初心者でも使える!女性が興奮するエロい言葉責め一覧を紹介

耳元で囁かれる女

 

男性の皆さん、言葉責めで女性の心を愛撫してますか?

女性は言葉で濡れる生き物であり、言葉責めを有効的に取り入れることで、普段とは一味違う、濃厚な夜を過ごせるようになりますよ。

 

無言でセックスの最中にムードを高める方法もありますが、

「セックスは指テクと挿入だけでいい」と考えている男性は、今すぐ女心の理解が必要です。

 

とはいえ、「エロい言葉責めって何を言えばいいの?」と疑問に思う男性も多いはず。

そこで、女性が感じてしまうエロい言葉責めセリフを、初心者でも使えるフレーズに絞って書いていきます。

 

一般女性に使えるソフトな言葉責めと、ドMな女性に使えるハードな言葉責めに分けて、

かつ、効果的なタイミングも踏まえて紹介してきますね。

 

一般女性に言うと興奮する、ソフトなエロい言葉責め一覧

問い詰められてる女

 

言葉責めは、互いに興奮することができ、女性に触れることなくできます。

「エロい言葉で責め立てる」ことができる、簡便な方法。

しかし、言葉の選択やタイミングが重要です。

 

ソフトな言葉責めにおいて女性側はほとんど受動的な反応になります。

主に羞恥心を高めるワードが多いですが、ハードな内容ではないので、女性を傷つけるケースは少ないでしょう。

それでも互いの信頼関係を意識した発言をしたいものです。

 

それでは、誰でも一度は聞いたことがある、シンプルで短めなフレーズ集を紹介してきます。

 

「綺麗だね」

実は最強の言葉責めワード。

男性諸君は「え!?これが? AVの見過ぎだろ」と思いましたか?

女性はいつも綺麗だと言われたいんですよ。

 

好きな人にすべてをさらけ出している状態は「どう思われているのか?」と心配もの。

女性に自信と安心感を与えることで、心の底から快感を得られるようになります。

 

このワードは伝えるときの雰囲気が重要です。

相手のほほに手を当て、目を合わせながら伝えるといった方法が効果的です。

 

「気持ちいい?」

おそらく「うん」と言葉なく頷く女性が多いでしょう。

あるいは、「いやっ…聞かないで…」と羞恥を帯びた顔になってくれることも。

セックス中は色々考えられる状況ではないのでクローズドな質問は有効です。

また、気持ちの確認にもなるので言葉責め導入に最適です。性感帯を刺激しつつ聞いてみてください。

 

「恥ずかしいところ見せて」

自分の体に自信がないという女性もいます。

男性に身体のパーツを見られるのは恥ずかしいもの。

もし嫌がるようでれば男性側から手を差し出し誘導してみてください。

見せてくれたあとに「綺麗だよ」と伝えることで、女性を喜ばせることができます。

また、女性が絶頂を迎えそうなタイミングで言うのも羞恥心を高めさせます。

 

「俺のこと好き?」

挿入中に言われたら無条件に「うん」と言わせる力があります。

ただ、しつこく聞くのはNGですが、何回か確認させることで、

「この人のことを本当に好きなのかも」と催眠効果が期待できます。

ある意味、ずる賢い言葉責め戦法。

これは挿入中に言うのが良いのであって、キスする前や押し倒す前に言うのはナンセンスかなと。

 

「聞こえる?いやらしい音がしてるよ」

陰部の状態は女性自身が気づきにくく、

まさか自分が「こんな状態になっているなんて…」という、フィードバック効果になります。

ここでは言葉だけでなく、くちゅくちゅと音を立てて女性の聴覚を刺激。

言葉だけでなく愛撫も優しく刺激してあげると。

「言わないでぇ…」と言いつつも気持ちよくなってくれます。

 

「本当はこんなことされたいんでしょ?」

ソフトな言葉責めワードの中でも、ワンランス上の責め方。

正直に「うん」と答えてくれる女性は中々いないです。

とはいえ、優しく言葉責めをしている中で放つ、このワードは女性をドキッとさせます。

反応を確認した後、大丈夫そうであれば「どんなことされたいの?」と聞いてみるのもアリ。

もし、「いじわる…」なんて答えが返ってきたら効果発揮してる証拠です。

こうなれば、女性によりますが、ハードでエロい言葉責めの展開も考えられます。

 

マゾヒストの女性なら興奮してしまう、ハードな言葉責め集

女性を魅惑している男

 

男性に蹂躙されたいと考える女性は少数ながらいます。マゾヒストなら尚更。

ほとんどの女性でも、週に一回はAV動画を見てる女性が半数近くいる中、SM動画に興奮してる女性もいるわけです。

とういうことは、SM動画で使われてるような言葉を、マネして使っても効果があるとも言えます。

 

