ちょいS~ドS女子達の特徴を網羅!見分け方と診断法も解説

 

M男ならば、S女の特徴を把握し、出会いや付き合いに活かしたいと思うでしょう。

まずそのS女の見分け方ですが、千差万別のS女が多いということをお忘れなく。

たとえば、性格的にMで性癖がSの女性…というように、S×S、S×M、のパターンだってあります。

 

またここでの情報は、あくまで私個人の知見・見聞に基づいたものです。

アナタが思うS女のイメージや、他サイトで見た情報と照らし合わせながら、参考として見ていただければと。

 

それでは、性格的にちょいSな女性、ドSな女性、性癖的にサディスティックな女性まで、まとめて説明します。

 

表向きに、ちょいSな女子達の特徴

 

まずは、性癖的にSかどうかは別においといて。

表面上でもわかりやすい、性格的にS女な特徴から説明します。

 

傍若無人のお姫様気質

あまりこのタイプを好む男性は少ない印象ですが。

相手の都合よりも、無意識にも自分の都合を優先しがち。

好き嫌いもハッキリと言えますが、勝手気ままに周囲の人達を振り回して困らせることも多々。

 

軽率にもカチンとくるようなこともサラッと言ってしまうことも。

「キモい!」「ウザっ!」「バカじゃないの!?」

というような発言を真顔で言えてしまうのが特徴。

 

しかし良い意味で言えば、裏表がないということでもあり。

ツンツンと文句を言われ振り回されながらも、それでも可愛いと思えるM男性ならいいのではないかと。

 

自己主張が強い

意見をズバズバ言える、鬼女のようなSタイプ。

何でも卒なくこなす、上昇志向のバリキャリウーマンにも多いですね。

職場で、ビシバシとリーダーシップを執っている女性もその典型といえます。

 

いつもピリピリしてて近寄りがたいオーラを放ってることも珍しくない。

目を合わせたら、「何か言われそう」と恐れるくらい、気迫で圧倒されることでしょう。

他人の落ち度に対して、次から次へと厳しいお叱りを浴びせたりと。

 

彼氏に対しても厳しく接しがちと思われがちですね。

確かにそうですが、案外、プライベートではM転するパターンは往々にしてあります。

 

また自己主張といえば、やたら相手の欠点アピールして責め立ててくるS女は注意です。

「私はいつも家にいるのに、あなただけ友達と遊びに出かけれていいわよね」

と罪悪感を煽ってくるような言い方してくることもあります。

 

文句をこぼすが面倒見がいい

意外と、余計なお節介を焼いてくることもあります。

M女のように代わりにやってあげるのではなく。

「こうしないとダメ」「これやっておきなさい」などと干渉してきます。

自分で行動させるよう促してくることが多々。

 

しかし、頼み事をさられることで、自己肯定感が満たされます。

ブツブツと「なんでこんなのもできないの?」と文句言いながらも、実は、内心活き活きとしていることが。

「私がいないとダメね」と言うように、見離せなかったりするもので。

 

このように、M男を一人前に教育するのに向いてるのがこのS女。

男性が落ち込んでいるときは、寄り添いながら癒すこともありますが、立ち直らせようと叱咤激励してくるのが特徴です。

 

几帳面で抜かりがない

職場では辣腕な仕事ぶりな女性に多い。

あらゆる状況を想定し、先回りして周囲の人達と意志疎通を交わすなど、機転が利くのも特徴です。

 

また、プライベートでの身だしなみにも抜かりがなく、相手に中々隙を見せません。

一見すると、八方美人に見えて手を出しづらいなーと感じられるでしょう。

 

このS女タイプには、男性から自己開示をし、弱点をさらけ出すことで心を開かせることできます。

親密な関係になれば、普段は表で出さない本音が出る…こともありますよ。

自分にストイックな分だけ、恋人に対して厳しくなりやすいですが。

 

