SMもできるハプニングバーとは?体験談からわかった中の実態

バーカウンター

 

「性という未知の世界を体験したい」
「誰にも言えないこの性癖を解消したい」

そう思いませんか? そんな願いを叶えてくれる場所が存在します。

 

この世にはあなたの好奇心を刺激する欲望の世界が。

ただのバーではない、SM願望や性嗜好者が集まるこの世の極楽…

究極の非日常ともいえる、それが「ハプニングバー」、通称「ハプバー」です。

ハプニングバーは都内を中心に幾つかの店舗があります。

 

では、とあるハプニングバーを愛する方の体験談からわかった、お店のシステムについてご案内します。

 

ハプニングバーとは?システムについて説明

ハプニングバーは「バー」と名の通り、

お酒を楽しむ場所でありながら、性嗜好者たちの集まる場所

 

場所は、主に東京、神奈川、大阪、名古屋、福岡といった大都会に多いです。

試しに「○○(地域名) ハプニングバー」と検索してみるといいでしょう。

 

店内にはロッカールームがあり、荷物を預けプレイルームへ向かうわけですが、全裸のお客とすれ違います。

この時点から本能むき出しの空間であると認識できます。

 

ただし、一般的な性風俗にように性行為が決まっているわけではなく、かならずしもハプニングが生じる訳ではありません。

また、客同士の合意のない行為は禁止されており、ルールによって管理されています。

 

料金の相場や時間制について

ハプバーは主に東京に多く、料金はお店によって異なりますね。

入会金と入店料があり、入会金は初回来店時のみ支払い、会員証を受け取ります。

 

男性は入会金1000円~5000円程度で、入場料は大体10000円から15000円程度

そして女性は、無料のところもあれば、数千円程度で済むところも。

カップルの場合は、5000円から8000円程度と安くなるため、来店を考えている男性は女性との来店がおススメです。

 

料金は入店時以外に別途支払うことはまずありません。
(会員証は失くしてしまうと、再度入会金を求められる場合があるので注意しましょう)

入会時に身分証明書の提示を求められ、書類に「名前」「住所」などを記入

 

ハプニングバー初心者は、この時点で緊張が頂点に達していると思います。

しかしご安心あれ! 店内にはルールが存在しており、スタッフさんが説明してくれるので、

見知らぬ同士でも安心して楽しむことができますよ。

 

ちなみに、営業時間は昼の部、夜の部と別れていることが多く、早い時間帯では、多少の割引があるところも。

また昼から夜にかけて遊びたい方は、場所によりけり料金システムが変化するため、スタッフさんに要確認。

 

ハプバーに来るお客さんの性癖やSM願望について

店内に入ると、客層は男女比が3:7の割合が多いです。

仕事帰りのサラリーマンやOLをはじめ、医者や弁護士とお堅いイメージの職種から、運が良ければ芸能人やAV女優が訪れることも。

要するに、様々な人種が、SMやアブノーマルな性を求めて訪れる訳です。

 

緊縛、SMプレイ、スワッピング、露出願望、女装癖、犯され願望、寝取られ願望、LGBT

と、普段なかなか表に出すことができない特殊性癖の持ち主たちが、多く集まる場所。

興味本位で来店する人もいるため、お気軽にハプニングバーを体験することもできます。

 

個人的な印象として、単体で来ている女性は真面目な風貌の方が多く、そのほとんどがハプニングに積極的でした。

こういった空間だからこそ、恋人や友達に言えない、内に秘めたSM願望を解放できるということなんでしょうね。

また、1人で来るのが緊張しやすい方でも、スタッフが話やすくするためにフォローしてくれます。

 

知らない客同士でも自分の性癖を隠すことなく、本能を解き放つことが正しい楽しみ方ができる場所です。

逆に、集団で来店している女性客はノリ来店が多いですが、アタックするには向いていません。

 

ハプニングバーで起こるセックス行為の実態

官能的な愛撫

 

特殊な性欲を満たすためにハプニングバーは最高の場所ですが、

毎回ハプニングが起きる訳ではなく、その時の来客状況によって発生率も内容も変化するというのが実態です。

 

また比較的面積の小さいお店のほうが、来客同士の接する機会が多い印象です。

あくまでも個人的な印象であり、大きいお店ではハプニングが生じ難いというわけではありません。

有名店ともなると人が集まりやすく、当然ハプニングの発生率は高まります。

 

大体のお店は、プレイルームとマジックミラールーム(行為鑑賞部屋)と別れていることが多く、

プレイルームに設置されたバーカウンターで、男女の会話を楽しみつつ、ハプニングの機会をうかがいます。

ルーム内では緊縛を楽しむのも、互いにオナニーを見せつけあうのも、もちろん通常の会話を楽しむのもOK。

 

実際の性行為となるとスタッフさんより、マジックミラールームへの移動を進められることがよくあります。

そこでは、息の合った男女の激しい様子を、他人に覗かれることができてしまいます…。

 

