飼い主に相応しい男性を見つけたいなら、相手の見極め方を知ろう

犬の首輪

 

飼われたい女性がよく好むアダルトコンテンツ、SMよりの監禁だそうで。

空想だけでなく、「現実でもそんなことが起こったらな…」と、淡い期待を抱えてるんじゃないでしょうか。

とは言っても、女性を一方的に閉じ込めるような、暴力的行為のことではないですよ。

 

作品で脳内妄想して終わり… それだけじゃ何か満たされない。

でも女性に苦痛を与えて喜ぶような男だけには会いたくない。

まぁ、その気持ちもわからなくもないですよ。

 

では、「飼われたいけど、どんな男性が相応しいのか?」

その願望を解決するための道筋を提示していこうかと。

 

「自分だけの愛具にして、一生可愛がってやりたい」という、そんな特殊な愛情を持つ男性もいますし。

アナタの飼われたい願望、遅かれ早かれ、きっと叶います。

 

また、運命のご主人様と出会った時のために、大切に可愛がられる振舞い方もお伝えしきますね。

その上で、「自分がそのような行為ができるのか?」、よく考えてみてください。

 

まず最初に確認、アナタの飼われたいとはどんな願望?

男に忠誠を誓う女

 

飼われたいといっても、女性によって意味が変わるようで。

意味を受け取る側の男性としても、誤解しかねません。

まずは、アナタの飼われている脳内イメージを確認させていただきたい。

 

リッチに養われたい?

白馬の王子様にお姫様扱いされて… というリッチなイメージなのか。

単純に玉の輿として、ただ「養ってもらう」としての飼われ方もあります。

 

それなら、パパ活というマッチングアプリを使うといいですよ。

「弁護士」「外資系」「医師」「経営者」「会計士」などの職業の人達に狙いを定めて探す。

それだけで、高収入の男性と巡り合えるでしょうから。

 

数限りないですが、専業主婦としてじゃなく、ペットにように飼われる関係… というのも確かにあります。

家事はしなくていい、家でゴロゴロと好きなことだけしていていい。

食事も毎日、宅配サービスを使うかレストラン三昧。

何も不安になることを考えなくていい、ただただ、ご主人様の求める要求にだけ答えればいい。

 

でもそうではなくて、アナタの「飼われたい」というのは、経済的な話だけじゃないですよね?

 

性奴隷的な飼われ方でもいいのか

自分の求める男性に必要とされ、尽くし喜ばれることで、自分の居場所を見つけたい…

もしくは、ペットプレイを含んだ意味での、飼われたい願望なのか。

 

ご主人様にも、ペットになる女性の好みはあります。

どちらかというと、主従関係を好む男性は多いですね。

 

たとえば、「ほら、しゃぶるんだよ」と強要されても、すんなりいけますか?

演技でも、喜んで奉仕してあげれれば、飼い犬としての素質はあります。

 

「どのように扱われたいのか」、最初にハッキリさせておかなければと。

  • 四つん這いで、口だけで食事する犬遊びは平気なのか?
  • ただただ猫や犬のような扱いで、可愛がられたいのか?
  • ご主人様の言いつけを守り、時には罰も受けられるか?

要は、アナタが「従うことは苦ではないか?」

それにより、ご主人様探しは変わってきます。

 

ペット願望もあるというのであれば、性奴隷と関連性があり。

もしアナタが、「ペットでも性奴隷でもいいから、誰かに飼われたい…」と思うのであれば。

ついでに、こちらも読んでもらえればと↓

 

なので性奴隷の道に進む前に、一度よく考えてから、ご主人様探しをしてください。

 

密かに女を飼いたいという願望を持つ男性の探し方

 

女性を飼い、自分の思い通りに管理したり愛玩にしたい…

そんなヤバそうな願望を持つ男性というのは、確かに存在します。

 

とはいえ、ホラー映画のように現実になったらどうしましょうか…

メールのやり取りで「監禁してみたいな」などと、突然言い出してくる男性がいたら…

冗談でも、会うのはオススメできません。

 

女の自由を奪って部屋にカギかけて…

という、アブナイ妄想を実行に移したがっているかもしれません。

 

サイコな男性にDVされて、ずっと閉じ込められて、闇に堕ちる人生…

飼育されてはいるけど、家族も友達にも会わせてくれない…

いくらなんでも、飼育されたいM女でも無理があるのではないかと。

 

理想なのは、想像力が豊かで、疑似監禁のシチュエーションを作り、ドキドキさせてくれる男性です。

女性がプレイに夢中になって我を忘れても、常に冷静さを備えていて、コントロールしてくれる人。

 

そんな男性を出会い系アプリなどで、見つけるためのポイントをお伝えします。

 