勝気で負けず嫌い

強気な上に、命令も嫌いなのが典型的なS女。

たとえば上司に対して、恐れるなく反論を申してくる女性もいます。

思ってる事を言わないと気が済まない、やられたらやり返さないと気が済まない。

無駄に強がり、意地っ張りになりやすいのも、男性的なS女とも言えます。

 

このSタイプは、愚痴こぼしにも火が付きます。

下手に「いや、それは違うよ」と否定したり、アドバイスしようとするのは逆効果。

相談されてる側が逆に説教されてる…というパターンになりかねません。

 

仮にこのS女に論破で負かしたとしても、逆に敵対心を強くさせます。

ぶっきらぼうな態度で相手を避けるようになるかもしれませんし。

または、「ここぞ!」と責め立てられる口論の機会を見計らおうとしてくる可能性が。

 

突っ込みや切り返しが得意

負けず嫌いや自己主張が強い女性とは違い、サバサバしているように見えます。

コミカルな突っ込みを入れてきたりと、場を和ませられるのもSと言えましょう。

基本的に裏表が少なく、誰とでも気さくに話せるのが特徴です。

 

このSタイプに、男性がしんみりと「いつもありがとな」と何気なく伝えてみたとしましょう。

「え?何言ってんの頭でも打ったの?(笑)」と切り返してくることが。

口が悪いこともありますが、それは本人なりの照れ隠しであったりしますね。

 

思ってることを率直に伝えてくれるので、相談相手としてもってこいです。

女性らしいお淑やかさを求める男性には向かないかもしれない。

それでも、気を遣わなくていい関係を築きやすいですよ。

 

イジり好きな小悪魔系S

小悪魔系にも種類がありますが、他人の感情を振り回したり、思わせぶりの駆け引きが得意です。

相手が困ったり、恥ずかしがらせるのが楽しく感じてしまうのが、小悪魔系S女の特徴。

童貞クンに対してほど、思う存分にイジりたくなるでしょう。

 

たとえば、スマホを覗いて「なにこれ? こうゆうのが好きなの?(笑)」とからかってきたり。

あるいは「これアナタのために買ってきたの。今度会うとき着てきてね。」と言ったものが…

それは男性が着て出歩くには、少し恥ずしい服だったりと。

 

男性にボディタッチをし「その気」にさせておいて、あえて「今日はもう帰るね」と切り返してくるところも、ちょいSですね。

その日に空回りした男性は「うぬぬぬ…!」と、不完全燃焼で苦しむことで。

童貞のM男であれば、こういった振り回せる過程も楽しめること間違いなし。

 

毅然として冷淡な対応

大人しく真面目そうに見える女性に多くて。

愛想がないように見えるので、中々打ち解けられないかなと。

容姿端麗な女性ほど、どことなく高嶺の花に見えるでしょう。

 

このSタイプの前では、陽気に振舞おうとするのに勇気がいるようにも感じられます。

笑うのツボがわからないことも多く、滑ってもツッコミをしてくれません。

仮に受けても、多少のほほ笑みなら見せてくれますが。

それゆえ、慣れない男性ほど「次は何の話をしようかな…」と、沈黙させまいとアタフタしまう。

 

下ネタに対しても塩対応なことも多く、何でもノリに乗ってくるわけではありません。

むしろ、冷たい眼差しで睨みつけてくることが。

その眼差しこそが、M男が性癖にそそることもあるんでしょうね。

ただし、ウンザリと感じたら「今日はもう帰りますね」とキッパリ切れ上げられてお終い。

 

性格的に、ドS女子な特徴

ベルトで男を締める女

 

次は「少々行き過ぎてるかなー」という、ドSな女性達の特徴を紹介しましょう。

一般的な男性達は控えたほうがいい… と言い換えることもできます。

 

上から目線の断定口調が多い

語尾に注目すれば、すぐ簡単にわかります。

「アナタっていう人は○○だからね」という発言など。

的を射ているかは別として、頭ごなしに決めつけられてイラっとした経験はないでしょうか。

 

