ニャンニャンプレイをしたい人に相性の合う異性&愉快なプレイを紹介

猫のポーズを取る女

 

このページを見ようと思ったあなた、変わってますね(笑)

 

とはいえ、忙しい現代社会を生き抜く上で、「甘える」ということはとても大切。

周りの人間から「甘えるな!」と言われるかもしれませんが、心の休息は絶対に必要なこと。

いつも肩肘張って頑張っていては、体ではなく心が疲れてしまうのだから。

 

また、根性論だけではどうにもならない現代社会でこそ、

誰かにニャンニャン甘えることは生き抜くための術です。女性としても男性としても。

 

それと、「ニャンニャンしたい男性」というの場合はまだまだ違和感があるかもしれません。

これは、「男は女より強い」という日本の古いイメージが、まだどことなく残っているかなと。

 

…まぁそんな細かいことは抜きにして、とりあえずです。

心の底からゴロニャンと甘えたいのならば、異性にも甘えさせてあげよう!

 

ストレス社会の中で、ニャンニャンしたい人達にとっては、唯一の癒しなのかもしれません。

甘えたがっている異性を見つけて、アナタも同じように存分に甘えて癒されてください。

お互いにニャンニャンし合えたら最高のカップルになりますよ!

 

お互いに猫のように甘え合う、少し特殊な「ニャンニャンプレイ」みたいなのを思いつきました。

そのプレイ内容についても、教えていこうかと思ってます。

 

ニャンニャンプレイをOKしてくれる人の特徴とは?

ペイントマスクの女

 

もし、にゃんにゃんしたいパートナーがいないのであれば、「甘えたがっている異性」を探しましょう。

心の底から甘えられる異性に受け入れてもらう快感は、甘えを受け入れてくれる異性しか味わえませんので。

では、そのニャンニャンプレイを受け付けてくれそうな人達の特徴を、男性と女性に分けて説明。

 

構われたい欲求が強い男性

他人の気を引くように行動して、構われたがる男性。Mの気質があります。

俗に言う「かまってちゃん」は、あなたの周りにもいるのではないでしょうか?

仲良くなる女性には連絡をマメに取ります。

 

「構われたい」という欲求は、「甘えたい」という欲求の現れであることが多くてですね。

「男の癖に…」なんて思うかもしれませんが、男性も女性も「甘えたい」という欲求は同じですよ。

 

日常でも分かるくらいに「構われたい」と前面に出しているということは、親密な関係になったとたんに簡単に甘えてきます。

なんといっても「ニャンニャンプレイ」に移行しやすいのが「かまってちゃん男性」。

 

実は甘えたいけど意地っ張りな男性

心の壁が厚い男性ほど、内に秘めた想いは強い。

評価の世界で生きている男性は、周りの人間と競争しながら生き抜きています。

辛いけど甘えるのは、滑稽でみっともない、でも「甘えたい」という欲求を押し殺しています。

 

男の前では絶対に見せないけど、甘える姿を心を許した女性の前では、ゴロニャン!と豹変しますよ(笑)

ただ、本格的な「ニャンニャンプレイ」をするには、少し時間がかかったりとするかもしれませんね。

 

意地っ張りな男性ほど、「ニャンニャンしたいかも?」という欲求を必死に隠してたりします。

そんな男性の日常と非日常なギャップが、想像できないほど驚くことでしょう。

経営者がとくにそうで、愛人(秘書)の前でしか見せれない滑稽な姿が…

 

面倒好きな母性本能が強めの女性

母性本能が強い女性は、甘えさせてくれるかもしれないと思えますよね。

実は、厳密に言うと少し違います。

 

彼女たちは、「甘えたいから近づいてくる男性」ばかりで疲れています。

母性本能が強いのでそれなりに許したりしますが、本心は「私も甘えたいのに…」と、願望を抱いてます。

面倒見がいい母性本能が強めの女性とは、「甘えたがっている女性」が真理です。

 

ニャンニャンしたい男性は、相手も理解した上で、甘え合ってください。

元々母性本能が強いですから、甘えさせてくれる男性には、甘えて欲しいと思ってくれますよ。

 