男性との会話やメールで注意すべき点

マッチングアプリ

 

会話やチャットでは、「実際に会ったらどんなことをしたいですか?」と必ず質問。

SMや飼育願望にかぎらず、アブノーマルのカテでは、絶対に忘れないこと。

 

鍵をかけての監禁や、手錠で完全に自由を奪うことに対して…

「いいじゃん。飼われたいんでしょ? Mならそれぐらい大丈夫だよ?」などと固執してくる男性はNG

「最初は首輪をつけるぐらいにしよう」などと言える、余裕のある男性が望ましい。

 

また、ネットで出会ったときの心得。

できれば、初対面では飼育プレイをしないことです。

「最初の日はプレイもセックスもしない」
「首輪をつけてお話をするだけ」
「四つん這いになるだけ」

というように、会う前に約束しておくと。

 

なぜなら、プレイ事故を起こす男性は、妄想で、はち切れそうになりやすい。

女性の気持ち、身体への負担には気づかずに、初回のプレイでいきなり無茶なんていうことも。

飼育プレイのつもりが、監禁プレイみたいなことにする男性もいるので。

 

いくら飼われたいからといって、ルールを守れない男性に、身を授けることはできないでしょう。

とにかくコミュニケーションを重ねるだけ重ねて、相手の嗜好や考え方を見極めることです。

 

チャット・メールのやり取りでプレイの展開が決まる

iPhoneをいじってる女

 

自分から飼われたい願望を伝えるには、どんな表現を使ったらいいか。

SM的な関係を望む女性は、どんな言葉で男性を誘ったらいいか、とても迷いますね。

 

S側が命令したり支配する側なのに、Mの方から「こうしてほしい」と言えないでしょう。

「命令」⇒「服従」という主従関係や、SMの流れが崩れてしまうので。

「M女じゃなくてワガママなだけだ」と誤解される可能性もあるでしょうから。

 

そこで、ダイレクトではない誘いの言葉を使ってみる。

どんなプレイを展開したらいいか、相手の男性に具体的に想像させるために。

 

飼育ごっこしたいなら、遠まわしすぎない程度にこう表現するといいかなと。

・囚われのお姫様に憧れている
・好きな人の愛犬として飼われてみたい
・お世話されたり躾けされたりしたい

 

相手の男性の反応から、アナタの願望がマッチするかどうかを把握できます。

Sっ気のある男性ならば、会う前にやり取りした会話を記憶してくれるので、プレイの流れを作ってきてくれますよ。

 

もしくは、このように言うのでもOK。

こんなシチュエーションを想像して、オナニーしてしまうことがあります…

こう聞いたS男性は、イメージを膨らまし、プレイ内容を考えることに命を燃やします。

 

ご主人様と呼べる相手かどうかは会う前に判断

女性の願望や妄想を、ただただ「うんうん」と肯定してるだけの男性だと…

SMプレイをしても、何の感動も得られないだろうということです。

 

たとえば、女性から「首輪をつけられたい」と言ったとき。

男性から、「つけてあげるよ」という返事しか返ってこなかったら、会ってもガッカリするかもしれません。

 

逆に言えば、メールのやり取りの中、新しい想像を膨らましてくれるような人となら、プレイを楽しめる可能性が大きいです。

 

「サイズはどのくらいか、二人でペットショップに買いに行こうか」
「その場で付けて見せてもらうからね。大勢の人が見ているところでね」

 

というように、想像を盛り上げたり愉しませてくれる男性が好ましい。

愉しいと感じた男性なら、実際のプレイでも、スリルと共に興奮を与えてくれます。

 

ではその点を踏まえた上で、ご主人様をどこで探せば見つかるのか。

相手も「飼いたい」というなら、お互いに変わった性癖となります。

ならば、適所となるサイトで探すことが望ましいです。

 

たとえば、飼われたいというアナタなら、まさに「PCMAX」で探すのが相応しいですよ。

有名な出会い系サイトですが、多くの女性に認知されてるので安心して使えます。

 

初めての飼育プレイはどこで行ったほうがいいか

ホテルの看板

 

次に大切なのは、最初の飼育プレイ(ペットプレイ)は、どこで行ったらいいか。

飼育というシチュエーションを、二人で一緒に共有する「ごっこ遊び」にするために。

確信できるまでは、相手の自宅も避けたほうがいいかなと。

 

「檻の中」「廃墟」「地下室」「鎖につながれて…」

というのは、あくまで想像だけに抑えておくこと。

どんなに憧れをかき立てられても、そんな場所についていかないでくださいね。

 

20世紀の昔に、岡山にも監禁プレイができる場所があったのですが、現在はもうないようです。

 