他にも、「〇〇でしょ?」「○○じゃん?」「だから○○なんだよ」「いや、そうじゃなくて」などなど。

プライドが高いのはもちろん、何かを説明する時も、自分の考えは正しいと思う傾向があります。

論破で対抗しようとするなら、それなりの消耗戦を覚悟ですね。

 

遠まわしに反論のニュアンスを込めて言ってしまうと、過剰に反応してきます。

とにかく「自分の非を認めない」というのが、このS女性の特徴と言えます。

傲慢で驕慢な態度なので、M男といえども気苦労することが。

 

毒舌を交ぜてくる

上記で説明した、場を和ませるイジリとは違ってきます。

口調や態度も柔らかに感じる女性でも、グサっとくる毒舌を吐くこともあります…

人生相談に乗ってくれたと思いきや、自分の失態を鼻で笑われた…という人も、いるといえばいるわけで。

 

見下せる相手だと判定したら、さりげなく失礼な毒を盛り込んできますよ。

ブラックジョークやグサッとくることを、さりげなく織り交ぜてくるのがポイント。

たとえば、「あなたオタクならさ、ラブドールがあれば他に何もいらないでしょ?(笑)」と笑いながらの発言。

しかし、この毒舌なS女は、目だけは笑っていないこともあります。

 

普段から話しやすい口調で話しかけてくるので、その場ですぐに反撃しようと思えない人も多いです。

チクチクと侮辱されることで、興奮を覚えるM男ならいいでしょうね。

 

計算高い魔性の女

一見するとMっぽく接してくるので、話やすくて魅力にも感じますが。

裏表が濃く、巧妙に相手を操る腹黒いS女。

何がドSなのかというと、相手を最大限に利用し、使えないと思ったら躊躇うことなく切り捨てれるところです。

相手に対しての共感能力がないサイコパスの可能性があります。

 

たとえば、指名好調のキャバクラ嬢がわかりやすいです。

魔性のS女というのは、男性に対して好意を示しつつ、「その女性を喜ばせたい!」と火を付けさせるのが上手い。

 

たとえば「新しいバッグが欲しいんだよねぇ」と口から漏らすとします。

その時、その男性の収入レベルに考慮した上で「あれが欲しい」と唆しているのがポイント。

金銭的に少し厳しくても、「あの子のためなら…」と命を燃やしますよね。

彼女の喜びこそが、男性にとってのモチベーションになるので。

 

しかしながらそうやって、男性は財布奴隷に成り果て、女に貢ぐことに生き甲斐に感じてしまうわけで…

いつしか「こんなに貢いでるのに報われない…」と、途方にくれないことを祈るばかりです。

実際、魔性な女王様にゾッコンになったM男性が、月100万で奴隷契約をしてしまった事例もあるので。

 

物にやつ当たる傾向がある

家庭内で手を上げやすいS男もいるように、S女も同様です。

男性の攻撃的な性質を受け継いで生まれた、頭に血が上りやすいS女と言えます。

母子喧嘩で、母親に手を上げてしまう娘さんを聞いたことないでしょうか。

親に手を上げる女性というのは、男性ほど多くなく珍しいですけどね。

 

私のお付き合いした女性の中で、部屋の中で破壊活動したり、二階からテレビをぶん投げたりした子がいました。

表面上は、礼儀正しく真面目な印象でしたけどね。

しかし、いさかいの度に彼女はヒステリーモードになりやすく、暴力を振るわれたこともあります。

よくある常套文句が「なんで私の言うことわかってくれないの!?」とよく憤慨。

 

Mな男性方は、恋人にするなら心の準備をしてからお付き合いしましょう。

実に攻撃的なので、マジ切れさせたら蹴られたりビンタされることもなくもない。

ただ、バイオレントな映画を一緒に楽しめることはメリットですね。

 

