彼女を拘束電マで未知の絶頂体験させよう。本当の性に目覚める

vibrator-and-restraint

 

電マというのは、もはやセックスのアクセントにおいて、必要不可欠な1アイテム。

電マを拘束した状態で使用するとなれば、女性にとって抗いようのない快楽地獄になります。

 

とはいうものの、

「彼女を拘束して電マ責めしたいけど、まず拘束を受け入れてくれるか…?」

という疑問を抱いている男性も、いることだと思います。

 

そこで、みなさんが本格的な拘束電マを楽しむ為にも。

女性をよりゾクゾク絶頂させるためにも、始め方や効果のほどをご説明していきましょう。

 

まず、彼女に拘束をOKしてもらうためには

SMプレイを始める男女

 

「そもそも彼女が拘束をOKしてくれない…」

という声が少なくないのは、最もだと存じております。

では、高確率で拘束をOKしてもらう口実をご紹介しましょうか。

 

まず、拘束プレイをしてもいいという女性というのは…

基本的にN(ノーマル)かM女性が多いので、やはりMであるかどうかはポイントです。

S女性の場合は、そのほとんどが「やめろ!」と怒鳴ってくることは多々。

 

それでもどうしても、「そんな彼女でも」というのなら。

舐められてばかりじゃいられないからな!

と、強気な言葉を投げかけるだけで、S女性でも少し怖気づき狼狽えますが。

 

しかし、そのようなやり方はおすすめできません。

なるべく同意取れるような流れに持っていきたいところ。

交代で拘束プレイをしてみない?

と、フェアになるように提案してみるといいでしょう。

 

8割の女性は男の強い一面を見ると、ドキドキするものなんですね。

それは女性は女性として、生まれながらの嵯峨があるからでしょう。

とはいえ、女性側の中には本気で嫌がる人もいますが。

 

またS女性に関していえば、M女性とは違い気付いていない、淫乱な部分が隠れていることもあります。

これを機に、同意を取れたら、剥き出しにしてあげれればいいかと。

 

どちらかの誕生日や記念日などに、

いつもと違った刺激を感じてみない?

と、誘ってみると良いでしょうし。

 

女性は特別な日に出来る想い出を大切にしますので。

平凡な日常で誘うよりも、OKを貰える可能性が高くなります。

 

大人の玩具が好きな女性ほど、拘束を受け入れてくれやすいですし。(例外は除く)

女性は一人でオナニーをしている時、それ以上の快楽を味わいたい。

でも、一人では出来ない行為を考えた時、拘束プレイを思い浮かべる女性もよくいます。

 

拘束中に電マを当てやすくする体の縛り方

bind-ankle

 

では、電マを当てやすくする為の縛り方について。

出来るだけ足が閉じないような縛り方が良いでしょう。

 

調教時のような、わざわざ脇を見せるような縛り方をする必要はありません。

初心者なら、片手足首同士を縛る簡単な拘束で十分です。

上級者の方であれば、バイブを入れた状態で亀甲縛りを抜けないように固定をするなど。

 

最も電マを当てやすい縛り方としては、【M字開脚縛り】がおススメ。

両足はそれぞれ畳んだ状態で縛る。

両手は背中の下で縛り上げる。

これは、太ももだけしか動かせないという縛り方です。

 

悶える度に、縄が食い込んでバイブが奥のほうまで入っていく… という、悶絶プレイにもなったりします。

 

女性としては堪ったもんじゃないでしょう。

慣れてくると、その縛った紐の締め付けさえも、気持ちいいと目覚めてくる可能性が。

 

M女性であれば自らビクビクと震えて身悶え。

S女性ならば気丈に振る舞いながらも、小刻みに足腰を震わせる。

 

そんな可愛らしい姿が見られて、男性は本当にたまらない。

男としての征服感が沸々と湧いてくるでしょう。

ぜひ一度、電マ拘束プレイを体験してみてほしいと思います。

 

緊縛は難しいという初心者の方は、簡単に縛れる拘束具をチェック↓

 

電マで調教に効果はあるか?