ではどこがいいか。

・牢屋の雰囲気のあるSM専門ホテル
・ラブホテルのSMルーム
・ハプニングバー

などがあります。

しかし地方となると、そういった施設の数は多くはありません。

 

場所は無難に考えると、「入口に監視カメラのあるラブホでプレイ」。

ラブホなら、よほど経済面に余裕がないかぎりは、連泊することはないでしょう。

おすすめは、2~3時間の休憩だけと約束する

 

初回のプレイは、お互いの相性を知るためとして、

「どんなことがしたいのか」
「自分の限界はどこか」
「目指すところが一致しているか」

といった目的で行くのがよろしいかなと。

 

※飼育プレイと監禁プレイは共通点があります。

こちらのページも興味があればご参考を↓

 

ペットごっこのシチュエーションの演出方法

四つん這い

 

ペットごっこの基本は、半強制的に自由を奪われた状態になること。

S男性は、M女性を鑑賞しながら生活することで、生きるエネルギーになります。

 

ご主人様にお世話してもらっている、管理されている

そんなスリリングな劇を二人で演じるプレイです。

 

S男性は「自分に依存しているM女性をこの上なく愛しい」と感じる。

M女性は「自分はご主人様によって生かされている…」という幻想を楽しむ。

 

最低限のルールを決めることはもちろん。

安心安全を確保すれば、長く楽しむことのできる支配的プレイです。

 

ルール① 拘束は首輪だけ、もしくは片手だけにする

鎖付きの首輪

 

たとえギッチギチの拘束に憧れていても、最初のペットごっこではしないほうがいいです。

縛っては解く緊縛プレイとは違います。

 

拘束感を味わえるように、片手片足だけをベッドに縛り付ける

または、首輪を付けられ、男性に鎖でリードをされるプレイに留める。

 

アダルトグッズの手錠を使う場合も、片手だけをベッドの足などに繋ぐのがいいです。

現実にいる、鎖に繋がられている犬の気持ちがわかるようになるでしょう。

 

ぜひ繋がれて服従することを味わってみてください。

どれほどロマンティックな支配なのか、身をもって思い知らされますよ。

 

ルール② 「1時間だけ」と時間を限定する

アンティークな時計

 

組み立て式ケージを持参して、ペットごっこをするSMカップルもいますね。

ケージの中で「ミャオミャオ」鳴きながら表情を訴えるM女さんに、男性はそそられるようで。

 

ですが稀に、好ましくないこと起こる可能性があります。

それは、エコノミークラス症候群というもの。

 

どんなにペットがケージに入ることをマネするのはオススメしません。

クローゼットや檻のような場所に閉じこめられるのは、プレイの範疇を超えています。

数時間も身体が動けない状態だと、気づかないうちに、不調が起こす可能性があるからです。

 

ペットごっこは時間を決めることが大切。

連続でやると決めた場合も、1時間に一度は休憩を入れること。

 

ルール③ 食事を管理する

愛犬は、ご主人様に食事を与えられたときにも、喜びをありったけ見せること。

お願いします、何か食べさせてください…

とお願いし、食べさせてもらうことで、飼い主と愛犬の関係が始まります。

 

SMプレイの最中、食事の時間は素に戻ってしまいがちですが。

許可をもらって「食べる」「食べさせてもらう」という支配関係を忘れないことですね。

 

愛が深まってきたSMカップルの中には、ご主人様が咀嚼したものを口移しで食べさせてもらう…というのもあります。

その瞬間が、いちばん愛情を感じる…と言うM女性もいるようで。

 

ルール④ 排泄を管理する

また、ちょっと下品な話ですが、女性がオシッコしているところを見たがるS男性もいます。

何をされるよりも、「オシッコを見られるのが恥ずかしい」といいながら性的興奮するM女性ならマッチしますね。

 

いえ、主従関係を誓うなら、多少のことは嫌だろうと、ご主人様の望みを叶えたいですよね。

お願いします…トイレに行かせてください…

うるうるした顔で許しを乞い、排泄管理させてもらってください。

 

排泄する恥ずかしさをこらえている姿こそ、S男性の興奮を高めてやれます。

同時に、「大切にしたい」という愛おしさを感じますので。

 

主従というSMは、普通のセックスとは別世界です。

「できない」と思うことでも、ご主人様に命じられてできるようになったら。

その時から、二人を深い絆で結び付けてくれますよ。

 

さてと、ここまで大事なことをお伝えてきました。

あくまで、ロールプレイだということを忘ないでください。

思いっきり男性に頼る、とことん女性を可愛がる、心と心のプレイだと覚えてもらえればなと。

 

飼ってあげたい男性と飼われたい女性が健全に出会えることを願います。

縄や鞭などの道具に頼るプレイとは違う、精神的な絆を感じてもらいたいです。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.