【性的な話】パンツを食い込ませるTバックは気持ちいいかどうか

ジーンズから見せるTバック

 

ちょっと一言言わせていただきますでしょうか?

Tバックというのは、鼻の下が長い男性の大好物にされるので注意が必要です。

可愛い好きよりセクシー好きの男性からすると、パンツを食い込ませるその姿、甘美な悩殺でしかありません。

 

なぜならそれはもう…

エロい… とにかくエロい… エロ過ぎて、平然な目を装えないほどのインパクトがあります。

「神様…この世の全てにありがとう」と崇めたいほどに…

どんな女性も、女神様になれる代物です。

 

と、そんな話はいいとして…。

タイトルの通り、「Tバックは気持ちいいのかどうか」と疑問な女性のための解説です。

男性に与える心理効果や、パンツを食い込ませることができるTバックの種類についても紹介しておきますね。

 

Tバックは気持ちいいという女性達の声

パンツを食い込ませる女

 

パンツをずっと食い込ませると、ちょっと痛いとか違和感を感じるという女性もいるそうですが、実際どうなんでしょう?

メリットとしては、「食い込ませると下着の線が出ない」、「どんな服でも着られるから気にしなくて済む」だということ。

ただ単に、パンツの型が出ないように穿いてるだけ…という話も聞きますが。

 

しかしですね、Tバックにすることで、エロ刺激を感じてしまう女性だって存在しています。

 

食い込む感触に快楽を感じる

ヴァギナからお尻のラインまで食い込むおかげで、パンツの穿きごこちが良いのだそうですね。

パンツをお尻に食い込ませることで、快感を感じるだけでなく、気持ち的に落ち着きも感じられるからという理由も。

 

なので、Tバック型のランジェリー、もしくは一般のパンツを食い込ませるだけで感じてしまうのなら…

それはもう、その女性は「マゾとして立派な素質がある」のだと断言してさしあげれます。

 

サラブレッドなM女であれば、病みつきになること間違いありません。

歩く時に、ヴァギナとお尻の内側周辺にスリスリと擦れる感触を、気持ちよさに変換できてしまうんですね。

 

さらに、お尻の内側ラインが締め付けられるからなのか…

もう一つの穴に入れられてるような感覚もあいまって、それすら快楽に感じるそうですよ。(そっち系の性癖もあれば)

 

ともあれですね、大人の階段を上る第一歩として、相応しい行為です。

なにも恥じらいも勇気なんて要りません。

アナタも、体の中にある気持ちに尋ねてください。

 

はしたないことをしてる自分に背徳感

とくに変わった性癖がない女性では、普通は背徳感なんて感じないでしょう。

ですが、エロ妄想の癖が強い女性は違います。

Tバックで出歩くことは、股間の疼き効果が一段と違う。

要するに、自分で自分を、淫靡な世界に浸らせています…

 

「短いスカートを履いて、Tバックを誰かに見られたらどうしよう…」

と考えつつも、実は…見られて変態扱いされてるシチュエーションを妄想して…

勝手に自分で興奮してしまうという。

 

「エスカレーターの下から、イヤらしい男の舐め回すような視線でお尻見られてないかなぁ…」

と、そんな被虐妄想を楽しんでしまうものなら、何も私が手助けする必要はありません。

わざわざ何も言わなくても、休日に短いスカートにTバックを穿いて、お出かけに行くぐらいですから。

 

もしもアナタも「見られたいかも…?」という密かな願望があるのなら…

さぁ、いざ眠りから覚めましょう。

ちょっとだけ、胸躍る冒険をしてみてもいいんですよ。

 

視覚的に、Tバックが男性に与える欲情効果

Tバックが気持ちいい女

 

頭の中がお花畑で、キレイな世界で生きてる男性からすると…

Tバックは下品でビッチのようなイメージがあるので、ドン引いてしまい疎んでしまうかもしれません。

なぜなら、そんな男性は「アイドルはウ〇コをしない」と、現実の認知を歪めてますからね。

 

Tバックで気持ちいいのは女性自身ですが、経験豊富なスケベ変態紳士の男性ほど、相乗効果があります。

それはどういうことか?

