性奴隷プレイも楽しませてくれる人達の特徴を教えよう

横たわってるマスク女

 

まだ知らぬ愛しのご主人様に出会い、全てを捧げたい…

あなたは密かに性奴隷になりたいと思っていますか?

性奴隷願望があるのであれば、解決案を提供したいです。

 

ご主人と性奴隷的な関係を結んでる、とある方の話を基に説明していきます。

実際に奴隷にされた側の扱われ方や、従順な心持ちなどを事細かに。

 

奴隷願望がある方が、この先、どうしたら理想のご主人様と関係を深められるのか。

性奴隷になりたいアナタにとって、性生活にも関わってくる大切な話。

しっかりお読みいただければと思います。

 

性奴隷がほしいという人達の特徴は?

まずは、性奴隷ほしいと思ってくれる人の特徴について見てみましょう。

恋人(ご主人様)を探す時の手がかりにもなるはず。

 

エロアニメ好きであること

性奴隷が欲しいという男に多いのが、ダントツでエロアニメ好きです。

意外かと思われますが、エロアニメを見る男性の心理として、現実離れした夢を味わってみたいという逃避思考があるから。

 

例に習って、エロアニメでは性奴隷というジャンルが非常に多いです。

その手の女性は皆従順で卑猥な痴女であると考えています。

また、開発や調教に興味津々なのもアニメ好きの特徴。

 

逆にエロアニメを見ない一般的な男性というのは、

女性をちゃんと人として見ているので、「性奴隷」ではなく、俺のモノという感覚の「セフレ」の見方で接します。

そもそも「性奴隷」という概念がありません。

 

経営者であること

性奴隷にしたがる男性の他には、経営者といった実業家によくいます。

というのも、社長という孤独な立場の人間は、時間を相手に合わせるのを非常に毛嫌いをします。

プライドなどもありますが、労働時間が圧倒的に異なる為に、ライフスタイル自体も崩れがち。

 

そこで、不満やストレスが溜まると、発散しなくてはなりません。

ですが他人に合わせるのがイヤなため、選択の幅が狭くなります。

 

都合の良い人として、相手に尻を敷かれたり振り回せられるのは癇に障ります。

そうなってくると逆に、都合の良い奴隷を傍に置いておけばいいという結論に至り、性奴隷を欲すると。

 

補足として、経営者の多くは非常にストレスが溜まりやすいです。

そのくせ発散の仕方がヘタクソです。

ただのセックスに限らず、SMプレイとしてもかなり激しい。

 

性奴隷になりたい側はどのような扱われ方をされる?

性奴隷にされたい場合、男女別に扱いの違いについて見ていきましょう。

アダルトだけでなく、ちょっと怖いかな?という話も含まれます。

 

男性が奴隷になる場合

ベルトで締められてる男

 

男の性奴隷の場合、ご主人様である女性の足を舐めるのはモチロンあります。

欲を満たす為に、全身をくまなく弄り回されることも。

 

ご主人様女性の傾向が、男性の悶える姿を見るのが好き…

というドS女性が多いためか、男性のティンポを徹底して、悶絶させる内容が豊富です。

 

尿道からカテーテルを差し込んだり、ペニスバンドでアナルを前立腺ごとガバガバにしたり。

一歩間違えば機能不全に陥る寸前の行為が多いです。

 

中でも男の潮吹きは失神モノです。

精液をぶちまけた後に亀頭を執拗に擦られて、全身がガクガクと痙攣しようがお構いなし。

最後は盛大に潮を噴水のようにだらしなく撒き散らして失神。

 

この時の心理として、別にセックスがしたいわけではありません。

とにかく男奴隷のみっともない姿が見たいんです。

 

その為、男奴隷の将来的な末路としては、お尻を前立腺で感じる性器にされます。

ティンポに特殊な刺激を与えすぎるが故に、勃起不全のEDティンポに変えられると。

やがて完全に無能になったら、捨てられるのは目に見えていますね。

 

女性が奴隷になる場合

首輪を繋がれてる女

 

