騎乗位がうまくできない女性に、読むだけですぐ覚えれるコツを説明

騎乗位をしてる女

 

「上に乗って欲しい」と言われて騎乗位してみたけどうまくできない…。

騎乗位って実際にしてみると難しいですか?

彼氏にお願いされたら、気持ちに応えてあげたい女性も多いでしょう。

 

腰を動かそうと思っても、「本当にこれであってるのかな…」なんて不安になるのも無理もありません。

なんとくやってるけど、騎乗位がうまくできない女性もいるかと思います。

 

それで、いつも頑張ってくれる彼にも気持ちよくさせたいと思って、騎乗位のやり方を調べているんじゃないかと思います。

 

それならばここで、基本的に覚えておくといい「騎乗位」のコツを説明していきます。

読むだけで「あぁそうすれば良かったのか!」と気づくことがあるかもしれないので。

次のセックス時に、少しでも知識を生かせることはず。

 

騎乗位する上で基本的なこと2つ

騎乗位で絶頂を感じる女

 

直感やノリで動いたつもりが、騎乗位がうまくできないと思うときこそ、以下参考。

 

1. 腰を大きく振り過ぎない

AVにもある激しく動く騎乗位が、正解なのかなって思っちゃいますよね。

ですが、AVはあくまで男の人が興奮するためのファンタジー。

確かに、いくらかの男の人はそんな激しい騎乗位を求めてたりしますが。

 

しかし、激しく振れば振るほど、何度もペニスが抜けてしまうから騎乗位がうまくできない…

だんだんと、スムーズにいかず、もどかしさやイライラを感じてきます。

 

なので、あまり大きく動き過ぎないように、ゆっくりと動かすのが基本

 

もし、それでも抜けてしまうことがあるなら、挿入したまま前後に動かしてみること

気持ち的に前後に動かすだけでも、膣内でペニスが動いてるのを感じれるはずです。

 

それでも難しく感じるようであれば、スープをかき混ぜるようなイメージで、腰をクルクル回すようにしてみる

膣内全体を刺激されるのがわかります。

エロい動きにも見えるので、彼の気持ちも盛り上がり、自然と彼の動きが激しくなってくるかも。

 

2. 基本的に両手はベッドの上に置く

腰を動かすことは、想像以上に体力を使うのはわかるかと思います。

しかし、手を彼の胸に置くと、胸を圧迫させて「苦しい!」と言われるかもしれない。

彼の足を掴んで、上体を安定させようと思ったら「痛い!」と言われる恐れもあるかもしれない。

 

なので、騎乗位する時、手を置くポジションというのは実は大事。

ベッドに手を置くほうが、体勢の安定を保ちつつ、疲れを軽減することができます。

前屈みの時は、肘ごとベッドに置けば、より安定しますので。

 

ベッドに手を置くことを守って、騎乗位を一生懸命やっていれば、疲れていたはず彼が興奮して、激しく求めてくるかもしれない。

それが、時間をかけて騎乗位で誘惑したおかげにもなりえます。

 

簡単に騎乗位しやすい3つの体位

エロティックな騎乗位

 

「四十八手のセックス体位」にある一覧の中から、騎乗位しやすい体位を3つ紹介。

「気持ちよくさせたい!」と思う女性なら、ぜひ試してみてほしいです。

女性が気持ちいい騎乗位もありますから、ハマっちゃうことがもしかしたら。

 

1. 「本茶臼」上体を前屈みにして腰を振る

「本茶臼」は「ほんちゃうす」と読みます。

彼の体と自分の体を密着することができ、顔も間近で見ることができますから、気持ちが盛り上がります。

前屈みの体勢は、自分の体重を彼に預けつつも、キスをしあったりと、愛を育めること間違いなし。

 

しかし、男性によって求めている騎乗位は少し違うかもしれません。

 

例えば、「本茶臼」から派生して、

体は前屈み、裏足はベッドにつけ、手はベッドの上に置きながら騎乗位。

これは、足を大きく開きながらなので、蜘蛛みたいな格好から「スパイダー騎乗位」と言われています。

蜘蛛みたいな格好ですけど、カエルみたいな格好にも見えますね。

 

スパイダー騎乗位は、ちょっと、いやかなり恥ずかしいですね…。

でも、男性目線だと、股間のピストン運動見せつけられるので、すっごく興奮してくれるらしい!