支配欲が強すぎる

支配的な鬼嫁系S女ともいいましょうか。

とくに、我が子の将来を母親自身で決めたがるケースはわかりやすい。

「アナタのためなのよ」と言いつけながらも、独裁者のようで一方的。

 

子が言いつけに従わなかったり、自分の思い通りにいかないと過剰に癇癪を起します。

非常に強張った顔で「言うこと聞かないならゲーム取り上げるよ…!」と、生き甲斐を奪うような脅しをかけることも。

スーパーなどでよく見かける、子をきつく叱りつける母親達とは次元が違います。

場合によっては、強制的に言うこと聞くまで体罰を加える…というのもあり得ます。

 

恋人でいえば、親密な関係になってきた時に本性が現れます。

自分が行きたい場所も、恋人の購入品管理も、二人の家計簿も、ライフプランも、いつの間にか仕切っている…ということが多々です。

「アナタより私のほうが物事をわかってる」と基本軸にあるようなものなので、逆に説得させるほうが苦労します。

 

性癖的に、変態S女な特徴

 

一般的に見える女性でも、案外、隠された加虐嗜好があります。

それこそ頭文字のSは、真の意味でサディスティックになるわけで。

ここからは大人の世界の内容なので、興味のある方だけ続きをどうぞ。

 

痛がる・苦しむ顔に興奮する

「誰かをいじめたい」と密かに願望を抱えてるS女性は、稀にいます。

サスペンスドラマにある暴力シーンを見て、「見ていてワクワクする気持ちになった」と性癖に目覚めることも珍しくない。

同時に、真面目に生きてきたのに「こんな願望を抱える自分はおかしいのか?」と苦悩するわけですが、それは束の間。

 

実際、虐めても大丈夫そうなMっぽい男と付き合いたがるのもそうです。

男性の玉を握りしめたり、首を締めてみたり、切り刻んでみたりと、そんな自分が加虐をしてる妄想に走ってることもあります。

窒息プレイ、針刺しプレイ、玉責めプレイといった、痛みや苦しみを与えるプレイが難なくできるようになるS女です。

 

絶望した表情にゾクゾクする

こちらも性癖が歪んでいるといえば、確かに歪んでいます。

相手の何かが欠けた表情や、元気のない表情を見るほうが気分がいいという女性も実際いまして。

あるいは、相手の希望に満ち溢れた姿から、どん底に叩き落してやることこそモチベーションに繋がることも。

 

たとえば「あなたとは付き合えない」と告白を断り、ガックリと去っていく男性の後ろ姿を見てゾクゾクした言う女性もいます。

または多額の借金を代わりに背負わせ、「もうだめだ…」という顔を見るのがたまらなかったりと。

 

そういう趣旨を捉えた上で、「射精管理」もそれなり楽しめることでしょう。

射精管理されると自分では欲求解消できないので、長くいきすぎると精神的に苦しくなり、そのうち元気がなくなりますからね。

 

はしたない姿にして辱めたい

恥ずかしがる反応を見るのが楽しい女性もよくいます。

小悪魔系S女以上の上位版と言いましょうか。

男性を必要以上に屈辱を感じさせることに興奮を覚えますね。

 

たとえば、男性をチ〇グリ返しさせて、「ほら、毛がたくさん見えるよ?恥ずかしくないの?」と言葉責めして辱めてやったりと。

あるいは、鏡の前で自慰行為をさせて、「いつもそんな風にやってるの?キモイねぇ」と罵ったりと。

 

これに派生して、痴女的なS女の淫語責めというのもありえます。

「ねぇ、どこを責めてほしいか言ってごらん?」というふうに、言いづらいことを言わせることが楽しいと感じるのがこのS女です。

 

性癖を見分けるS女診断方法

男を押さえる女

 

アンテナの強いM男なら、女性を見ると女王様のオーラをまとってるか嗅ぎ分けられることもありますが。

とはいえ、見た目や喋り方だけでは、性癖的にSなのかMなのか見分けるのは難しい。

そこで、多くの人にとって簡単な診断方法も書いておきます。

 