貞操観念に縛られない、明朗な女性

チアフルな女性とも言いましょうか。

性に対しても堅苦しくなくオープンなので、快感により心と体が解きほぐされて、本能的に甘えてしまうんですね。

仲良くなったらすぐに「にゃんにゃん言葉」も気軽に使いやすいです。

 

ただセックスに関しては、快感に慣れてしまうと、甘える行為ではなくなってしまいます。

快楽だけを求めるセックスになり、どこか性行為を楽しんでしまうようになるから。

貞操観念に縛られない女性ほど、性行為で甘えることが少なく「甘えられる場所」を求めています。

 

体の距離が近付くとすぐに体を許してしまうのに、心のどこかで甘えるためだけの時間を欲しがってます。

性行為だけではない、お互いにニャンニャン甘え合える時間を作ってあげましょうね。

 

ニャンニャンしたい人達のオススメプレイはあるか?

横たわってるマスク女

 

なんでしょうね(笑) 正式なプレイはあるといえばあります。

あるカップルから聞いた話から参考にこれだ!と思うものがあったので紹介しましょう。

 

「にゃーにゃー」とお互いに鳴き合う

異性の前で猫のように鳴くのは、少し恥ずかしいかも?

しかし、それは相手も同じ。いや、オープンマインドな人なら抵抗ないはず。

 

お互いに恥ずかしいと思う行為をするからこそ、心の距離が近付きます。

いいですか? 甘えたい思いを伝えるように、アナタが率先して鳴き声を出すんですよ。

「にゃ~!」と言えば、相手も共鳴して「にゃ~!」と返してくれます。

 

「にゃおにゃお」に対して「にゃおにゃお」とフィードバック。
「ふにゃ~!」なら「ふんにゃふんにゃ!」
「ゴロゴロにゃー」なら「ゴロゴロゴロゴロ~」

 

デート中、こればっかりな会話するようになるかもしれないので、後はあなた達の責任ですよ…(笑)

 

長く続ける内に、言葉を話さなくても鳴き声で意思疎通ができるようになるかも?

2人だけの秘密の会話ですし、「甘えたい」という気持ちを、どうぞ、ぶつけ合ってください。

 

頭や顔を異性の体にスリスリする

にゃんにゃんプレイとは、鳴き声を出すだけではない。

にゃんにゃんしたい気持ちを伝えるなら、体で表現することも大切なのですよ。

異性の体に、自分の頭をこすり付けるようにスリスリして、「甘えたい」という欲求を示すこと。

 

相手も気持ちを汲み取ってくれ、「よしよしニャンコちゃん」と撫でてくれることでしょう。

でもそこで終わってはいけない。あなたもですね、なだめて撫で返してあげてください。

 

スリスリ体を寄せ合うのも「ニャンニャンプレイ」のうちに入ります。

甘えさせてくれるのならば、相手にも甘えさせてあげる。

恥ずかしがらずに2人で甘え合うことができたら、もう何も言うことなし。

 

撫でてもらいながら甘えた声を出す

甘えさせてくれてるときには、相手に嬉しいという気持ちを大げさなくらいな表現を。

言葉で伝えるのではなく、甘えた鳴き声で伝えてあげるんだ!

「ゴロゴロゴロ~」と鳴きながら、膝まくりや胸枕をしてもらいながら、撫でてもらうように。

 

何も恥ずかしがることも、罪に思うことはありません。

2人一緒に、禁断の「にゃんにゃん言葉」を使ってる時点で、すでに共犯生活を送ってるのだから。

そもそも、彼も彼女も、誰にも言えない2人だけの秘密だからこそ、思いをさらけ出せるんじゃないですか。

 

いつも「みゃ~お♡」と甘えた声を出し続けていれば、パートナーも、ついクセで釣られるようになって習慣になりますよ。

心と体で甘え合う「ニャンニャンプレイ」の気持ちよさに、2人でハマってしまうことだろうと。

 

ヒューマンアニマルロールプレイ

アニマルプレイをペットプレイともいいます。

片方どちらかが飼い主になって、思いっきり猫のように扱うロールプレイ。

首輪を付けたり、四つん這いにさせて歩かせたり、ミルクが入ったお皿で手を使わせずに飲ませたりと。(嫌ならやらなくてもよし)

 

鎖をつけて散歩…なんていうのはないかと思います。

しかし、猫には猫の遊びがあることをご存知でしょう。

 

飼い主が、毛玉ボール転がしてきたり、猫じゃらしを振ってきたら、ニャンコになるアナタは、手で引っかく!というプレイをやってみる。

ニャンニャンしたい人達こそ、これこそが究極のニャンニャンプレイ!

