非日常的な行為に興味を持ってしまう女性の特徴とは

官能的な男女

 

してはいけないことであればあるほど、

背徳感を覚え、中毒性を感じてしまう…。

くすぶった心と、濡れそぼった体をいじらしくくねらせる…。

 

そんな非日常を感じる女性、そうです。

今回ご紹介致しますのは、

【痴漢プレイを気持ちいいと感じてしまう女性の特徴】です。

 

ただドМであれば感じるわけではなく、

ただ痴女であれば興奮するわけではない。

そんな卑猥な彼女達の特徴にフォーカスをしていきましょう。

 

※痴漢プレイとは、相手に許可を得た上でのプレイの一環です。

 

痴漢プレイが快感と感じる理由ってあるの?

痴漢プレイを気持ちいいと感じる女性の大きな理由として、

他人の目を盗んで、気持ち良くなっているという状況に快楽を感じます。

 

「次に周りに気付かれていないか」
「見つかったらどうしよう」

という羞恥心の波が押し寄せてきます。

 

その場その状況に居合わせることで、

快楽を脳が勝手に覚えてしまっている為、

快楽物質である【ドーパミン】が、

脳内で分泌されている状態に陥るわけです。

 

これは、ドМであればご主人様の命令に従うことで興奮しますね。

痴女であれば、エッチなことに虜になっている自分に対して、

そういったシチュエーションから得る、快楽と同様のものであると言えます。

 

また、エッチな快楽の為だけに犯罪を犯している、

という特殊な状況が、女性の気持ち良さに拍車をかけているのも事実です。

 

痴漢プレイが気持ちいいと感じる女性の特徴7つ

体を触られてる女

 

前述の理由を踏まえた上で、本題の、

【痴漢プレイを気持ちいいと感じてしまう女性の特徴】

について、経験ある方からの話に基づき、7選ご紹介していきます。

 

もしもこの特徴がございましたら、

少なからず痴漢プレイの素質ありと見て間違いないです。

 

また痴漢プレイだけに留まらず、

慣れてくれば、様々なプレイにも抵抗なく挑戦出来るでしょう。

 

1. 強い刺激に感じてしまう女性

どういうことかと言うと、手マンなどで強く掻き回しても、

むしろそれが良い為に、愛液の量が増えていくということです。

 

また、女性器の外側で最も敏感なクリトリスを甘噛みしても、

痛がるどころか、気持ちいいというのも十分該当します。

 

通常であればこういった行為は、女性にとってタブー。

「痛くて二度としたくない!」

と言われてもおかしくない御法度なのですが、

中にはこの強引さが良いと感じる女性がいるのです。

 

こういった女性はポルチオも痛がらず、

快楽をそのまま、脳が受け取ることが出来る変態脳の持ち主です。

調教すればしただけ、どんどん変態になっていきます。

 

2. 剛毛な女性

一見敬遠されがちな剛毛女性ですが、

学術的にも男性ホルモンに比例して、

人の体毛が多くなることは証明されています。

 

そして、男性ホルモンの多さは、

性欲の多さに大きく比例しているのです。

 

また剛毛女性の多くは濡れやすく、

コンプレックスである毛に対して恥ずかしがりな分、

羞恥心が他の女性よりも強い傾向にあります。

 

3. 大人の玩具が大好きな女

これは予想がついたかと思いますが、

大人の玩具が好きな女性というのは、大半がオナニーをします。

 

そして、オナニーをするにも、

ただするのではなく妄想をしながらするのです。

 

当然イヤらしい妄想を日々する為、

シチュエーションに応じた興奮の仕方を、

自ずと体で覚えていくので、自己開発に等しいです。

 

こうなってくると痴漢プレイも、

すんなり受け入れられてすぐに感じます。

 

また玩具好きであれば、直接痴漢プレイをしなくとも、

ローターバイブを入れたまま電車に乗る、

なんてこともありそうですね。

 

4. お尻の弱い女性

お尻の弱い女性は、特に痴漢プレイにうってつけです。

その理由は、痴漢プレイをする上で、

なによりも女性器以上に触れる機会が多いのが、お尻だからです。

 

挿入されて感じるよりも、

  • お尻を鷲掴みにされて濡れる
  • なじるようにお尻を触られて感じる
  • アナル付近を触られただけでふやけてしまう

 

このような肌での、接触快楽の方が求められるのです。

アナル付近を触られただけで、ふやけてしまうというのは、

アナルの方が触りやすい位置にある為です。

 

5. 知的な女性

これは意外かと思いますが、

知的な女性というのは頭で考えるのが得意です。

 

そのため、痴漢プレイをした時の後の事を考えます。

リスクを天秤に掛けながらの状況で、

羞恥心が生まれて、快楽を得ることが出来るのです。

 

また直接的な手マンなどの快楽濃度よりも、

状況的快楽が与える、快楽濃度の方が高いという所にも、

知的な女性らしさを感じます。

 

