どうしても足舐めをしたいと夢がある男性に、叶え方を提案する

女の足を撫でている男

 

身も心も女性に捧げ、跪いて足を舐めたいという男性がいます。

SMプレイとしても少々特殊なのが、足舐めプレイ。

 

蔑んだ目で見られながらでも奉仕に徹することで、他の行為では味わえないような被虐心と快感を得られるそうですね。

心の底から忠誠を誓い、足を舐めるという行動で示すということなんでしょう。

 

しかし、いきなり「足を舐めたい」とお願いしてみても、一般の女性には嫌悪感を感じさせます。

いくら足舐めの性癖があるとはいえ、「男性には情けない姿を見せて欲しくない」と思っている女性は多いですので。

 

貴方が本気で足を舐めたい願望を叶えたいと思うのならば、必死に頼み込むだけではいけません。

自分から行動して「足を舐めさせてくれる女王様」を育てるか、見つけなければならない。

では、足舐めをOKにさせていく具体的な方法論や、足舐めのオススメプレイについて書いていきますね。

 

足舐めOKな女性にさせるためのヒント

女性の足を持ち上げてる男

 

まずは、現在の彼女が、足舐めさせてくれるかわからないのであれば。

すぐに願望が叶えられるというわけでもありませんが、叶えられた時には至上の喜びが味わえます。

 

S女性は目覚めることから始まる

女王様の多くは、プレイを経験して性癖に目覚めます。

加虐心からプレイを楽しむ女性もいますが、「SMプレイ自体の快楽」に気づくことから始まります。

「女性が責めるプレイに触れる機会が少ない」からですね。

 

基本的に、男女ともにSMプレイを楽しんでいる人は、後天性の性癖。

なので、「SMに興味があるかも」という女性を見つけるほうが手っ取り早い。

 

ですが、彼女がいる場合の男性でも、今の彼女を目覚めさせるチャンスはまだあるはず。

その他のソフトSMも織り交ぜて、徐々に慣れさせていくこともできますので。

 

なので、「俺に足を差し出せ!」なんていう命令を強要してはいけません。

たちの悪い「エゴマゾ」でしかないので、彼女がドン引きして別れようか検討してしまいますから。

 

ちなみに、真性のドS性癖を持っている人間の中には、考え方自体がサイコパスでヤバイ人もいるので注意。

相手を精神的に傷つけて、怒ったり悲しんだりする姿を見ると、喜んでしまうというヤバイ性質を持っています。

それと日常生活にうまく溶け込んで擬態する方法も学んでいますので、一見、見分けがつかないでしょう。

 

サイコSな女性は、SMプレイでも性的にも精神的にも快楽を与えようとさせないので、下手したら、足舐めさせてくれない可能性が。

我慢して我慢して朽ち果てるまでの過程を見て、女性自身だけ満足して終わります。

足舐めの代わりに、アナタが我慢プレイでも楽しめるというのなら話は別ですが。

 

足舐めプレイをできるように仕向ける

前述したように、SMに興味がある女性ほど、プレイの快楽によってドSに目覚めます。

2人で足舐めさせてくれる関係性を発展させていくには、まずは「ソフトSMをやってみよう」と誘ってみて、了承を得ることから。

 

そこで、一般女性でも受けれてくれそうかもしれない、

「お尻叩きプレイ」「拘束くすぐりプレイ」「バイブ責め」「首輪で散歩」などのソフトSMプレイをいくつか提案。

その中で、やってみてもいいプレイから、SMの楽しさを徐々にハマらせていくと。

 

プレイ一つ一つにSとM攻守交替しつつ、まずは自分から、彼女を辱めなプレイで責めてあげること。

そうすれば、彼女がお返しに責め返してくるので、そこから楽しんでる様子になってきたらプチ成功です。

それで「次はこんなプレイをやってみない?」と、徐々にハードル上げていくわけです。

 

または、ハードルが高すぎる選択肢を混ぜて言ってみるといいですよ。

Sになるなら、足舐めさせる、鼻フックさせる、アナルバイブ責め、この中でならどれがいい?

