ドM女の特徴と見分け方、付き合い方、わかりやすく教示しよう

 

「ドMな彼女が欲しいなぁ」という男性は、いつの時代も多いです。

S男たるもの、「M女という生態」について知りたくなるのもごもっとも。

なんですが、自分の思い込みだけで済ましてるS男も多い印象で。

 

しかし、ここまで調べに来ているということは…

アナタはすでに知ろうとしてる時点で、思い込みだけで動くS男達よりも素質がある、と言っても過言ではありません。

 

出会い探しをするにしても「M女の特徴」を考えると、まだわからない部分もあるのではないでしょうか?

であれば、私の経験と知識に基づき「M~ドM女までの特徴」をシェアしていきます。

M女さんについての知識が、さらに可算されていくかもしれませんよ。

 

と、念のため言っておきますが、M女の特徴と言っても様々なタイプがあります

人によって「いや、M女とはこう!」と主張をぶつけてきますし、一概には強制できないなと。

そして、性格的にM女といってもSMプレイではMでないこともあります。

 

たとえば「奉仕するのが好きなら、痛いのも好き」、となるとは言い切れないです。

「威厳のある男性に命令されるのは好きだけど、痛いのはイヤ」というM女さんもいたり。

または性格的にはMに見えても、いざセックスではSっぽくなる女性も中にはいますね。

 

ということで、ここでの説明は私個人としての解説であって、「性格的にMな女性」に重点を置いてるということをお忘れなく。

 

「M~ドM女の特徴10つ」まとめて紹介

女の耳元で吐息をする男

 

あくまで、「Mとしての一部分がある」と捉えてもらえれば助かります。

人によって、S度が60%でM度が40%の割合があるというように。

 

アナタも何となく「M女とはこんな感じ」だと思ってる部分もあるでしょう。

ぜひ、ここで紹介する特徴一覧と、自分の持ってる考えと照らし合わせてみてください。

 

1. 気を遣いすぎる傾向がある

強い自己主張を言えないのは、M女の特徴の1つ。

言い争いを避けますし、自分を抑え込んでしまうことが多々。

空気を読んで行動するので、人畜無害と言えるでしょう。

 

気を遣いすぎるといっても、「大人しいタイプ」と「明るいタイプ」に分けれますね。

 

後者の中には、パーティでの気まずいムードだけは避けようとするM女もいます。

場を盛り上げるため、話やすい人に話題を振り、盛り上がり中には黙ってる人にも話かけたりなどの気回し。

雰囲気を壊すくらいなら、自分がイジられてでも場を温めようとする

 

いずれにせよ恋人関係となれば、主従関係において従う側になりやすいのは確か。

要求されたことに敏腕にこなせないM女さんだと、S男がDV化しやすいのも悩むところ。

 

2. 憎まれ口を叩くことが多い

口が悪さでムカつかせるのは、実は、隠れドM女の可能性が。

「こんなのもわからないの?学校卒業してきたんだよね?」とカチンと来る毒を吐いたり

気遣いのM女と違って、一見するとSっぽく見えるかもしれません。

 

たとえばレストランでのデート、「マズそうなのしかないのね」というディスりから始まって。

S男なら、だんだんと怒りが増してくるので、お持ち帰りして調教したくなるわけで。

これが意図的に「こんな私をシバいてください」と暗示してるドM女です。

 

他にも、仕事では部下に対しては厳しく、バシバシ叱ったりと近寄りがたい女性を見たことないでしょうか。

辣腕にこなすバリキャリ女子だとしても、恋人の前では甘えん坊な子猫ちゃんに化けるドM女もいますから。

これがいわゆる、性格的Sの性癖的Mですね。

 

3. 共感を求める愚痴が多い

女性ならではのMと言いますが、表向きには嫌な人でも仲良くしてるように見えます。

内心では不満を溜めているので、本人に言えない愚痴を誰かにネチネチ告げ口

 

たとえば、プレゼントをすれば笑顔と感謝で受け取ってくれます。

しかしどこかで「あの人からのはいらないんだけどさ。しかもこれダサくない?」というのを偶然聞いてしまった。

そんなアベコベな対応してると発覚したら、男性は複雑な気分でしょう。

 