ネコに成りきらずしてどうするおつもりですか?

 

ネコに疑似変身ぐらいしたいのであれば、オススメコスチュームもありますよ。

「猫耳」はわかりますね? 「首輪」もわかりますね?

 

ではあともう一つは…?

…ガチのアダルトグッズになるのですが…

 

えー、その…なんといいましょうか、

つまり、穴に、しっぽをハメ込むグッズであります。

まぁ、そっちの世界まで奥深く入り込める人だけ、限定ということで(笑)

 

普段の会話も「にゃおにゃお言葉」で会話しあってみる

ベッドの上でポーズを取る女

 

なんとなくですが、女性のほうが共感能力が高いので、

ノリというか、男性から「にゃーにゃー」言ってあげると、語尾に「にゃ」と付けて返してくれる女性も多いみたいです(笑)

よっぽど堅苦しい人でなければ。

 

2人の秘密で、常に語尾に「にゃ」を付ける

「他人に言えない会話内容」というのは、背徳感?から、関係性が燃え上がります。

まぁ異性間に「秘密」があるからこそが、とても重要ですので、あまり深刻にならないでください。

 

「今何してるにゃ?」「今どこにいるにゃ?」「お腹すいたニャー」「ゴロゴロニャー」「寒いにゃー」「おはにゃー」「おやすみにゃー」「寂しいにゃー」「どこにいるにゃー?」

 

…これが意識しなければ聞き取ることはできない、2人だけが共有する「秘密の会話」。

語尾に「にゃ」を付けることは、気をつければ他の人には気付かれないはず。

 

「甘え合う」という関係性のような、ニャンニャンしたい人にとっては最大の利点。

その利点を活かして、2人だけの「秘密」を楽しんでください。

 

そしてもう一つ、二人の間では、ケンカになった時でも「にゃ」を付けるというルールを設定してください。真面目に…(笑)

「なんでそんなこと言うニャー?」でもいいのでね。

…いや、深刻になるときほど、「にゃ」を付けるほど余裕がなくなりますけどね。

 

セックスの喘ぎ声もニャンコとして喘ぐ

セックス中は普通に「あんっ!あんっ!あん!」がいいなら、それもいいでしょう。

しかしです…!アニマルプレイみたいなことをしたいなら、

ニャンコになる女性はあえて、ニャンコとして喘いでみるんだ…!

 

・ピストン運動に合わせるなら、「にゃんっ!にゃんっ!にゃん!」

・お仕置きにお尻叩かれたら、「んにゃ~~んっ…!」

・女性が男性の服脱がす時は、「にゃにゃぁ?(服脱いでね?)」

・女性が騎乗位に乗るときは、「ゴロゴロぉ?(入れてほしいのぉ?)」

 

こんな感じで大丈夫…!

 

そして、男性は………?

いえ、私に言わせないでください…

 

とにかくです…! セックスに、言葉は必要ないですよ…。(多分)

他の人には見せられない2人でしかできないセックスだからこそ、心の距離は近づきます。

 

インモラルで特殊な行為をしているわけではないはずなのに、

「にゃー」と喘ぎ合うだけで、お互いの興奮は高まるので、とにかく実践を。

体とフィーリングで理解し合えればOK。それでいい…!

 

これにて、以上にさせてください。

ニャンニャンしたいアナタたちは、鳴き声だけでも、十分に心を共鳴しあえますので。

あくまで、私が考えた「ニャンニャンプレイ」を紹介したまでです。

他にも自分で思いつくニャンニャンプレイがあれば、ぜひ、恋人にも提案してみてくれたまえ。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.