裸見られたい露出願望がある人にベストな性癖解消法を提示します

露出をしている男

 

元気よく性にすこぶる男女は世の中になりました。

あなたは、裸を見られたい露出願望が、何となくでもありますか?

露出性癖を持つ人は珍しくもなく、一定数います。

 

本来、露出というのは野外で一糸まとわず裸になること。

羞恥に身をさらすことで、非日常なスリルを味わいながらも、開放感を抱きます。

 

それはどんなプレイよりも突き抜けていて、最も度胸のいる行為でもあって。

露出プレイに快感を感じるようであれば、それはもう立派な露出狂。

 

見つかってしまえば、間違いなく公然わいせつで拘束されます。

その露出者が女性であれば、強姦されても自業自得として切り捨てられてもおかしくない。

 

そういったスリルを孕んだ中での露出願望は、とても性的欲求が高まりやすいのが実情。

更にストレスの捌け口として、露出をすることが多くなるので、露出癖が過剰になることも。

 

というわけで、『露出願望のある方の解消方法』について、説明していきましょう。

このページを読むことできっと、あなたの露出願望の解消の糸口が見つかるはず。

 

露出願望の種類

まず露出願望がある人が抱く、性癖を見てみましょうか。

  • 1 露出症
  • 2 ストリーキング
  • 3 ヌーディズム
  • 4 ボディペイント
  • 5 ストリップ

 

代表的なのがこの5つです。

では、詳細を掘り下げながら注視していきますので、あなたがどんなシチュエーションに興奮してしまうのか、要チェック。

 

1 露出症

露出狂

 

露出症とは、一般的に露出狂という言葉で表す種類です。

最も捕まる確率が高いのが、この露出癖。

 

公共の場などで、裸や性器を露出して見られることで、「快感へと変換する」という、常識から外れた露出願望。

大勢の女子の中で、「キャーっ!!この変態!!」と言われたとしても、裸を見られたことに興奮してしまいます。

ある学校で、男子が女子更衣室に全裸で突入したという事件もあったくらいで。

 

厳密に言うと、裸を見せて相手を辱めることに興奮を覚えるサディズムがいたり…

または裸を見られることによって、自分に対しての「羞恥心」に酔いしれるマゾヒズムがいるわけです…

 

2 ストリーキング

自転車に乗ってる裸女

 

ストリーキングとは、裸で公共の場を走る行為を意味します。

ですが、特に性的な意味はなく、現代でいう流行りの一種。

 

発祥は外国ですが、一部の人間からは絶大な支持を受けており、今もマニアには根付いています。

現代にまで、ストリーキング文化が残っているといった経緯があるのだとか。

 

きっかけとしてはラグビーの試合で、5万人を超える観客の前で「一人の男が全裸で駆け抜けた」ことから始まったと言われています。

まぁ日本でも夏になれば、ビーチを全裸で走り回る若者も稀に見かけますが、願望というより悪ふざけによる動機がほとんどかと。

 

3 ヌーディスト

ヨガをしている裸女

 

ヌーディストとは、思想上の理由から裸体で生活する人達のことです。

野生同様に自然的で、裸になって生きることに喜びを見出せます。

 

実はこちらも、性的な意味合いはありません。

古来より人というのは、生物の中で唯一、服というのを身に着けて生きてきましたからね。

 

ですが生物である以上、より野性的な生活を求めることもあるわけです。

また、こういった人達を総称して、裸主義=ヌーディズムとも言います。

 

世間的に有名なのは、ヌーディストビーチがあります。

よくアダルトサイトで画像などが貼られたりするので、誰もが一度は見た事があるのかな?と思います。

 

4 ボディペイント

ボディアートの女

 

ボディペイントとは、その名の通り、全裸に塗料で色を付けます。

あたかも服を着ているかのようにしますが、実はこれも露出癖の一種。

このボディペイントには、二種類の意味合いがあります。

 

一つ目は、ペイントファッション、芸術としての側面。

ペイントで自身の身体を装飾し、個性的な表現を示そうという思想が根底にあります。

ボディペイントの基盤でありますね。

 

二つ目が、その芸術から歪んで生まれる、性的興奮が帯びたプレイとしての側面。

「ボディペイントをしてコンビニやスーパーに行って、気付かれないだろうか? …怪しまれないだろうか?」

という好奇心からハマっていきます。

しだいに場所の難易度を上げていくことで、興奮と開放を繰り返していく人もいます。

 

日本ではめったに見られませんが…

ボディペイントの姿にハマる頃には、立派な露出狂としての一面が出来上がっているでしょう。

 