ありがちですが、本人に対しての建て前が上手いのも、M女の特徴です。

怖い人だから言えないというより、面倒だから「喧嘩をしたくない」という気持ちが強い。

 

これが恋人同士になればどうなるか想像してみてください。

下手すれば、「誰かにオレに対する不満言ってねぇで、直接オレに言えばいいだろ!」と、喧嘩に発展することもあります。

 

ちなみに会う度に、一日の大半を誰かの愚痴ばかりで埋めるM女さんも中にはいます。

過去に家族から受けた酷い扱いの話を、また繰り返し聞かせてくるなど。

デートだというのに、聞いてる側も気分が萎えてくるのでご注意してください。

 

4. 頼まれると中々断れない

断ることで、相手との関係が悪化することを懸念するのもM女。

どうしても無理な頼みなら、「いや、さすがそれはちょっと…」と渋りますが。

基本的には、何回も頼み事をされても引き受けてしまう。

 

物腰が低い、もしくはニコニコと絡みやすい雰囲気で、頼みやすいのが特徴かなと。

できる範囲内で頼むことで、「必要とされたい」欲求を満たして上げれますね。

関係を大事にしたいと思う相手であるほど、多少の無理をしてでも遂行してくれます。

 

もちろん、イヤだと言えなくて仕方なく引き受けてることだってあります。

もう「やりたくない」となっても、本人に「やりたくない理由」を遠まわしですら言えません

追い詰められれば、音信不通になるか、真実じゃない適当な理由を付けて辞める。

 

また、頼みごとの進行が遅れてるからといって、罵倒したら逆効果で関係がこじれることもあります。

上辺では「うん、ちゃんとやるから」と言いつつ、わざと進行遅らせて困らすケースもあります。

それが、せめてものできる反撃みたいなものです。

 

5. 自ら苦労をする道を選ぶ

「追い込まれる状況を好む人はドMだ」と聞いたことあるでしょう。

ブラック企業にハマったら、抜け出せなくなるのが特徴。

抜け出せなくなるというより、誰かのために犠牲となる自分に酔いしれてしまう悲劇のヒロイン

 

ドMといえばドMの部類です。

たとえ上司に最大限に利用されても、大声でダメ出しを受けても、その状況に居座ってしまう。

Sタイプなら「どうやって状況を覆すか」、一般人なら「逃げる言い訳」を考えるでしょう。

 

しかし、この苦労好きなM女さんは、あえて状況を変えようとしない。

「世のため他人のため」と旗を振りかざして、サービス残業も容易く受け入れてしまう。

 

さらには、同じ失敗しても、罵倒を浴び続けることに慣れてしまうことも

「同じことで怒られるとか、学習能力がないんじゃないの?」と思われがちですね。

しかし、わざとその状況に酔いしれるために、同じ失敗を起こしてる場合も少なからずあります。

 

6. 与えることで喜びを感じる

世話を焼いてあげたり、一人一人に応じたプレゼントを用意し、相手の喜ぶ顔を見ることが幸せ。

多くのS男性が、喉から手が出るほど欲しがるM女さんですね。

 

少しでも仲良くなれば、M女さんから気前よく奢ってくれることもあります。

反面、ケチることを知らないので、貯金が中々できないM女さんも中にはいて。

 

たとえば、水商売をしているM女さんの一例。

タクシーの運転手に1万円札ごと渡して、「お釣りはいらないから」という対応には驚きましたね。

8千円近くのお釣りもいらないというのは、よほどの金持ちの感覚でないとできないでしょう。

さらには「車あげようか」なんていうのも、コロっと言えますからね。

 

ちなみに、尽くし系のSと尽くし系のMという言葉を聞いたことありませんか?

