乱暴に押し倒される妄想をする女性が、健全に解消するなら…

なまめかしい女

 

圧倒的な力をもって欲望のまま叩き付けられ、犯されることで感じるという女性がいます。

もし、そんな妄想を一般の方にその話を聞かせたら、、、

「気は確か?どうしちゃったの?」と、心配されることもあるでしょうし。

女性同士でもそんな性癖をカミングアウトすることは、中々難しいかもしれない。

 

そう、ここで話す内容は、歪んだ性癖と考えられる「レイプされたい願望」について。

 

性癖に目覚め、レイプされることを求める女性は、緊迫の中に関わらず、心因的にも感じたくないのに感じてしまう。

自らの無力さと共に、無理やり犯される自分に堕ちていく感覚なのだと言います。

または、願望というより過去との決別のために、わざわざ身を投げ出してしまう…という女性もいるようで。

 

様々な性癖倒錯について学んでいる私が、筆を走らせたくなりました。

レイプされたい女性が抱えてるものは何か? 心の中に抱えてるものをどうすれば解消できるか?

そんな話を掘り下げていきたいです。

 

レイプされたいと思ってしまうのはなぜ?

押し倒されて感じる女

 

レイプされたいという女性には、心理的に2つほどパターンがわかりました。

どれか、心当たりはあるでしょうか?

 

生まれながら目覚めた性癖

私が昔ハプバーで出会った、何人かのマゾの女性達に尋ねたことがあります。

どうやら、知らない誰かにレイプされたり、あるいは知り合いにレイプされるなど、自分なりのシチュエーションを妄想してるようで。

 

この場合、性の知識がない子供だと、レイプされても被害だという認識ができない。

なので心の傷を負うことはなく、むしろそこからレイプラブが始まってしまうこともあるぐらいです。

 

これは、いわゆるマゾヒズムの1つだと言っていいでしょう。

たとえば、とある映画で、女性が表皮が剥げるほど鞭打たれるシーンがあったとします。

普通なら「うわぁ…」と引いてしまう場面を、マゾな女性は自己投影して性的興奮をしまう。

 

なぜ生まれながら性的な被害に興奮するの?」 と突き詰めても、今だにハッキリしません。

天才が生まれるのは僅か数パーセントのように、虐げられ好きなマゾが生まれる確率もほんとに僅かです。

希少種として見られるのは無理もない。

 

「こんな風変わりな願望を持つ人はおかしい…?」と思うこともあるでしょう。

しかし、そんな心配をする必要はなし。

そんなレイプ願望にマッチする相手は、ハプバーがあるように探そうと思えば見つかります。

 

引きずっている過去と向き合うため

こちらは、生まれながらの性癖だとは限りません。

引きずっているとはどういうことか?

それは、「過去にとある男性に無理やり犯された…」 というトラウマを持っていることです。

 

普通レイプされたら、セックスが恐怖になり、今後どんな男性に対しても警戒するようになると思いますよね。

しかし、そんなトラウマを持つ女性の中には、わざわざクラブなどに行き、ナンパ待ちの行動などを取ってしまう女性も稀にいます。

 

なぜ自分から身を投げ出しに行くのか?

それは、過去に負った心の傷を「怖くない」と自分に言い聞かせるために、過去と似た状況に作り出したい心理が働いてるから。

不快な被害だったという認識を「大したことなかったんだ」と思いたいがために。

 

また、集団レイプをされた経験があると、輪姦されるような状況を求めるようになったり。

あるいは、他人のレイプされた経験談を強姦ものの作品を無意識に探すようになったりも。

 

強姦願望のある男性の特徴について

手首を抑えつけられてる女

 

バイストフィリア(Biastophilia)、またはレプトフィリア(Raptophilia)という強姦性愛の男達のことです。

襲う時に叩いて恐怖を与え、抵抗心を削いでから…タイプもいます。

一般の女性からしたら、天敵となる存在で迷惑なのは間違いありません。

 

逆に言えば、レイプされたい女性ならマッチするかもしれませんが…

では、どんな男が強姦性愛だと判断できるのか?

 

獲物を狩るような目で見つめてくる男

絶対とは言えませんが、強姦気質のある男は良い人に見えて、どことなく危なそうな雰囲気をまとっています。

文章では言い表すのが難しいですが、対面して見つめられると、わかる人にはわかる。

直観力がより優れてる女性ならば、「なんか危なそう…」と感じるでしょう。

 

一見するだけでは、初対面では話し方が感じが良い人に見えてしまう

しかし家庭内では、妻にバコンバコンと力を振りかざしながらも犯す、というパターンと似てますね。

外の世界では猫を被りつつも、自分のテリトリー内となると大いなる内弁慶のような。

 

このような男達は衝動を抑えつつも、、、

誰にもバレそうにない所に連れて行くぐらいの計算できるようですが。

しかし、誰かが女性の悲鳴を聞き、通報という形で発覚するのが大半。

とはいえ、ドロドロに酔わせてからホテルに連れて行く…というパターンも多いですが。

 

嫌がる素振りにエキサイトしてくる男

一般の男性なら、ボディタッチして「嫌がってるな」と悟れば、普通止めるでしょう。

しかし、強姦性愛の男達は「女性の本気で嫌がる態度」をモチベーションとします

 

どこかカラオケボックスなどで2人きりになったら、もう狩りの始まり。

ムードを演出しながらお触りしてくるわけではありません。

いきなりキスをしてきたり、乱暴に胸に手を入れ始めてきたり。

 

力強く振り払いながら「ヤダぁ!止めてってば!」と言うものなら、余計に火がつきます

無理やり股を開かせたり、力ずくで挿入したりと、それが奴らの生き甲斐です。

 