自慰でエクスタシーを感じてる女

 

「電マは実際、調教に効果がある?」

という疑問には、自信を持って『ある』とお答えできます。

 

というのも、電マの振動というのは、人の手では決して生み出せない快感をもたらすのですよ。

AVなどでも、企画モノの耐久勝負に使われたりと出番がよくありますね。

構造・仕様から、感度が鈍感な女性でも、感じらるように作られています。

 

実際に私も調教済みの女性に、同様の耐久を強いてみました。

その結果、電マはイカせるだけではないと気づきましたから。

愛液・潮を大量に漏らさせれるか」という結論に辿り着きました。

 

バイブや肉棒が膣肉を押し上げるとするなら。

女性の感覚はお腹が押し上げられて、子宮に響くイメージですよね。

一方で電マの場合は、触れている所が振動で弾けてしまう。

 

つまり、子宮などに快感があまり伝わらない分、触れた箇所への刺激がスゴイ。

 

このことを踏まえた上で、調教の際には、まずは電マで全身をくまなく撫で上げて反応を見る。

それだけでも、全身が性感帯に近くなります。

 

同時に、子宮などへは響かずとも、拘束による逃れられない快楽は脳へと伝わります。

間接的に、膣内をジワジワと疼かせていくので、焦らしには最適ですよ。

 

より刺激的な電マで快楽を与えたいであれば、こちらもチェック↓

 

拘束電マの更なる特殊プレイ

restrain-and-blindfold

 

拘束プレイと聞いただけで、マニアックで特殊なイメージを持たれるかと思います。

ただの拘束プレイであれば、まだ序の口です。

 

拘束プレイの中にも、拘束放置プレイや拘束露出プレイなども存在しますので。

 

中でも、好きな人を自分の物にしたいのであれば、拘束放置プレイがおすすめ。

拘束放置プレイというのは、拘束した状態で真っ暗な部屋の中に、目隠しして数時間放置すること。

実際に放置する際は、ローターや電マの振動系を最弱で振動させて、パンツの中に入れて固定。

 

そうすることで、数十分で体が感じ始めます。

さらに数十分後には、イキたくても振動が弱すぎて、イケないという状態に。

 

ただし、目隠しも相まって、時間感覚も失われ始めることもあります。

次第に快楽と恐怖で、叫んでしまうこともあるので注意は必要ですよ。

そんな彼女をさらに放置することは、孤独感を植え付けることにも。

※彼女に許可を得た上で実行してください。

 

放置すること約2時間程度。彼女の心は折れ始めてくる。

次に目隠しを外した後、優しく抱き締めて、「よく頑張ったね」と囁いてあげる。

またその際に、うんと愛情表現してあげること。

そうすれば、アナタと彼女の絆が深まるでしょう。

 

彼女は求めてもらえることへの喜びと、焦らされ続けた快楽。

弾けるように全身を襲い、一気にあなたの虜へとなるかもしれませんよ。

 

普通であれば、Mな彼女に対して放置プレイすることに戸惑うかもしれません。

「M女の心を略奪してでも手に入れたい」というサディストならではのプレイです。

 

拘束しながらの電マは、絶頂と比べどれほど凄いのか?

なまめかしい女

 

上記のまとめとして、拘束した状態で電マで絶頂イキさせたらどうなるのか?

というのを体験談でお伝えしますと、女性は気を失うこともあります

 

私の過去のお相手は、30代の色白美人な奥様でした。

亀甲縛りで女性器表面を通る紐の内側に、電マで拘束してあげたんですね。

そうしたら、絶対に外れない電マ地獄というのを実現させれました。

 

手始めに、振動を入れてからしばらく様子見。

奥さんは最初の絶頂を皮切りに、止まることのないイキ地獄が全身を襲われて。

それから、大きい痙攣の波を押し寄せてきたと。

この時点ではまだ、とても元気な嬌声をあげています。

 

しばらくすると、脳が快楽に耐え切れず、事切れたようにぐったり。

ですが、未知の領域はここからです。

 

再び全身が震え出し、最終的に自ら痙攣。

膣を電マに押し付ける形へとなっていき、何度もその光景を見ることに。

やがて、複数回その繰り返しを行うと、その後は意識消失。

 

それから、起きた後の彼女にどうだったかと聞いてみたら。

文字通り「死ぬほど気持ち良かった」と、言いながらも泣き出す。

それでも味わったことのない、未知の快楽にハマったと語っていました。

 

泣き出したと聞くと、女性側は大変怖いと思うかもしれません。

信じられないほど潮を吹き散らす光景も凄まじいですし。

本気汁と全身から込み上げてくる発汗で、ベッドがグッショリと。

 

それでも肉体的には気持ち良いのは確か。

その快感と愛情を結びつけば、パートナーとより親密になれるはずです。

 

私が思うのは、「世の中の女性は、本当の気持ち良さを知らなすぎる」ということ。

女性でも、自身で知っている気持ち良さだけでは物足りません。

「まだ見ぬ気持ち良さを知っていってほしいものだな」と、改めて思う体験でした。

 

さて、ここまで読んでいかがでしたでしょうか。

若干危険な香りのする電マ拘束プレイにも聞こえますね(笑)

まぁ、SM愛好家や拘束調教に興味がある方達のためのページですので。

 

アナタのこれからの『拘束プレイ』、または『電マプレイ』に、実りある情報となれば幸いです。

Copyright © 色欲の薔薇 , All Rights Reserved.