尽くし系のSは「サービスのS」とも呼ばれますね。

私的には、両者の違いは「Sは見返りを求めてしまう」、「Mは見返りを求めない」ものだと思っています。

 

S女さんであれば、見返りを何かしらの形で返してほしいので、いつか文句を垂らしてきます。

不満が爆発すれば、「私がこれだけやってあげてるんだから、あなたも何か私の気持ちに答えてよ!」と、喧嘩に発展。

 

逆にM女さんなら、文句をあまり言わず尽くし続けてしまいます。

これが、ダメ男やヒモ男にハマりやすいM女さんが多くて。

尽くしてるのに感謝すら感じなければ、内心では不満に感じますが。

「ほっておけない」情が湧いて、別れたくても別れられない… という泥沼に。

 

7. 自信に満ち溢れる男に惹かれる

威厳がある、カリスマ性の雰囲気がある男性ほど、女性の本能に訴えられますね。

言ってしまえば、ロー〇ンドのような「世の中に存在するのは、俺か俺以外か」のようなナルシスト発言に、ビリっと来てしまうM女。

 

多くのN女(ノーマル)は「ナルシスト男とかマジ無理!」と言うでしょう。

しかしM女からしてみれば、実力も伴っていればナルシストであろうと関係ない

容姿だけの話ではなくて、内面も振る舞いも、男として男中の男の男らしい男に惹かれやすい。

 

男らしいと言えば、気性の荒いオラオラ系の男もいけます。

土方の肉体労働者にはS男は多いですし、威風堂々としたイメージはありますよね。

私が聞いた話によると、気遣いとおもてなしが上手いモテ男よりも、オラオラ系の男性に惹かれるそうで。

 

8. 判断を相手に任せたい

M女さんは、自分から「あぁしたいこうしたい」と言うのには抵抗があります。

なので「どこか行きたいところある?」と聞いても、「うーん、わかんない」や「任せるよ」と返ってきます。

「任せると言ったのに、なんで不機嫌なんだ?」と、面倒に感じる男性も多いでしょう。

 

関係が深まってきても、「それはやりたくない」「ここ行きたい!」と、まだハッキリ言えないM女さんもいます。

M女であるがゆえ、自分から「こうしてほしい」と言えないのは、差し出がましいからという心理が働くようで。

 

N女(ノーマル)でも、さすが嫌なら「そこは行きたくないかな…」とやんわり言ってくれるでしょう。

しかし、M女さんなら無理してでもOKしてしまうのが多々。

言ってしまえば、束縛されることも好きなのがM女

 

「あなたがそれをやりたいなら…」と、いつも通りに従ってしまう。

有無を言わせない強引さで上手くいけば、恋に落とすこともできるでしょう。

とはいえ、あまりに酷い命令、惨たらしい扱いされてると思えば、さすがに従順ではいられません。

 

だからこそ、主従関係を上手くこなすには、リード力と判断力のあるS男にかかってます。

SMプレイをする場合も、「嬉しいと言うけど、それは本音なのか?」、見極める目も必要です。

知らず知らずマイナスを積み重ねていて、突然、別れを切り出される可能性もあります。

 

9. 恥と弱みをさらけ出してくる

このタイプはドM女さんの部類で、いじられる隙を見せてます。

少し仲良くなった段階で、普通では言いたくないような経験談をさらけ出してくる。

たとえば、「私、中学生までオネショしてたのね…w」と、笑いながらそう言ったり。

 

もちろん、全てをさらけ出してるとは言い切れません。

好意を寄せてる人には、こんな私を知ってほしい

そんな気持ちが働いて、言える限りのことを伝えてきます。

 

何よりわかりやすいのは、汚部屋なのに恥ずかしげもなく招待できてしまうこと。

N女やS女なら、掃除を徹底するか、汚いなら初対面の人は招き入れないはず。

ドMでなければ、汚部屋であることをイジられたり、飲み会のネタにされたくないですから。

 

恥ずかしげなくといえば、一般人の感覚とズレてるなと感じさせます。

V系バンギャのような人目を引くファッションや、見せパンに近い格好で気にせず歩けたり。

 

それとは逆に、「ほら、お前のソコ見せてみろよ」と、言葉責めすれば恥ずかしがりますが。

ある意味、不思議ちゃんの部類に入るかもしれません。

 

10. 受動的で偏った妄想をしている

これはさすがに、仲良くなってから聞いてみないとわかりませんね。

聞いたところで「それ以上は恥ずかしいから言えない」と言われることもありますが。

現実では男性が訴えられるような妄想してれば、もうドMです。

 

受動的とは女性ならではですが、自分が縛られたり、セクハラされる状況を想像して愉しんでますね。

相手の想像象、場所、シナリオの流れまでかなり具体的。

しかもそれは、N女さんの妄想より、より変態的か被虐的な妄想で。

 