「ごみのように扱ってほしい」「罵倒されたい」と願うメス豚には、ハードな言葉で激しく責め立ててやる。

「今後も飼われ続けるんだ…」という、家畜の烙印をくれてやりましょう。

 

「自分で弄れ」

ハードな言葉責めらしく、早速女性に辱めを促します。

男性はその姿をじっと見続けながら、後ほど紹介する言葉を交えることで、マゾヒズムを燃え上がらせます。

女性にとって、自慰行為を見られることは生き恥です。含羞の表情でしょう。

恥ずかしいからといって、目を背けないように命令もします。

 

「こんなに濡らしやがって」

ソフト言葉責めの「聞こえる?いやらしい音がしてるよ」の上位版。

濡れている愛汁を見せ付けて、確認させながら責めるのが効果的です。

恥ずかしい顔のような喜んでる顔ような表情を見せてくれます。

 

「どうしようもないメス豚だな」

女性を痛烈に卑下する非常に有名なワード。

実際のところ、この言葉責めを好む女性は、この単語を聞き慣れていることが多いです。

乳首を捻るなど、刺激を加えながら言い放ったほうが効果的。

これによってメス豚であることを改めて認識させれます。

 

「ここは何ていうの?言ってみろ」

基本ハードな言葉責めは、命令口調が効果的。

そうでないと特定の単語を言わせるに至りません。

濡れている陰部であれば、より羞恥的に呼称させることができるでしょう。

恥じらいを増幅させる効果的な言葉責めです。

 

「ほら!どうしてほしいか言ってみろ!」

命令口調で言います。事前に性感帯を焦らしながら刺激しておく。

女性の興奮がピークに達した時点で、この言葉を言うと効果的。

女性は、はしたない発言をしてしまった罪悪感と、抑えられない性的欲求の狭間で悶えます。

女性から返答があっても、「きこえねーよ!もう一度言え!」と再度言わせることで、ドSっぷりを発揮できますね。

 

「こんなはしたない姿、みんな見せてやろうか?」

パートナー以外の男性に見られてしまうという露出イメージを彷彿させます。

実際に行うことはないでしょうが、それでも想像させることは恥辱的効果があります。

鏡などの道具を使って羞恥心を加えさせる方法も手です。

女性が感じている最中に言うのがベスト。

 

「孕ましてやろうか」

かなり危険なワードですが、ここまでの言葉責めを容認しているマゾ女であれば、これ以上ない淫語。

男性は支配感を、女性は征服される欲求を満たします。

男性が絶頂間際に、女性の目を見つめながら言い放つのがポイント。

実際に射精するかどうかは別として、女性は困惑するも、マゾヒズムゆえに受け入れるしかなくなります。

 

エロい言葉責めが上手くなるポイント

女の耳元で吐息を吐く男

 

同じワードでも、機械のような棒読みでは、せっかくのムードを破壊してしまいます。

言葉責めは、ちょっとしたポイントを掴むことでテクニック高めることができます。

下記の方法を習得し、女性をさらなる快楽へ導きましょう!

 

耳元で吐息を利用する

耳元は性感帯であり、そっと吐息をかけることでも敏感な女性は濡れてしまうものです。

このとき吐息をかけつつ、他の部位も同時に刺激することで効果は高まります。

これまで覚えた言葉責めワードも囁いてみましょう。

 

優しく低い声で

女性は、男性の太くて低い声を好みます。

守られたいという女性に対してこそ、ソフトに、声を低く、囁くように。

それは異性を強く感じられると、同時に安心感が得られるという意見もあります。

相手の心に余韻をもたらし、あなたを求めてくることでしょう。

 

声にコンプレックスあるなら?

男性の場合、しゃがれ声や高い声がコンプレックスに当たるところでしょうか。

そういった場合、いざ言葉責めとなると思うように声を操れないかと。

言いどもったり、声が高くなってしまうことも考えられます。

 

しかし、肺活量を増やし、リラックスした発声方法を練習することで、低音域を強化し、滑らかな発声に変化させていけます。

お腹に力を入れ、ゆっくりと喉ぼとけから声を出すイメージを持ち、息を吐き切ることが大事。

この際、のど周辺はリラックスしているほうが上手くいきます。

日ごろから意識して会話をすることが習得の近道です。

 

 

以上になりますが、言葉責めを自在に操ることで、女性を支配することができるということでした。

しかし、ここで紹介したエロい言葉責めフレーズ集一覧は、あくまで例に過ぎません。

性格によっても微妙に違うので、その女性の言われてうれしい内容をしっかりと見極めて言うようにしましょう。

 

言葉責めはお互いが楽しむためもので、闇雲に相手を罵倒するものではありません。

シュチュエーションに合わせた言葉を選択することで、二人の関係をより一層深めることができるということ。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.