女性が性奴隷になった場合、男の扱いよりも酷いこともよくあります。

なにしろ男なだけあって、ソフトSからサイコパスなドS男性も存在しているので。

なので性奴隷になりたい女性は、男性を慎重に選ばなければいけません。

 

足舐めなどは男と変わりませんが、サイコな男性は遠慮無しに中出しをしてくることも。

それから子が産まれては都合が悪くなるので確実に堕胎させます。

 

良いご主人様であれば事前に避妊手術や薬で避妊をしてくれるでしょう。

非人道的なご主人様は、自己責任にすり替えさせることも。

 

そしてあらゆるプレイを楽しみ、やがて飽きてきたら、売春行為をさせるようになります。

当然と言えましょう。男と違って女はそれだけでお金になるので。

風俗なり、知り合いやツテなりでお金を貢がせるようにしたり。

 

しかし、生粋の女性奴隷は、いつの間にか受け入れてしまうことも。

「自分には人権がない」というのを奴隷宣言する時点で体が覚悟します。

最終的に女性は体のケアが出来ず、身体がボロボロになり、悲惨な末路を辿ることも…。

 

そんなシチュエーションに興奮できないなら、安心できる男性の探し方についてこの記事もご参考ください。

【飼い主に相応しい男性を見つけたいなら、相手の見極め方を知ろう】

 

性奴隷としての奉仕やプレイの仕方

性奴隷になりたいのであれば、あくまでもプレイの一環として知ること。

ご主人にどのような振る舞い方だと、悦ばせられるかについてです。

 

服従ポーズ

ランジェリー姿の女

 

奴隷プレイのおススメとして、まず挙げておきたいのが服従のポーズです。

イヌやネコのように首輪を付けられて、全てを曝け出しながら指示に従うこと。

なんて愛らしい奴隷だろう…

 

主人にお尻を向け、四つん這いになってお尻をクネっと上げてあげれば、ご主人のプライドをくすぐってやれますね。

ご主人の快楽のためだけに、自身の人間部分を捨てられる奴隷なんて中々そういません。

性奴隷になりたいという気持ちが強い人なら、すんなりできるようになるはずです。

 

主人の真っ正面に立ち、服従ポーズを取りながら肉棒を頬張りご奉仕してあげることです。

そうすることで、気持ちよさと同時に、ご主人様の優越感をくすぐってあげられます。

 

靴や足舐め

男に忠誠を誓う女

 

ご主人の足や靴を舐める行為こそ、「私はあなたの奴隷です」とアピールできます。

性奴隷になりたいアナタなら、何なりと好きなように扱われたいでしょう。

愛するご主人に対してなら、これぐらいの行為ならできますよね。

 

まずは正座になり、両手でご主人様の片足を支えます。

肉棒を舐め上げるように、足の裏から足の先まで物欲しそうに舐めるんです。

または哺乳瓶のニップルをしゃぶるように、親指もしゃぶることです。

 

「はしたない奴だな」と、上から見下されることもあるでしょう。

しかし一生懸命さが伝われば、ご主人もその気持ちに応えたいと、椅子から立ち上がってくれます。

それから、アナタの心から求めるSMプレイが始まりますよ。

 

ご褒美を与えられる

膝で四つん這いをする女

 

四つん這いになりながら、愛撫やローターなどで焦らして「待て」と言い、その場に放置。

数時間後に一歩も動かずに、焦らしを耐えます。

 

そして、ご主人の肉棒を授かる時には、大いに喜び、自ら挿入する姿を懸命に示してやることです。

ご主人は愛くるしい気持ちになり、ぎゅーっと抱き締めたくなります。

 

その我慢し続けた潤んだ瞳と、恥も外聞も捨てた必死な姿勢はペットそのもの。

ご褒美プレイは一度したことのある方ならご存知かと思いますが、相当ハマります。

 

また、お食事のご褒美として、ペット食器に入ったミルクを飲ませられることも。

「さぁ、お前の好きなフラペチーノミルクだぞ」と、手を使わせずにペロペロ。

 

深夜の山奥で全裸散歩

犬マスクをしてる女

 