満員バスで痴〇される妄想だったり、社内で自分に恨みを持つ男に〇イプされてる妄想だったり。

一般人からすると、「そんな願望持ってる女、現実にいるわけないだろ!」と思うでしょう。

少なくとも妄想だけはしてるのは事実ですし、自分から行動を出さないだけで。

そういった被虐妄想を満たすために、SMプレイが存在してるわけですよ。

 

それと、その女性の妄想通りに満たしてあげようとするのは難しい。

恋愛も、そうそう理想通りに事が運ばないと一緒です。

とはいえ、SMプレイでさらにその妄想の上を行く、想像したことのない快感を教えてあげればいいですよ。

 

M女の簡単な見分け方

 

M女かどうかは、対面して話したほうが手っ取り早いです。

直接会話以外にも、ある程度わかる見分け方があります

ここでは、二つほど紹介しましょう。

 

1. メールの親しみやすさ、マメさ

基本的に、メールでは言葉がキツイと感じさせる文章を打ちません。

絵文字や顔文字をより使うのはM女さんに多く、親しみを感じさせます。

 

文章量がそれなり多いのはM女さんに多い印象。

N女さんだと一言返信が多い印象ですが、M女さんのほうが楽しく盛り上がりやすいかなと。

 

返信に書かれた質問1つ1つに対しマメに返すのは、M女でもある可能性があります。

良いと思う人には一言一言、律儀にリプライしてしまうので、自然と文章量も多くなる。

 

こういったM女さんには、まずは礼儀正しく連絡を取ることを意識するといいです。

いきなり敬語なしの上から目線でメールされたら、さすがにM女といえど、返信しなくなるかもしれません。

 

2. ホラー映画を見る時の表情

これは、被虐的な潜在願望がある場合に、ドMかチェックできるでしょう。

とくに、身動きが取れず拷問にかけられる、残酷描写のあるホラー映画など。

たとえば、惨たらしい「SAW」「ホステル」「マーターズ」などを一緒に見てみると。

ホラーが苦手な女性なら、目を背けたり眉間にシワを寄せてしまいますよね。

 

目を背けたくなるシーンで、女性がジーっと見とれていたら目を確認してみる。

目をパッチリ開いた状態で、瞳孔も開いていたら、サドかマゾの素質があります。

「うわぁ~、怖い~」と言いながらも、口をポカーンと開けていることも。

 

こういった女性は、幼少期から目覚めてる可能性があります。

例えばサスペンスドラマで、縄で縛られ拷問される女のシーンを見たのがキッカケで。

自分が縛られる視点で、「ぶたれたり脅されるのはどんな感じだろう…」と想像してしまうようです。

それは少数派のマゾとはいえ、世の中にはそういった女性もいるということです。

 

M女の付き合い方は、無理強いをさせないが鍵

 

まず「愛」を持って接してあげるのは全M女共通です。

そしてM女さんを上手く付き合うには、「無理をさせてないか」をよく判断を。

嫌でも「ご主人様のため」と建前を重んじ、従うことには従いますが。

しかし、何でも言う通りにはいかないいきません。

 

無理強いに限界が来て、破局するSMカップルは意外と多いもので。

M女さんは、「イヤ」と口に出せないだけで、ストレスは溜まっていきます。

 

命令に対して「はい」と言いながらも、気が進まない様子かよく観察してみる。

本音がわからないときは、「声のトーン」に注目してみてください。

表情よりも「声」は感情に出やすいので。

 

私も過去、M彼女に「将来のためだ」という愛が、ただの厳しさに変わってしまって。

いつしかSMはおろか、セックスまで減っていきました。

無理ばかりさせる日々、そして破局寸前まで追い詰めてしまったのが失敗…

 

従うことに重きを置くM女さんといえど…

「支配者としての対応」が正しいのかどうか、自分に問いかけ続けることが大切だと、学びました。

 

向けてなかった意識に向けるだけでも、きっと、M女さんとの付き合いが格段に上手くいくようになるはずですよ。

分からなくなった時は、M女さんかどうかではなく、「この女性はどんな対応をされたいのか」、シンプルに考えてみてください。

 

それではM女さんの特徴について、何か参考になったなら幸いです。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.