6. 責任感のあるしっかりとした人

これも意外だったのではないでしょうか。

実は人というのは、深層心理で日常の中で行動している事や、

してはいけないと感じている物ほど、魅力的に思えています。

 

だから不倫も犯罪もあるわけで、

してはいけない行為というのは、

人間が知能を持った言語種族であり、

尊厳を持ち続ける為に創ったルールなのです。

 

ですがルールを作ってなお、

ちゃんと不倫もするし犯罪しますよね。

それに何度も。ある種の中毒です。

 

これはしたくなるからするんです。

誰しもがそれを押し殺して生きているわけであって、

一度でも味を知ったら戻れません。

 

故にしっかりした人であればあるほど、

自らを律する為、それらはしてはいけないと、

選択肢から優先的に排除するのです。

 

だからこそ、こういう責任感ある人ほど、

堕ちたら、ものすごい反動で転落していきます。

責任や立場を捨ててまで、快楽にすがるようになるのです。

 

7. 潮吹き体質

これは言わずもがなですね。全てにおける、

絶対的な快楽女性の特徴とも言える潮吹き体質。

最後はこれに限ります。

 

感じたくなくても感じてしまう。

吹きたくなくても吹いてしまう。

結果、グジョグジョになった下半身へと集まる視線に羞恥心を抱く。

 

「ドーパミン」がドバドバと、

脳内で溢れ出し、気持ち良さが止まらない。

 

そんな潮吹き女性の潮吹きは、

痴漢プレイではもはや、

刺激を加速させるガソリンでしかありませんね。

 

女性がテクが上手いと感じてしまう触り方は?

社内で絡み合う男女

 

ここからは、知人から聞いた体験談です。

上手いと感じてしまう触り方についてですが、

ひやひやして恐怖だったとのこと。

 

基本は痴漢プレイの場合、片手のみで完結させると。

 

その理由は、両手で快楽のポイントを分散させても、

あまり効果がないんだとか。

 

ポイントを一点に集中することで、

気が散漫している女性にとっては、

これ以上ない快楽となる。

 

また触り方の始めは、フェザータッチでなるべく、

パンツの上から指の腹でなじるように。

 

直接肌をなじられるよりもパンツ越しの方でなじる方が、

くすぐったくなり快楽を得られると。

女性心理としては焦燥感が生まれるそう。

 

次いで少し大胆にお尻を鷲掴みに。

もみほぐして出来るだけ、お尻のお肉を脇へとずらすことで、

陰部のパンツが湿り気をおびながら、性器へと食い込み。

 

この時点で女性側としては息が漏れるんだと。

そうしましたら、食い込んだパンツ越しに、

アナル周りの肉を掻き分けて弄りまわす…。

 

パンツ越しだと、絹の感触が気持ちいいので、大抵の女性は感じる…。

 

しばらく弄り回すと、

パンツ越しにヒクヒクしていき、

アナルに指を入れて掻き回されると、もう…。

 

アナル調教が済んでいない場合は、

女性器でもやっていいとか。

で、その際はクリトリスを弄ってから、

荒々しく手マンしてあげると声が漏れるという話でしたね。

 

痴漢プレイができる範囲とは?

私は経験がないのですが、電車であれば手マンまでが安全でしょう。

挿入までを考えると、捕まるリスクの方が大の大冒険。

 

しかし、強制わいせつ罪でなくとも、公然わいせつ罪になりますから。

「公然」とは、「不特定または多数人が認識しうる状態」ということを指します。

つまり、認識される可能性がある状態ですので、

誰一人に気づかれていなかったとしても、公共でわいせつを行う時点で、「公然わいせつ」となってしまいます。

 

都営バスでやる場合も同じですね。

最奥の席が取れていて、夜の乗者数が減った後であればまぁ、

いくらでも出来るかと思いますが、とりあえず、それもやめておきましょう。

…誰にも気づかれないようにするのが一番なんですが。

 

高速バスや夜行バスであれば、

消灯後に行為に及ぶこともできるかと思いますが…。

外の状況が把握出来ない為、パーキングについて休憩となった際、

電気がついて大変なことに……なんてことも有り得ますしね。

 

ちゃんと、合法的に安全にやりたいのであれば、

自分がAV会社の痴漢企画ものに応募して「痴漢ごっこ」を楽しむことです。

日本には、「貸し切り」で使える都電の電車があります。

電車内は、AV関係者のグループだけとなるのだから、合法的な痴漢ごっこができるわけです。

 

では以上になります。ここまでの話を聞いてどうでしたでしょうか?

もう一度言いますが、プレイの一環として、お互いが合意を得ることが大前提です。

 

※この記事はあくまでも知人の体験談から基づいた情報です。
「強制わいせつ罪」となる行為はやめましょう。

 

「公然わいせつ罪」だけは公共でやると、発覚されるリスクがあります。

実際にやる場合は、自己責任だということは覚えておいてください。

「公共」じゃない所といえばどこか? その点についても考えてみてください。

 

これから、あなたとパートナーとの痴漢プレイライフと、事件沙汰の無い性生活を祈っております。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.