深夜の全裸散歩は性奴隷プレイの1つ。

首にリードを付けて、電信柱では尿によるマーキング。

 

定番過ぎるといえばそうですが、案外この散歩をする人はかなり少ないです。

奴隷プレイの基本は、奴隷を人と思わない。

ペットのように接することで、主従関係が生まれやすいのは確かですね。

度胸があるなら試してみるといいでしょう。

 

あるド田舎の山中で、人が人をペットみたいに四つん這いにさせて…

常識的に考えて「そんなプレイあるわけないだろ?」と思いますよね。

しかし、人を歩かせているという人の話を聞いたことはあります。

 

アナタも性奴隷として扱われながらも、自分を愛してくれるご主人様に出会いたいですよね?

となれば、リアルで探すよりもとある大手サイトで探すと、今までなかったチャンスが訪れるかもしれないですよ。

詳しくは下記のページで↓

お相手探し
自分の性癖に合う異性を見つけるなら、やはりここが最も良かった

続きを見る

 

ご主人と性奴隷を受け入れた女性達のお話

2人の女を調教している男

 

ここからは、女性奴隷が二人がいるというある方の体験談。

いずれも、20代半ばの女性で、二人は同居という形で主人宅に居るという。

一人はスレンダーで明々快活な24歳、もう一人は26歳グラマラスな脱力系女子。

 

女性二人は仕事はしておらず、昼間は呑気に仲良く二人とも裸のままゲーム。

ご主人が仕事から帰ってくると、真っ先に抱き締めて来るのが24歳の方。

まるで懐いた猫のようにニャンニャン甘えてくるそう。

 

帰宅後からの日課といえば。

26歳の方はご飯を作るので、その間に主人はお風呂。

24歳の方は、その風呂場までよく猫のようについてくると。

 

ここまでは、普通のように思われるかもしれません。

主人いわく、性奴隷というよりも性ペットに近いので、優しく扱いやすいという。

 

月に何回か、夜になると山奥で二人をノーパン(たまに全裸)にさせて外を歩かせるらしく。

二人とも、最初の頃はモジモジしていたけれど、一年で恥じらいもなくなったと。

今ではウキウキとステップなんか踏んじゃってるそうです。

 

とくに、月夜に照らされる体は美しく見えるというんだそう。

二人は今では恥ずかしげもなく、電信柱に股を開き、おしっこ。

元々、性奴隷になりたいというより、服従嗜好のある女の子達だったからか、こんなこともできたんだそう。

 

散歩を終えて帰宅してからは、冷えた体を風呂で温めて、主人の前に裸でお座り。

夜はいつも、その「お座り」が性奴隷としての奉仕をする準備が合図。

 

二人は自分達用にわかるシールが貼られたバイブを手に持って、オナニーを披露。

悶えてイキそうになる度に「待て」の一言で動きを止めさせる。

 

そうやって、小一時間の寸止めオナニーをさせるんだと。

我慢の限界が近くなってくると「よし」と言って解放させて1人ずつイカせる。

それから、主人と性奴隷の高揚が高まったところでセックスを開始。

 

こうなると、性奴隷たちは涎を垂らしながら、夢中でティンポを勃たせようと貪るようにしゃぶってくるんだとか。

こう聞くと、快楽の領域に深く強くと、執着の強さを感じますね。

 

また、ご主人はこのようなことを言っていました。

こんな日々を送っていると、二匹のペットが愛しくて仕方がなくなる。

今では恋人願望も結婚願望も無くなっていた…と。

 

このご主人と性奴隷の女性達が、いつまで関係が続くのかわかりません。

日本でも、こんな未知な世界があるものだなぁと、シミジミと思い知らされます…。

 

さて、性奴隷になりたいというアナタは、この話を聞いてどう思われましたか?

先ほどの体験談が参考になればと思います。

 

性奴隷生活というのは、日々の欲求を常に吐き出せる為、ストレスは溜まらないという点が挙げられます。

よほどの服従嗜好があれば…ですが。

 

それでも性奴隷生活を送りたいのであれば、あなたに理想のスレイヴな生活が訪れることを願います。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.