5 ストリップ

ストリップをしてる女

 

ストリップとは、「ストリップショー」の略です。

音楽に合わせて、人前で服を脱いで裸となって踊る人達を指します。

 

ストリップとは昭和を黄金期として、今では数える場所でしか行われなくなった、絶滅危惧種のショータイムです。

 

AVなどは裸になって、女性がセックス中に喘ぐ姿などがありますよね。

しかし、露出願望のある方すれば正直、美徳とは言えない。

なぜならそこにはちゃんとした理由があります。

それは、男性が快感を得るために、ただの視覚映像として撮影しているから。

 

ですがストリップというのは、女性の裸の美しさから「美徳の極致」と言われ、見ている者に感動と涙を与えます。

その踊りとはただ美しいだけではなく、生まれたままの姿に生き様を乗せた人生そのもの。

 

ストリップをする女性達は皆、全裸を露出することに羞恥を抱く事はなく、見られることで美しくなる。そう認識しています。

AVみたくエッチな感情はない

そこには女としての輝きを求めた故の露出があるのだと。

 

と、ここまで種類を紹介してきました。

露出願望のあるアナタは、この中にある種類から、何か自分に当てはまるものはあったでしょうか?

 

安全で捕まることがない自宅での露出プレイ

自宅の場合は、露出プレイする方法が二つほど考えられます。

ぜひ参考にし、実践してみください。

 

窓ガラスにマジックミラーフィルムを貼る

官能的な愛撫

 

マジックミラーフィルムは、中から外の様子が見えるけど、外からは鏡のように見えて中がわからない

窓ガラスをキレイに拭き、内側からフィルムを貼るだけで完了。

これなら昼間でも恐れるなく、堂々と窓ガラスの前で裸になれますね。

 

露出プレイ(疑似)として、「窓ガラスに押し付けられながらの立ちバックセックス」ができます。

「実は外からも視えてるんじゃないか?」という風に、自分で想像を膨らまして楽しめます。

 

もし、「自分はノーマルだけど、パートナーが露出狂」だという人がいましたら。

窓ガラスにフィルムを貼ってあることを内緒にしておくと、プレイに大変興奮することでしょう。

 

ただ、これを露出と言わない人もいますが…

実際問題、「公然わいせつにならないプレイ」となると、これくらいがセーフの範囲でしょう。

逆を言えば、完全露出とはそれほどスリルのある行為だと、ここで再認識していただけたらなと。

 

わずかでもスリルが欲しいのであれば、ビルやタワーホテルの上階からでしょうか。

反対のビル、または視力の良い歩行者から、わずかながら肉眼で見られる可能性がなくもない。

 

アダルトビデオチャットを利用する

 

アダルトチャットライブでは、女性との2WAY(ビデオ通話)ができる機能があります。

自分自身も映し出せるので、オナニーのお晒しまでする露出狂はよくいるんですよ。

 

ただ国内のアダチャでは、性器露出は原則として禁止されてます。

なので性器を露出したいとなれば、海外にサーバーがあるDXLIVEをおすすめします。

男性のためのDXLIVEについてはこちらを参考↓

大人の遊び
モロやりすぎ! アダチャ業界の大手DXLIVEはハマるとの評判

続きを見る

 

男性は課金する立場となってしまいますが、アダルトな場だからこそ、心おきなく裸になれますから。

裸を見せつけると恥ずかしがる女性もいれば、言葉責めをしてきてくれる女性もいますよ。

公共で裸を見られたいからといって、大胆な行為に走るよりかは、よっぽど健全です。

 

女性の方は、「DXLIVE」のパフォーマーとして裸見られながら稼ぐのがおすすめ。

露出解消できる上、お小遣いまでゲットできて一石二鳥ですので。

女性のためのDXLIVEについては、こちらで↓

露出女最適
稼げるアダルトライブチャット「DXLIVE」の秘密について

続きを見る

 

なによりも、誰だか顔が見えない男性に「のぞき見」をされると、妄想をかき立てられて気持ちいいですよ。

「いつ」どのタイミングで、誰にオナニー目撃されるかわからない、そんなドキドキ感がたまらないと聞きますから。

 

外で裸見られたいなら、低リスク安全スポット3選をご紹介

それでも野外にこだわりがあれば。

露出願望を少しでも満たすための、安全といえるスポットを紹介しときます。

 

混浴温泉

風呂桶

 

女性の方、露出といったら混浴温泉ですが、思い付いてました?