と提案してみてください。

 

全部イヤなら「イヤだ」と言うかもしれませんが、

「足舐めかな…?」と言ってくれる可能性もあります。

これを「おとり効果」と言います。

 

明らかにやりたくないプレイを、あえて選択肢に混ぜ込むことで、流されやすい女性ほど意思決定を変化させることができるはず。

完成された女王様を見つけるよりも、好きなの人の足を舐めたいのであれば、これがベストな方法と言えます。

 

SMクラブにて、女王様の足を舐めさせてもらう

土下座をしている男

 

次に、パートナーがいない場合、SMクラブに行くのも一つの手。

基本的に、SMクラブにいる女王様でも、一方的なおねだりはダメ。

既に女王様としての信念を持っている女性には、失礼に当たるという話。

 

奉仕するのは貴方であって、女王様がおねだりを聞いてくれるのは、

「どうしてほしいの?」と聞いてきてくれる場合だけ。

「ご褒美として足を舐めさせてはいただけないでしょうか?」

この時にようやく、足舐めをさせてもらえます。

 

そのご褒美時に、「足が汚れていますので綺麗にさせていただきます…」なんて言えたら、女王様の心をくすぐってあげれます。

 

それと、女王様との主従関係というのは、

女王様のプレイによって、ドM男性が悦び感謝を用いていること。

貴方が勝手な行動をすること自体は、ルール違反ではないんですね。

 

女王様が貴方の行動を気に入らなければ、蔑みながら痛めつけて叱責してくれます。

ドM男として最も重要な心構えは、「女王様の意思を捻じ曲げない」こと。

 

言われたことに従順に応えることを常に考え、女王様の行動を決めてしまわないようにお気つけください。

我儘を言うことが悪いことではなく、女王様が決めさせないで、貴方が決めることが主従関係において禁止だということです。

 

足舐めプレイで気持ちよくさせる方法

足を舐めている男

 

足舐めをさせてくれる場合には、心の底から感謝の言葉を伝え、全力で女王様のご慈悲に応える。

女王様に気持ちよくなってもらうというのは、「心」に奉仕することですので。

テクニックや物理的な快感以上に、感謝の気持ちを大切にしながら、丁寧に舐めさせていただくこと。

 

足の指を一本づつ、丁寧にしゃぶる

足というのは、日頃常に力がかかっている部分。

女王様は女王様らしく振舞って生きているのですから、より足に負担がかかっています。

そこで、貴方を満足させるために疲れている部分を労わってあげると。

 

足を舐めたい気持ちも分かりますが、興奮することよりも奉仕することの優先を。

一本一本、女王様の愛しい足の指を丁寧に、舌で汚れを吸い取るように吸い上げる。

 

きっと貴方は興奮して、情けない顔を晒してしまうでしょう。

そのはしたない姿を見せるからこそ、女王様が気持ちよくなってくれます。

 

羞恥心は捨て、浅ましく犬のようにベロベロと舐めてもいいでしょう。

「もっと丁寧に舐めなさい!」と罵倒されて、舐めていない方の足で蹴られるかもしれません。

だがしかし、それもそれで、高品質なご褒美。

 

そのうち、「舐め方…上手ね。反対の足もも舐めてくれる?」

と、女王様にこう言われたら、嬉しくて涙が出るかもしれませんね。

 

指と指の間に舌を這わせる

指の間も重点的に舐めるようにしましょう。

この部分は足の裏より、くすぐったくて敏感な部分。

くすぐったい部分だからこそ、機嫌を損ねないように細心の注意を払うように。

 

指と指の間に舌を這わせると、「ん…んん~」という、

普段の女王様からは聞いたことがない声が漏れるかもしれません。

 

そんな時、女王様の顔をまじまじと見たり、聞き返したりしないように。

貴方は、足を舐めることを命じられているのだから、舐めることに集中して、全力で奉仕してください。

 

女王様に「気持ちよくなってもらう」ことが最優先。

貴方の欲望を満たすためでもありますが、女王様の美しい足をキレイにしてあげること。

 

足の裏は優しく舐める

神経が集中している足の裏は、人間ならほとんどがくすぐったい部分です。

女王様によっては、例外ではなく、笑ってしまうかもしれませんね。

「笑顔」というのは、人間をリラックスさせる効果がありますが。

 

実は、足の裏を舐める時こそ、集中しなければなりません。

笑うだけで心を許したような錯覚を覚えることも。

 

女王様にとっては、「ドM男性によって笑顔にさせられた…」

という堪え難い屈辱を味合わされているのだろうから。

 

クスクス笑い声が聞こえると、嬉しくなって、つい激しく舐めてしまうかもしれませんね。

ただ、それは強制的に笑わされた「笑顔」。

内心は、本気で怒っているかもしれないですよ。

 

激しく舐めるのではなく、女王様の一挙手一投足、

気を配りながら、優しく丁寧に舐めてください。

 

 

以上になります。

それでは、貴方の最適な足舐めパートナーと、幸せな足舐め人生を送れるよう祈っております。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.