ボディタッチをしてみる

たとえば飲みの場で、肩や背中にボディタッチをしてみるとわかります。

女性が困ったような表情しながら、背中がうずくまったり、クネ―ッと体を背けたりすればNかMです。

 

逆に、目つきがキーっ!となればS女の可能性が。

拒絶反応だとわかるほど、触る手から機敏に離れようとしたり、強めに振り払おうとします。

「気安く私に触れるな…!」というオーラを放つほど、空気が変わるので注意。

 

もちろん好きな男性に対してならば、時と場をわきまえたボディタッチは許されます。

むしろそれが閉鎖的というもので、好きな人とだけと愛を共有したいあまり、独占欲が強かったりするもので。

ということは、セクロス時も積極的に何かしら責めてきてくれること期待大。

 

セクロスでの積極性

セクロス時では、マウントを取るような「スパイダー騎乗位」を好む傾向があります。

女として、乗っかかられるように責められるのも悪くない。

しかし、上から男性を見下ろしながら観察したい、という心理もS女にはある。

 

そのため、男性が気持ち良さそうに呆けてる表情を見ては、言葉イジリをかけてやりたくなると。

男性が絶頂までいきそうとなれば、わざと動きを止め、焦らしをかけてイかせないこともあるでしょう。

 

ちなみですが、騎乗位時に、両手を握られた時に注目したい点。

男性の親指が下で、女性の親指が上であれば、それは支配欲の強いS女性だということがわかりますよ。

 

軽く叩く&叩かせてみる

潜在的な加虐嗜好を確かめるなら、これが一番です。

たとえば、いきなり彼女の頬っぺたにぺチンっ!と叩いてみる。

叩くのをためらうのなら、「虫が飛んでたから…」と言い訳を用意しときましょう。

 

もし「なにすんのよっ!」とブチ切れし、もし彼女がやり返してきた時がチャンスです。

そこでアナタは、か弱そうに体をうずくまるなり、「アゥチ!」と反応を示してみる。

彼女が面白がって追い打ちをかけてくるようであれば、S女の可能性が高いです。

 

あとは、無難に「俺のお尻を叩いてみてくれ」と素直に頼んでみてはと。

「なんで?」と聞かれても、「たまには変わったしたいなって」と理由でも付けておくとよいです。

 

S女との出会いを手っ取り早くしたいなら

手錠で男を縛る女

 

性癖で考えると、M女よりS女のほうがまだ少ない傾向があります。

加えて、一口にS女といっても様々なタイプがいるということでした。

アナタは責められるのなら、どんなS女がお好みでしょうか?

 

M男にも様々な種類がいて、求めるS女象も違います。

痛いのはなしで、ただただ罵倒されたいだけの男がいたり。

セクロスの主導権を握られたい男もいたり。

 

となると、アナタの性癖にマッチするS女をどこで見つけるか。

手当たり次第、合コン、サークル、マッチングアプリから探すしかないと考えていますか?

しかしそれでも、中々見つからないという人もよく聞きます。

なぜなら性癖を探る以前に、多くの女性は男性を見る時、まず第一印象や性格で精査してますので。

 

では性癖がマッチする相手を見つけるなら、どこで?となるわけですが。

それは、多くの人が利用する大手出会い系サイトです。

早い段階で、お互いのMとSの性癖が合うか判断したほうが、出会ってからのプレイもスムーズに行きやすくなりますよ。

 

性癖が合うS女を見つけるのにいいベストサイトは、以下のページで説明↓

お相手探し
自分の性癖に合う異性を見つけるなら、やはりここが最も良かった

続きを見る

 

リアルでS女を探すよりも、ネットならではの便利機能を使うことで、無駄に消耗しなくて済みます。

お互いに顔が見えないからこそ、腹を割って暴露できる世界がそこにあるからこそです。

 

それではS女の特徴を踏まえた上で、S女探しの旅へお出かけください。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.