめであり、

最近では色々な条件で、細かく素人の女性を探すことができるようになっています。

 

出会い系アプリの攻略法は色々なものがありますが、

M男性に限らず、まずは基本的な知識やテクニックを覚えておくと良いでしょう。

 

やはり会員数の多さは絶対的に優位なので、

大手の出会いアプリの中から選ぶのをおすすめします。

 

例えばPCMAXは会員数が900万人、ハッピーメールは1500万人、

イククルは1000万人と大手出会い系サイトは相当な数の女性が登録をしています。

 

これら大手の出会い系サイトは、

掲示板やコミュニティーなどで細かくカテゴリー分けがされており、

アダルト系のカテゴリーの交流も多いことから、目当ての女性を探しやいのも便利な点です。

 

出会い系アプリには、

無料ポイント分のサービスだけでも結構遊ぶことができますし、

これを活用してS女や言葉責めをしたい女性を掲示板などで探すことも可能です。

 

毎日の回数制限などはありますが、

多数の出会い系アプリの無料ポイント分で募集だけをするだけでも、

割とこの手の女性から連絡があったりします。

 

あからさまな女王様のようなプロフィールや、

メールの文面などは業者やサクラなどの可能性もありますが、

大手の出会い系サイトはこのようなトラブルにしっかりと対処しているので安全です。

 

言葉責めは比較的ライトなプレイであり、

なにより出会い系サイトのメール上のやり取りだけでも、

プレイが可能なのは大きなメリットです。

 

やはり、言葉責めされたいドМ男にはリアルのS女が最適

このように言葉責めをされたいドM男には、

まず彼女がいれば、頼み込むのをおすすめします。

 

比較的ライトな言葉責めならば負担も少ないですし、

段々と彼女も楽しくなって、

自然とエスカレートしていく可能性も高いです。

 

それ以外の方法としては、

二次元の音声コンテンツやAVなども、

最近は作品が増えてきたのでおすすめです。

 

しかしリアルな女性に責められたいという方は、

出会い系アプリを活用するのも良いでしょう。

 

大手の出会い系ならば、

ジャンルやカテゴリーで、S女を見つけやすくなっており、

会員数も多いので自分好みの女性がきっと見つかりますよ。

 

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.