逆に言えば、女性が途中からでも気持ちいい素振りをすると、やる気を失せます。

自分が気持ちよくなりたいのでもなく、女性を気持ちよくさせたいわけでもない。

そう、奴らが欲しているのは、初めから最後まで嫌がってる姿

 

なので強姦性愛の男は、基本的にレイプもののAV動画は好みません。

最初から嫌がってるけど、後半から気持ちよさそうにしてる女優のAV動画には、性癖がそそらない。

たとえ最初から最後まで嫌がってるような演技でも、所詮は演技だとわかってしまい、興奮できないのだと。

 

レイプの対象にされやすい女性の特徴

 

強姦好きな男性達は、ターゲットにしている女性象があります。

  • 大人しそう
  • 気が弱そう
  • 他言しなさそう

というように、引っ込み思案に見える女性を好む傾向にあります。

 

気が弱そうでも、いざ無理やり性行為をする際には、きっかりと嫌がる態度を見せられると、奴らの興奮材料に。

ヤり終わりは、高圧的な態度で訴えないようにさせることもあると。

 

あるサークルの飲み会で、アブなそうな男に目撃したことがあります。

その男は飲み始めまでは、そこら辺の一般人と変わらない話し方でしたが。

なのに酔いが回る頃には、邪悪な牙をのぞかせていたような。

人見知りそうな女性を見る目が、ジーっと獲物を見る肉食動物そのものでしたから。

 

飲み会解散の後、そのアブなそう男は、その人見知りな女性に、、、

「ちょっとさ、気づいたことがあって大事な話があるんだけど…」

という口実で、どこかに誘導するように連れていきました。

 

そこで怪しいな…と思った私は、こっそり2人の後を尾行。

2人はとある公園に着き、私は木の陰から見ていました。

1分も経たないうちに、男はその女性を多目的トイレの中に、無理やり引き込もうとしてたのを目撃。

そこで私は「女性が嫌がってる! 明らかにマズイ…!」と思い、ダッシュで駆け込み阻止したわけです。

 

結果、レイプになるだろう行為は未遂で終わりましたが…

というように世の中には、有無も言わせない強引な男達も少数ながらいる…ということです。

 

レイププレイの仕方とマッチする男の見つけ方

押さえつけられている手

 

単純にレイプされたい考えを満たすなら、快楽堕ちさせフェチな男か、強姦性愛の男を探すといいでしょう。

両者の決定的な違いは、同意の上でのレイププレイが成り立つかどうかです。

では、2種類の男達の違いについて書いてみます。

 

快楽堕ちさせフェチな男

強姦性愛は同意を取ることを望みませんが、快楽堕ち好きな男は同意を取ることもあります。

同意の上でなら、ロールプレイとして最初から最後までレイプごっこができますね。

 

ただ、ほどんどは言葉なしに性的刺激をして、快楽に堕とすことに拘ることがほどんど。

なので「その気がない女性をその気にさせる」ことを目的とする、痴漢やレイプのAV動画が好みだったりします。

 

なので、暗黙の了解でレイププレイするとしたら、軽く嫌がる素振りに留めるのがポイント。

全力で抵抗してしまうと、逆に遠慮をして手を止めてしまいます。

最初は軽く嫌がりつつも、途中から「もっとしてほしいの」という気持ちよさをアピールしてやることですね。

 

そして、このような男をネットでどう探せばいいか。

プロフやメールに、真面目で堅物そうな女性を演出すると、快楽責めフェチが寄ってきやすくなります。

なぜなら、真面目で貞操観念が強そうな女性だとわかると、淫らに崩して快楽堕ちさせやりたい…と、モチベーションが高まるから。

 

ちなみに、快楽責め好きな男を見つけるのなら、女性にも知名度がある大手出会い系サイトなら、気兼ねなく探せます。

詳しくは、下のページにて説明してます↓

お相手探し
自分の性癖に合う異性を見つけるなら、やはりここが最も良かった

続きを見る

 

強姦性愛の男

「どうしても強姦性愛の男がいい」というのなら…

上で申し上げたように、自分がレイプされたい考えを悟られてはいけないように。

ただし覚えておきたいことは、奴らは、同意を取るレイプごっこを嫌うということ。

 

無理やり組み伏せられ挿入されても、手首を乱暴に掴まれても、、、

とにかく全力で抵抗して、嫌がる態度を見せる。

「ドンドン!」と荒々しく挿入されて感じることがあっても、感じる表情は見せないことに徹する。

 

強姦性愛の男達の一部は、髪を強く引っ張る、叩くなどのハードなプレイをかましてくる可能性も。

抵抗する気力が失われてくまで、強引なイラマチオで息を切らしながら喉奥まで入れてきたりと。

さらには、無理やり中出ししてくる男もいるくらいなので、あらかじめ孕ませ対策をしておく必要があります。

 

では、こういった男達どうやって探すかですが。

たとえば、ネットでプロフや投稿に「セックスが嫌い」「男性が怖い」と書くと、優しい男達に紛れて寄ってきます。

最初は、「辛かったんだね」の反吐の出るセリフをささやきながらも、良い人のフリを装ってきますよ。

 

リアルで初日に出会う場合、ヤレる環境が揃えば、ただちに牙をむき出しにします。

夜景スポットなど2人きりになれる場所に行ったら最後、速攻で襲撃が始めるでしょうね。

 

では以上です。中々ハードな内容でした。

それでは、アナタの誰にも言えないレイプ願望が、コッソリ解消されることを祈ってます。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.