毎日フェラしたいのにできない?では、男性を虜にさせる練習方法を

バナナをしゃぶってる女

 

フェラが大大大好きなフェラっ娘。ティンポ大好き女性にとってのお悩み。

貴女の彼氏は、アナタの性癖、激しいフェラに耐えられてますか?

積極的に思いっきりしゃぶらさせたいような素振りをしてくれてますか?

 

もしかしたら、「しゃぶりたいのにしゃぶれないから困ってるの!」

と、欲求が不完全燃焼のまま生活を送っているのではないかと。

 

毎日毎日しゃぶりたい女性にとって、

フェラをさせてくれるかどうかというのは、大変な死活問題。

 

そこで私は、そんな悩めるおしゃぶり大好き女性に向けた、欲求解消方法をご紹介致します。

この記事一つで、フェラしたくなる貴女のお口が寂しくなることはありません。

 

とりあえずフェラしたくなるときは、口に咥えるといい代用品

棒を舐めてる女

 

フェラしたくなるのは仕方ないですが、しゃぶりたいお相手が見つかるまで、それまで代用品で凌ぎましょう。

口に咥えると良い代用品とは、バナナや棒アイスが好ましいです。

 

バナナは本当に練習になりますし、

棒アイスに関しては、舐める舌力が鍛えられるのです。

アイスってすぐに溶けますよね。

あれって、舐めた所から先に溶けやすくなるんです。

 

つまり、舐め回せば舐め回すほど溶けるわけです。

喉奥へと突っ込めばひんやりして気持ちいいですし。

 

とにかく、アイスが溶け落ちないように舐めまくってるだけでも、

舌が器用になって舌技に磨きが掛かります。

なので、フェラしたくなるほど口が寂しくなったら、バナナか棒アイスでしばし我慢です。

 

意外?激しいフェラに消極的な男性の理由二つ

男のズボンを脱がしてる女

 

稀にいるのですが、まず女性の激しいフェラが苦手という男性が、たまにいます。

貴女もそんな男性に出会ったことがありますでしょうか?

激しいフェラに消極的な男性がいるのかというと、理由は二つあります。

 

【一つ目】オナニーも全然しないガチで初心な男性だから

オナニーを重ね過ぎて、多少の快楽にも耐性が付いてしまってるんですね。

オナニー大好き男性は、遅漏の原因としてフェラでイケなくなってます。

 

逆にオナニーもしない男性も、生娘(処女)と同じく快感への耐性がない。

その為、少しの刺激でも腰を逃がしてしまいたくなるのだと。

 

女性がクリトリスを舐められて、腰をピクピクと痙攣させてしまうのと同じ現象が起きていると、考えてもらえれば分かりやすいかなと。

 

【二つ目の理由】舐め方に問題あり

ティンポの構造上、クリトリスのような小さいポイントではなく、

亀頭という大きい面での刺激になるので、快感の範囲も広くなります。

 

また局所的な快感はクリトリスの方が強いので気持ちいいですが、

亀頭の方が鈍く、広範囲に渡る刺激な為、腰全体への快感がより響くのです。

 

そこで舐め方が亀頭中心だと、痺れる感覚に襲われ、

腰を少しでも口から出そうと条件反射で離そうとします。

 

その二点を踏まえた上で、どうすれば良いのかをお伝えします。

 

男性が気持ちいいと思う「しゃぶり方」とは?

究極的な手順としては、

手コキフェラ→ねっとりフェラ→激しいフェラ→最後はバキュームフェラ

 

まず手コキをメインにしたフェラを最初にすることで、弱い刺激を与えて慣れさせます。

 

次いで我慢汁が出てきたら、ねっとりゆっくりとした鈍いフェラで口内を感じさせます。

いきなり激しくすると口内を感じる余裕が無いのでイケません。

 

慣れてきたら徐々に激しめのフェラに移行していきます。

この時に、腰に手を回せば、女性を無下に振りほどくことも出来ず、男はフィニッシュまでを覚悟します。

 

最後は、バキュームでゴックンまでしてあげると、男性は力無く床に突っ伏します。

その際、フェラしたくなる女性なら、イッた後の亀頭をイタズラで舐め回したり吸いたくなるでしょう。

しかし、男性としては地獄のような感覚。

なので、何度かフェラをこなすまでは控えてあげて下さい。

 

気持ちのいいフェラで彼を虜にさせる練習方法

しゃぶりたいなら、彼も「しゃぶられたい」と虜にすること。やはり練習が必要です。

フェラに再戦させてくれる機会が訪れると思いますが、魔法のフェラを手にいれましょう。

 

まず、おしゃぶり(フェラ)の気持ち良さや上手い下手についてですが、

大きくポイントを挙げるとこのようになっています。

 

上手いフェラ

・奥歯が当たらない

・上下の動きに合わせて喉や口内が動く

下手なフェラ

・奥歯が当たっている

・喉や口内をただ締めれば良いと思っている単調な動き

 