同性に見られても性的興奮はしないでしょうけど、異性に裸を見られたいなら、これほどない手段です。

温泉の中で緊張感ある露出というのは、ぜひ裸を見られたい人にオススメしときます。

 

普通の女性は抵抗があるのでまず行きませんが、露出狂には打ってつけ。

混浴温泉に通い詰める、オジサン達(ワニ)は各所に必ずいるほど。

ともあれ日本の温泉文化に感謝しましょう。

 

スタイルのいい女性が混浴に行けば、中年男性にイヤらしい視線で舐め回されたりと、ジーっと視姦されることは間違いなし。

若い男性は、裸の女性を見るのは気まずくて、チラ見でしょうけど。

オジサンになら少しでも誘う目線を送るものなら、今にも乱交が始まりそうな、そんな危険性を感じるほどです。

 

ただし、露天風呂は堂々と裸になれても、オナニーは禁止

オナニー行為は「公然わいせつ」で訴えられる可能性が高くなります。

 

夜の森林公園

森の中の裸女

 

とくに夜間で、山の中での森林公園は街頭が少なく、非常に不気味な感じがします。

山の森林公園は人の気配が少ないですが、裸になって露出行為をするのには打ってつけ。

 

ただし夏ならば、虫刺され対策にスプレーをしなければ。

あと熊に遭遇しないよう気をつけないとですね。

 

利点と言えば、

「暗闇なら顔が特定されにくい」
「見られたらすぐ茂みの中に逃げれる」

といったところ。

野外プレイや青姦したい人達が、よくスイートスポットとして利用するようです。

 

それじゃ露出のスリルがないんだ!」という露出狂の方は…

せいぜい、車が通る道の周辺の、草むらの中がいいでしょう。

ライトに当たるか当たらないかのギリギリ位置に立ちながら、露出プレイを楽しむといいんじゃないでしょうか。

 

世界に数ヵ所あるヌーディスト村

海辺で歩いてる裸の男女

 

裸見られたい… 裸で生活していたい…

というように、日本で狭い思いをしてるアナタには朗報です。

海外に行ける(または移住)ことが条件ですが。

 

私が知っている場所でいえば、例えば、フランスのアグドというエリアにあるヌーディスト村

そこでは、堂々と全裸になって過ごせます。

さらには、ゲイのためのビーチやバーもありますよ。

 

裸を見られたい人には楽園すぎるでしょう。

レストラン、ホテル、スーパー、郵便局、ビーチ

村の中なら、どこでも裸になって歩き回ってよし。

 

とくにビーチに行くと、全裸になっている人がかなりいます。

他人が見ている前だろうと、堂々と性行為をするカップルもかなりいるという話で。

 

しかし露出願望の女性の場合、さすがに一人で行くのは、複数の男性に囲まれる恐れが。

露出性癖に理解ある男性に付き添ってもらうことをオススメします。

 

露出プレイを受け入れてくれるパートナーはいる?

窓際に立ってる女

 

露出プレイをするにもヌーディスト村に行くにしても、露出願望を受け入れてくれるパートナーがいいですよね。

やはり、屋外プレイに興味ある人を探すことに限ります。

 

もしくは、露出願望が無い相手にせよ、露出を見て興奮する性格の方と相性が合います

 

とくに、裸を見て興奮する方の中には、カメラ好きに多く見受けられる傾向があります。

趣味がカメラという方であれば、あなたの露出願望を理解してくれる可能性は十分に。

露出姿をカメラに収めてもらえたり、共に新たな境地を目指せることでしょうし。

 

野外プレイに興味ある人を探すなら、アダルトマッチングサイトだと見つかりやすいです。

私が唯一おすすめできるマッチングサイトがあるのですが、こちらで解説してます ↓

 

露出願望の人の解決方法のまとめ

今回ご紹介した内容の中で、特にお伝えしたいこと…

それは、露出した時の性的欲求の解消方法として…

露出願望で集まった人同士で露出プレイ』というのが、ベストアンサー。

 

露出願望というのは、簡単に抑えられるものでもありませんし、中々理解されることが難しいです。

ある種の禁断症状に近い部分でもあるので。

気持ちが高まりきった者同士の方が、より刺激を味わい、より気持ち良くなれます。

 

それから、裸をさらけ出せる場所に行うことです。

  • 混浴温泉での視姦
  • 人目につかない山地
  • ヌーディスト村
  • 自宅での窓際
  • ビデオチャット

これらがリスクが限りなく少ない手段となります。

 

また、誰かと野外で露出する際は、相手にも共犯性を負わせてしまうということを忘れずに。

なにわともあれ、アナタが最高のスリルを味わいながらも、健全なプレイをされることを祈ってます。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.