とはいえ、お店によっては個室が設けられているところもあるので、他人に行為を見られたくないという男女はそちらに移動できます。

 

ハプニングバーに行きたい人に気をつけてほしいこと

ハプニングバーにはルールがあるため、利用時には下記の3つに気を付ける必要があります。

 

1. 携帯電話の持ち込み、撮影、録音禁止

店内では携帯電話の使用を禁じており、基本ロッカーに預けます。

ついつい他人の性行為を録画したくなるものですが、盗撮行為として犯罪です。

また、「店内で仲良くなったお客さん同士で連絡先を交換したい!」

という場合は、ロッカーの近くでやり取りしましょう。

 

2. カップル客との交流は、相手に一言断りが必要

カップルで来店した場合、互いの腕にリストバンドをすることになります。

これは同伴者がいるという意味で、他の人は勝手に手を出してはいけません

カップルで参加を考えている人は、慣れないうちは危険をできるだけ回避するために、常に二人で行動するといいでしょう。

常連ともなると、相方と離れ寝取られを促すのも手です。

 

3. 社交の場だということを忘れずに

当たり前ですが、ハプニングバーは様々な性を楽しむ大人の社交場であり、マナーやルールを守りましょう。

拒否している女性に無理やり迫ることや、しつこく連絡先を聞き出すことは止めましょう

また、売春目的は愚か、他者の行為に割って入ったり、大声を出して雰囲気を壊すことも違反です。

カップルにだけでなく、許可なく触ったり、嫌がる言葉責めすることも禁止

最悪の場合、出入り禁止となるケースもあるため要注意。

 

ハプニングバーでの体験談を簡潔に語ります

ここからは、とある寝取られ願望の男性の実体験を通して、どんなことが起きたのか?

彼の体験談を綴っていきます。↓↓

 

初めてのハプバーは、「怖い人もいるのかなぁ」とすごい緊張していました。

ちなみにその日は、同伴者のセフレと一緒に。

このセフレの女は、性に興味関心が強く、一人で数多のハプニングバーに通う変態女。

 

同伴することでカップル扱いとなり、私は入場料を割引、セフレは性を満たす、Win-Winな関係。

私は寝取られ願望が強く、本当は本命の彼女を連れていき、他の男性客に貪られる姿をみたいところだったが、その日はセフレで我慢した。

 

店内には男女合わせて15人ほど。こぢんまりとした店舗。

ハプニングが起きる様子はない。私たちはバーカウンターに座り、テキーラを注文する。

周りを見渡すも、まだなんの性行為もまだ見られない。

 

セフレの彼女と、適当な世間話しながら1時間経った頃。

ちょうど酔いが回ってきたところでハプニング勃発。

 

なんと、奥にいたモデル体型の女性客二人が裸になり、

店内に置いてあるペニスバンドでもう一人の女性に襲い掛かっているではないか!

 

こんな静寂な店内にあえぎ声が響く…

これを機に、近くにいたガッキー似の別の女性客に、ゾロゾロと男性4人が群がって、電マを当て始める…!

その女性は「いやぁ・・・」と声を上げつつも、嫌がっている様子はなく、数人の男に弄り倒され、瞬く間に絶頂してしまっている…

 

店内の興奮が高まりをみせる中、私のもとに男女のカップルが近づいてきた。

男は山崎○斗、女は本○翼似。

なぜこの空間にいるのか理解できない美男美女カップルである。

 

男「すみません」

私「どうしました?」

男「この子を苛めてほしいんです」

 

…予期せぬ会話に私の鼓動は激しくなる。

 

男「僕の見ている前で、この子の乳首を思いっきり痛めつけてほしいんです」

 

どうやらこの男、私と同じ寝取られ願望の持ち主なのか。

 

私「いいですよ。よろこんで」

女「お願いします・・・」

 

女は了承しつつも表情はおびえている。私が乳首を捻ると、

 

女「いいいいいぃぃぃいぃぃぃ!!」

 

叫び声とともに恍惚の表情に。

この女の腕にはバーコードの入れ墨があり、私がそれに気づくと、

 

男「こいつは奴隷なんですよ。今日はあなたに貸すので犯してやってください」

 

その後、私はこの女とマジックミラールームに入り、ドスンドスン!と突き犯す。

すると数分もしないうちに、本○翼似の可愛い表情は消え失せ、性を貪る獣と化していた。

 

そして気づけば、店内の視線は一気に私たちに向けられ、行為の一部始終を視姦されていた。

また、その隣では私のセフレが他の男と行為に及んでいたという・・・。

寝取られ願望のある私は、逆に他の女性を寝取ってしまい、その胸中には新たに寝取り願望という性癖が目覚めていたのだった。

 

 

以上が寝取られ男性の体験。

私もハプニングバーに初来店時は緊張しましたね。

しかし、たった一度の体験でSMプレイも大ハマり。

この記事を読んでいるあなたも、今宵、刺激的な一日を過ごしてみませんか?

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.