ただ、このスパイダー騎乗位がうまくできないなと思ううちは、無理にやる必要はないです。

 

通常の前屈みの体勢なら、スパイダーほどしんどくはないので。

前屈みは「彼に感じて欲しいと思った時にしたい騎乗位」。

 

2. 「炬燵隠れ」上体をやや後ろに傾けて股間を前後に振る

上体を後ろに倒す騎乗位を試してみてください。

後ろ側に手を置いてバランスをとりつつ、彼に向けてヴァギナを突き出すような体勢。

 

そのまま、前後に擦り付けるように腰を振る、もしくはクルクル腰を回すと…気持ちいいはず…!

いやらしく腰振る姿を、彼に見せつけてあげたりと。(恥ずかしいなら無理にしなくてもOK)

 

さらに、自分でクリをイジリながら騎乗位できるので、何度もイけます。

敏感なところもちょうどよく当たって、自分のペースで調節できるので。

 

ただし、この騎乗位で激しく振ると、ペニスが抜けてうまくいかないこともあるので注意。

気持ちよくなれる騎乗位がしたい時に、ぜひ試してみてください。

 

3. 「突き回し」前屈みの上体を逆向きにして騎乗位

特に、自分では見えない後ろ姿を見られていると思うと、気が気じゃない。

多分、入っているところも彼だけ見えてると思います…。

そんな羞恥心を感じつつも騎乗位できるのがこの体勢。

 

この体勢だと、お尻が彼の体に当たることになり、

「パンっパンっ」と恥ずかしい音が出てしまうことがよくあります。

 

顔色を伺うことができないので、ほんと恥ずかしいかもしれない。

でも、そんな淫らに乱れる女性の後ろ姿は、男の人は好きです…!

 

貴女が動いているはずなのに、下から突き上げられることもあるかと思います。

腰を持たれたり、お尻を揉まれながらも、バックのような体勢で激しく奥まで突かれる…。

 

これが、彼とちょっと刺激的に、背徳感を感じるセックスをしてみたい時の騎乗位。

彼の負担が少ないし、バックでするよりも違った興奮を味わえます。

 

騎乗位がうまくできないのは彼のサイズも関係ある?

激しくセックスしあう男女

 

確かに、サイズによって振り方も変わってきますね。

彼のアレが小さい場合と、長い場合のパターンに分けて説明していきます。

 

彼のサイズが短すぎる場合

大きく動くと抜けてしまい、「せっかく気持ちよくなってきたのに…」と、不満に思うかもしれません。

上下の動きでは騎乗位がうまくできないし、短小ならすぐ抜けてしまうのも仕方ありません。

 

短小サイズの彼とは「上体をやや後ろに傾けて股間を前後に振る騎乗位」がおすすめ。

あとはローションを使えば、騎乗位しやすくなります。

 

ローションのおかげで滑りが良く、ヌルヌルした感触があるので、万が一ペニスが抜けても大丈夫。

抜けた時にクリに当たったりと、かえって気持ちよくなるはず…!

 

「素股」みたいな感じになってしまいますが、

それでも貴女も彼も気持ちよくなれるはずなので、腰を前後に動かす騎乗位がおすすめ。

 

彼のサイズが長すぎる場合

体を垂直にしながら騎乗位というのは…。奥に当たって、不快感でキツイです。

ビッグマグナムな彼には、「上体を前屈みにして腰を振る騎乗位」にしときましょう。

 

前屈みにした状態で、もし自分が疲れた場合は、彼に下から腰を振ってもらうのもアリ。

意外と浅く入れてるだけでも、膣内を刺激されるので、間を持たせれますので。

腰を振れない代わりに、彼の乳首を舐めてあげたりして、たっぷりご奉仕してあげると。

 

それでも彼が、下から激しく突き上げてきて、乳首舐めに集中できない場合は…。

「まだ動かないで。私が気持ち良くしてあげるから…」と言って、ジッとしてもらいましょう。

たっぷり休憩させてもらってから、再び受け止める体勢に入るといいですね。

 

 

と、いうわけで、騎乗位がうまくできないと嘆く女性達のための騎乗位プチ講座でした。

今日覚えたこと、次回の熱帯夜に生かしてください。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.