つまり、相手男性の欲情を貪欲に駆り立てて、爆発的なセックスに昇天させてしまえること。

 

理由としては、二つほど考えられます。

 

相手の性的欲求を揺さぶる効果

エロさがより醸し出してくれるのだから、単なる目の保養になるだけではありません。

ムッツリな男性にも、ズキューン!と魅惑する効果があります。

 

さらには変態なお尻フェチの男性にとっても、これほどたまらないものはありません。

股間のラインが際立つように見えてますし、美しいお尻としてアピールされます。

 

Tバックの食い込みラインに、そぉ~っと指を這わせてきて…

歓喜の喘ぎを轟かせようと…

淫らなお触りが始まることでしょう。

 

無我夢中になった男性は、Tバックの虜です。

男の顔の前に、美しいヒップラインを見せつけてやるものなら…

男は、Tバックの食い込みに自分の顔を押し付けてくるかもしれません。

 

M男なら、「俺に顔面騎乗位してくれ!」と、物欲しそうな目で訴えてくることでしょうね。

 

S男には支配欲が煽られる

パンツを食い込ませる姿を披露することで、調教プレイが燃え上がります。

ドギースタイル(四つん這い)になり、腰を逆九の字に曲げながら、お尻をネコのようにプリッと上げてみるといいですよ。

 

するとS男性は、「このメスイヌが!」と言いながら、お尻をバチンバチン叩いてくるかもしれない。

それはまるで、脳天まで電撃が走るようなお仕置き。

意味もなく叩かれても、心地よく感じられたらいいですね。

 

それから、イヤらしいお尻に食い込んだTバックラインに、男の硬くて、熱いものをはべらせて…

「甘美な喘ぎ声を聞かせろ」と言わんばかりに、Tバックのまま後ろから突いてくる…

 

男は欲望のままに…

女の腰が砕け堕ちるまで…

暴れん棒が止まらず…

 

アナタは快楽と苦悶が混じる声で喘ぎ、パンツを濡らし…

やがて、恍惚の表情に変り、男の目を見つめては…

 

…と、失礼しました。

真面目な話に戻しましょう。

 

パンツを食い込ませることができる下着の種類

丸いお尻を突き出す女

 

「Tバックを穿いてみたいかな」と思ったなら、もう一押し。

下着売り場で「Tバックの下着を購入するのは恥ずかしい」とためらったことはないですか?

であれば、ネット通販で購入するのが妥当ですね。

 

そのためにも、Tバックの用語をお伝えしときます。

ネットでTバックを探すときにご参考ください。

 

Tバックといえば「ソング」と「タンガ」

水色のタンガ

 

実は、Tバックは和製英語でした。

英語圏では「ソング(thong)」、ポルトガル語では「タンガ(tanga)」。

また、気候が穏やかなスペインでは、多くのランジェリーショップに5割以上もタンガがあるほど。

 

ちなみにソングもタンガは同じで、ほとんど違いはありません。

ですが、日本ではより上品なイメージとするTバックは、「タンガ」と呼ばれる傾向があるようです。

タンガは、前面と背面の幅がほぼ同じくらい。

 

前面はショーツと同じ形状で、背面部分がT字かY字のように細くなっているのがほとんど。

そのため通気性も良く、お尻に汗が蒸れずに済むので、夏も快適に過ごせるのがいいです。

さ・ら・に・は、ヒップアップ効果も期待できるというのだから、美尻に憧れるのなら穿かない手はありません。

 

パンツを食い込ませるだけでセクシーになれるのですから、ソングやタンガが「モテ下着」と言われるのにも納得がいきます。

合コンで持ち帰りされた後の「勝負下着」として役立ちますし、「おまじない」としても効果バツグンです。

さぁ、勇気を振り絞って好きな人の前でご披露を。きっと喜びますよ。

 

大胆な人向けの「Gストリング」

白色のGストリング

 

GストリングもTバックの1つで、英語で「G-string」と呼ばれています。

前面がV字の形状で、ヒップとウエスト部分がヒモ状になってるのが特徴。

アンダーヘアがオーバーするほど際どいので、剃毛も欠かせません。

 

なにせ、Tバックのセクシーさを最大限に引き出す「魅せパン」です。

オープンマインドな女性向けでもありますが、男性を淫らに堕とす切り札にもなれますね。

 

ソングとタンガのパンツよりも、さらにお尻の割れ目に食い込みがかかって、割れ目が強調されます。

よって、早歩きをしたりスクワットをする時ほど食い込みが強くなるので、摩擦による痛みにも注意です。

ですが、Gストリングは股間を意識しやすいM女にとって、結構気持ちいいと感じられるはず。

 

またS女にとっても、SMプレイの女王様コスチュームとしても活用できます。

エロスを純粋に追い求める男性に対してこそ、Gストリングが重宝されること間違いなし。

 

最後に、「彼をズキューンと悩殺したい!」と、よりエロスなTバックを見てみたい女性には。

女性でも利用している、アダルトショップ「NLS」というサイトがあります。

商品検索でTバックと打ってみると、過激的で、様々なTバックが出てきますよ。

 

NLSについては、こちらで説明しています↓

アダルトグッズショップNLSについての特徴を簡潔に説明

続きを見る

 

以上が、パンツを食い込ませることができるTバックの種類でした。

まだTバックを着用したことないのであれば、明日からTバックデビューです。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.