これが各相対的な二点。特に男側は、「奥歯が当たるな」と思ってます。

実は男性のティンポを喉奥まで入れている時って、

知らず知らずの内に奥歯に当たっているんですよね。

だから奥に入れる度に「痛い」と思いながら我慢している男性もよくいると。

 

では早速、「練習に準備する物」「確認すべきこと」「気持ち良くなるフェラの練習方法」の3つを教えます。

 

練習に用意する物は、バナナだけで十分

バナナを咥えてる女性

 

「なーんだ、お決まりのバナナか」と思ったそこの貴女。甘いですよ。

ただバナナをおしゃぶりすればいいわけではないのです。

 

始めに、出来るだけ奥までバナナを突っ込んで下さい。

当然ですが限界の所で「おえっ」と嘔吐くでしょう。

それはアナタの口の挿入限界値がソコという事です。

 

なので、そこに軽く歯型でもいいので、目印を付けて下さい

そうしたらバナナを一度口から抜いて、じっくり観察してみましょう。

 

バナナの円周の太さ、口に入れた長さを確認

ちなみに男のティンポの太さは、

直径3.5~4cmと言われており、長さは12cmです。

貴女は根元まで行けそうですか?

 

また、バナナをじっくり見まわし、外周に奥歯が擦れて、

身に跡がついていないかもチェックしてみましょう。

 

もし少しでも跡があれば、

今までの男性のティンポに奥歯が当たっていた可能性大です。

ということで、以上が確認の仕方になります。

 

具体的なおしゃぶり練習方法

ここからは本題の練習法になります。

バナナを浅く咥えて、バナナの先端をグリグリと舌で削るように舐めて下さい。

 

その際は形を変えるつもりで出来るだけ強く、

先端を舌で舐めた後は、もう少し奥まで咥えて、

舌をバナナに密着させながら、外周を撫でるように舐めましょう。

 

大切なのは舌を動かそうとするのではなく、バナナに舌を這わせるということ。

慣れてきたら最後は奥まで入れましょう。

 

その際は人が口を開ける時に、普通であれば喉が締まりますので、

気道を開いてより奥に入れるために「ハー」と声を出しながら入れましょう。

 

奥に入れる時も舌全体を「あっかんべー」と同じく、だらしなく舌を垂らすことで、

奥歯の上に被せることが出来るので、結果として歯が当たらなくなります。

 

喉に奥に当たるというのは慣れが肝心ですが、慣れてくるとそれすらも気持ち良くなります。

やがて奥の締まりがティンポの動きに連動して、次第に男性の理想とするフェラが習得出来ますよ。

※バナナは太ければ太いほど、実寸に近いので好ましいです

 

いつもしゃぶりたい女性に天職!ピンサロのすすめ

指をしゃぶってる女

 

ピンサロは、「毎日フェラしたくなるほどしゃぶりたい!」という性癖のある女性にピッタリですね。

現在彼氏がいない、かつ求職中であれば、ピンクサロンのお仕事も検討してみてはどうでしょうか?

 

知ってるかもしれませんが、ピンサロというのは、

基本的に個室ではなく、広いフロアルームで客のティンポをフェラするのがお仕事です。

 

接客といっても一人あたりの平均時間も30分とかなり短く、

サクッと抜ける気軽なお店というのが、世間的な見方です。

 

故に本番行為を求めている男性もいませんし、

居たとしたら、そもそもピンサロではなくデリヘルかソープに足を運んでいます。

 

入れ替わり立ち代わりで男性のちんぽが出て来て、

最初は困惑するし焦ったりもするでしょうが、

何よりたくさんのおティンポをしゃぶれる幸せが訪れるのは確証出来ます。

 

ただし、生フェラで口内発射までさせるピンサロが多いので、

性感染症の予防として、イソジンなどでしっかりウガイをしておきたいところ。

コンドームが一番の予防策ですが、生でフェラさせるピンサロが多いです。

 

また、客の中には、強引にイラマチオやディープスロートをさせたりする人もいるかもしれません。

女性にもよりますが、口内にみっちりとティンポを突き込まれたら、脳内ぐっちゃぐちゃになるほど強烈な快感を得られることでしょう。

 

もし、「いやいや!ピンサロより一人の男性をずっとしゃぶりたい!」というのであれば、

今の彼をフェラ好きにさせるか、もしくはフェラ大好き男性を探しましょう!ということになります。

 

ということで、しゃぶりたい女性のための役立つ情報でした。

 

本気でジュボジュボと奥まで激しいフェラがしたい、そんな貴女。

しゃぶりたい女性だなんて、一般的な男性ならばすぐさま喜んで、

いやらしくも卑猥なお口に突っ込みたくて仕方ありません。

 

思いっきり喉奥までバキュームフェラで吸われ、

ディープスロートでティンポの精液を搾り取られて…

まさに骨抜きと言われるフェラで果てたい。

 

それでは、貴女の願望が願うならば、

これからのオーラルセックスライフが、幸せで充足感に包まれることを願っています。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.